30センチ水槽で熱帯魚は何匹飼える?おすすめ種類&60センチの場合も

熱帯魚を飼うときに迷うのが、
水槽の大きさと飼育する数です。

沢山の数を入れすぎて、水質が悪化した
経験がある方も居るのではないでしょうか。

少なすぎても水槽内が寂しいですし、
多くの方が悩むところだと思います。

そこで今回は30センチ水槽や60センチ水槽で
何匹の熱帯魚が飼えるのかご紹介します。

目安を知っておくと大きな水槽にも
応用が効きますので、ぜひ読んでみて下さい。


30センチの水槽で熱帯魚は何匹飼えるの?60センチの場合は?

一般的に、水槽のサイズと熱帯魚の匹数には
1リットル=全長1センチと言う目安があります。

水量が多い方が、水質も安定しやすく、
沢山の熱帯魚が飼えるのでおすすめですが、
省スペースで置けるので、30センチの水槽を
設置する人も多いと思います。

それでは、30センチの水槽で実際
どれくらいの熱帯魚を飼えるのでしょうか。

30センチのキューブ水槽の場合、
水量が約25リットルですので
魚たちの合計が25cmと言えます。

ネオンテトラなど小型のカラシンは
約3センチほどですので、
8匹程度飼えることになります。

5~6センチになる小型のグラミイなどは、
3~4匹が限度と言えるでしょう。

次に、一般的な60センチ水槽の場合は、
水量は約55リットルです。

先ほどの目安で考えると、
ネオンテトラで約20匹飼育出来ます。

60センチの水槽になると、
飼育出来る種類が一気に増えます。

小型の肉食魚なども飼育できますが、
小型の魚に比べて、水を汚しやすく、
少し控えめに飼育する方が安心です。

また、飼育後にそれぞれ成長していきますので、
成長後のサイズも考慮しておきましょう。

思ったより少ないとなと
思う方も居るかもしれませんが、
熱帯魚を健康的に飼育をするためには、
あまり無理はできないポイントです。

30センチの水槽で熱帯魚を飼うときにおすすめの種類!

30センチの水槽は、水量が少ないため
どうしても水質が変化しやすいです。

そのため、水質の変化に強い
丈夫な種類を飼うことをおすすめです。

その中で、おすすめの5種類をご紹介します。

ネオンテトラ

実家にはネオンテトラ。#ネオンテトラ #スイスイ

Toshiyuki Iwataさん(@toshiyukiiwata)がシェアした投稿 –

美しくて、小さく、丈夫なネオンテトラは
小型の30センチの水槽で
飼うのに一番のおすすめです。

ネオンテトラが居るだけで
水槽内が鮮やかになります。

もともと群れで過ごす魚ですので、
最低でも3~4匹は入れたいですね。

協調性もあるので、
他の魚との混泳も問題ありません。

水質の変化にも強いので、
小型水槽でも安心です。

アカヒレ

小さくて非常に丈夫なアカヒレは
30センチの水槽におすすめの1種類です。

水質の変化に非常に強いので
初心者の方にもおすすめです。

大きくなっても2センチほどなので、
大きな水槽に入れると埋もれてしまいますが
30センチの水槽であれば主役にもなれます。

30センチの水槽でも数を入れられるので、
沢山の数を入れたい方にも向いています。


グッピー

グッピーもキレイで小型で丈夫な熱帯魚で、
30センチの水槽におすすめです。

ただし、グッピーは繁殖力が強いので
オスメスが揃っていると、あっという間に
水槽内がいっぱいになってしまいます。

そのため、オスのみか
メスのみした方が良いですが、
見栄えを考えるとオスの方が鮮やかなので
オスだけを数匹飼育するのがおすすめです。

品種が沢山あるので、色味が違う種類を入れると
より華やかになります。

コリドラス

コリドラスの仲間は、底生性のため、
中層を泳ぐカラシンやメダカの仲間とは
生活圏が異なるため、混泳がしやすい魚です。

また、底に落ちた残り餌を食べてくれるので、
掃除屋さんとしても活躍してくれます。

コリドラスは非常に種類が多く、
中には大型になる種類もあるため
種類選びには注意が必要です。

30センチの水槽であれば、
それほど大きくならないステルバイや
ジュリー、パンダなどがおすすめです。

メダカ

熱帯魚ではありませんが、
メダカも小さくて丈夫な魚なので
30センチ水槽におすすめです。

最近では品種改良が進み、
熱帯魚顔負けの鮮やかな品種も登場しています。

適応水温の幅も広いため、
熱帯魚との混泳も可能です。


60センチの水槽で熱帯魚を飼うときにおすすめの種類!

