アクアリウムのエビの種類!おすすめの種類を10種にまとめてみた

アクアショップに行くと、
熱帯魚と並んで様々な種類のエビが
販売されているのを目にしますよね。

エビ類はアクアリウムに発生する
厄介なコケなどを食べてくれる
タンクメイトとして人気がありますが、

最近では独特の体色や模様をもつ
鑑賞性の高い種類も販売されるようになり、
エビ単体のアクアリウムを楽しむ方も
増えているといいます。

そこで今回の記事では、
アクアリウムで飼育できる
個性豊かなエビの中から、

淡水生と海水性それぞれの代表種を
計10種類ご紹介していきたいと思います。

エビの飼育をお考えの皆さんは、
ぜひ参考にしてみてください!


①ヤマトヌマエビ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

それではまず、
淡水性のエビの代表種を5つ
ご紹介いたします。

ヤマトヌマエビは日本に生息する淡水エビで、
たいていのアクアショップで販売されている
ポピュラーな種類です。

ヌマエビ科の中では大型で、
成体の体長はオスが3.5cm、
メスが4.5cmほど。

メスのほうが少し大きく、
体つきもオスに比べてずんぐりしています。

水槽のコケ取り能力が高いことでも
知られており、

びっしりとコケが繁殖した水槽でも
ヤマトヌマエビを導入した後は
目に見えてコケが減少するのがわかるほど。

見た目がやや地味なこともあってか
鑑賞用というよりも水槽のお掃除要因として
導入されることのほうが多いですが、

水槽内を忙しそうに歩き回って
せっせとコケを食べるその姿には
なかなか愛嬌があります。

ただ、水槽内にコケがなくなると
水草を食べてしまうことがあるので、
導入の際には匹数に注意が必要です。

成体は基本的に丈夫で飼いやすく、
適切な環境で飼育すれば
3年以上生きてくれることも。

エビ飼育の初心者さんには
特におすすめの種類です。

基本情報
  • 体長:オス約3.5cm/メス約4.5cm
  • 水温:20~27℃
  • 水質;中性~弱アルカリ性
  • 価格:100~150円前後

②ミナミヌマエビ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

ミナミヌマエビは
関西以南に生息する淡水エビで、
台湾や中国などにも分布します。

一見ヤマトヌマエビとよく似ていますが、
ミナミヌマエビのほうが小柄で
成体でも2~3cmほど。

丈夫で生息可能な水温域も幅広いので
小型の水槽やボトルアクアリウムでも
飼育することが可能です。

最近では品種改良によって
鮮やかな体色をもつものも登場しており、
多彩なカラーバリエーションも楽しめます。

ヤマトヌマエビと同様に
水槽内のコケをよく食べてくれますが、
体が小さいぶんコケ取り能力はやや低め。

コケ対策として導入する場合は
数を多めに入れることをおすすめします。

比較的容易に繁殖するので、
自分で殖やしてみるのも良いかもしれません。

ただし、大きな熱帯魚と混泳させると
餌にされてしまう恐れがあるので、
混泳させる魚のサイズには注意が必要です。

基本情報
  • 体長:約3cm
  • 水温:10~28℃
  • 水質;弱酸性~弱アルカリ性
  • 価格:100円前後
    (カラーにより異なる)

③レッドチェリーシュリンプ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

レッドチェリーシュリンプは、
その名のとおり鮮やかな赤色の体色が魅力。

水草水槽で飼育すると、
赤と緑の美しいコントラストを
楽しむことができます。

体色の濃淡には個体差が見られますが、
これは周囲の環境に合わせて体色を変える
「擬態」と呼ばれる性質によるもので、

明るい環境で飼育すると淡色に、
逆に暗い環境で飼育すると
より濃い赤色になるようです。

鮮やかな発色を楽しみたい方は、
黒っぽい色の底砂を敷いたり
流木や水草などを多めに入れてあげる
良いかもしれませんね。

なお、レッドチェリーシュリンプは
先ほどご紹介したミナミヌマエビの
近縁種であると言われており、

体の丈夫さや繁殖力の旺盛さなども
よく似ていますが、
ミナミヌマエビに比べると
低水温に弱い傾向があります。

基本情報
  • 体長:約3cm
  • 水温:15~27℃
  • 水質;弱酸性~中性
  • 価格:150円前後
    (カラーにより異なる)

④ビーシュリンプ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

その名のとおり蜂のお尻のような
ツートンカラーが特徴のビーシュリンプ。

代表種として知られる
レッドビーシュリンプは、

今からおよそ20年ほど前に
日本のアクアリストが突然変異個体を改良して
固定させたのがはじまりなのだとか。

その後も多くのブリーダーによって
品種改良が盛んに行われ、
現在では体色や模様の入り方によって
グレード分けがなされるようになっています。

複雑な模様が入った珍しい個体には
数万円もの高値がつくこともあるそうですよ。

こうした鑑賞性の高さから、
ビーシュリンプはコケ取り目的で
飼育されることはほとんどありません。

また、他の淡水エビに比べて
水質にデリケートなところがあるので、
飼育難易度としてはやや高め。

飼育はビーシュリンプ専用に整えた環境での
単独飼育が望ましいとされています。

基本情報
  • 体長:約3cm
  • 水温:20~25℃
  • 水質;弱酸性~中性
  • 価格:300円前後
    (グレードにより異なる)

⑤ホワイトグローブシュリンプ


出典:https://item.rakuten.co.jp/

その名のとおり
白い手袋をはめているかのような
ユニークな色彩が印象的な
ホワイトグローブシュリンプ。

インドネシア・スラウェシ島の
湖のみに生息する固有種で、
鑑賞用として輸入されるようになったのは
ごく最近のことなのだとか。

体長は約2cmと小柄ですが、
まるで海水エビのように鮮やかな体色で
水槽内でも一際目を引く存在となるに
違いありませんね。

しかし、ホワイトグローブシュリンプは
適切な水質を維持するのが非常に難しいため、
初心者さんがいきなり飼育すると
失敗してしまう可能性が高いです。

ヤマトヌマエビなどの飼いやすい種類で
飼育経験を積んでから
挑戦してみると良いでしょう。

基本情報
  • 体長:約2cm
  • 水温:25℃前後
    (硬度の高い水が望ましい)
  • 水質;中性~弱アルカリ性
  • 価格:700円前後

⑥アカシマシラヒゲエビ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

さて、ここからは
海水性のエビをご紹介してまいりましょう。

まず、海水エビの中でも特に人気が高いのが
このアカシマシラヒゲエビです。

背中に縦縞模様があることから、
別名スカンクシュリンプとも呼ばれています。

魚の体に付着した寄生虫や
水槽内の汚れを食べてくれる