熱帯魚の水槽で、
一番オーソドックスなのが
60センチの水槽です。

水量が倍近くになるので、
飼育できる数も増えますし、
30センチの水槽では飼えない
大きさの熱帯魚も飼えるので、
一気に飼育出来る種類が増えます。

その中でもおすすめの5種類をご紹介します。

エンゼルフィッシュ

熱帯魚の王様のエンゼルフィッシュです。

エンゼルフィッシュは丈夫で美しく
初心者からベテランまで人気の熱帯魚です。

大きさは10~15センチ程度になるので
3~5匹程度飼育する事が出来ますが
あまり窮屈になるとケンカをして、
お互いのひれを囓ってしまうので、
少し控えめの数にしましょう。

その他の魚とも混泳できますが、
あまり小さな魚は食べてしまうことがあるため
アカヒレやネオンテトラなどの
小さな種類の場合は注意が必要です。

オスカー

肉食魚を飼いたいけど、大きな水槽は
用意出来ないと言う方も多いと思います。

オスカーは最大でも30センチ程なので
60センチの水槽でもなんとか飼える肉食魚です。

オスカーは人間に非常に良く馴れるので
ペットのように飼いたい方にはおすすめです。

丈夫でなんでも食べるので
初心者の方でも飼いやすい肉食魚です。

ただし、最終的に大きくなりますし、
ケンカもするので1匹での飼育にしましょう。

また、肉食魚は餌を沢山食べ、
糞も沢山するので水質が悪化しやすいです。

小型の熱帯魚の時よりも
小まめな水換えが
必要になります
ので注意しましょう。

もし、より大きな水槽が用意出来るのであれば、
大きくなった後に引っ越しをしてあげると
オスカーもよりノビノビと
泳げるようになりますよ。

オヤニラミ

昨年の冬に採捕したオヤニラミ。おっきくなりました! #オヤニラミ

深谷 真さん(@fukapong25)がシェアした投稿 –

オヤニラミは日本に生息する淡水魚です。

独特の風貌から人気のある魚です。

大きくなっても10センチほどのため、
小さな水槽でも飼えそうですが、
縄張りを作るため、
ある程度の大きさが必要になります。

そこで、60cmの水槽で3匹程度のオヤニラミを
じっくりと飼育するのをおすすめします。

流木や水草でレイアウトしてあげると、
それぞれが縄張りを作ることができます。

時たま小競り合いをすることもありますが、
隠れ家があれば安心ですし、
オヤニラミの生態を観察できるのが楽しいです。


ブラントノーズガー

#ブラントノーズガー #熱帯魚#ガー だいぶ大きくなってきた❗️

ANJI1228_apuaさん(@aj_aqua1228)がシェアした投稿 –

伸びたクチバシから
ガーパイクの仲間と思われがちですが、
ネオンテトラなどと同じカラシンの仲間です。

古代魚のような風貌から
人気のある熱帯魚です。

水槽内では最大でも20センチ程度で
60センチの水槽でも飼える肉食魚です。

餌は生きたメダカを中心にあげますが、
慣らせばクリルや人工餌料も食べてくれます。

丈夫なので、初心者の方でも飼育出来ますが、
飼育当初はやや神経質なため注意が必要です。

また、ビックリすると飛び跳ねることがあるので
水槽には必ず蓋と重りをするようにしましょう。

パロットファイアー

パロットファイヤーは
人工的に作出された熱帯魚で、
おちょぼ口と寸詰まりの体型が特徴です。

20センチ程度まで成長しますが
遊泳力が弱いので、60センチの
水槽でも飼育が可能です。

丈夫な魚で餌もなんでもよく食べるので
初心者の方でも育てやすいです。

ただし泳ぎが苦手で、餌取りが遅いので、
混泳相手には注意が必要です。

また、同じシクリッドの仲間とは
ケンカしてしまうのでポリプテルスや、
小型のナマズなどがおすすめです。

少しずつ色味や形が違うため、
コレクションしてみるのも楽しいですね。

こちらの記事では、
その他に初心者の方におすすめな種類を
紹介していますのでぜひ読んでみて下さい。

熱帯魚の飼いやすいランキング5選!初心者が簡単に飼育できる種類は?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

30センチの水槽と、60センチの水槽
それぞれで飼える熱帯魚の匹数や、
おすすめの種類をご紹介しました。

ろ過能力や、魚の組み合わせ次第では
まだまだ幅が広がります。

いきなり全部の魚を入れてしまうのではなく、
様子を見ながら少しずつ足して行くのが
上手くいくコツです。

ぜひ楽しみながら、種類を選んで下さい。

熱帯魚の水槽を立ち上げる方法って?準備や作り方の基本を徹底解説!

これから水槽を立ち上げる方には
コチラの記事もおすすめします。


飼い方



のべじをフォローする
お魚さんといっしょ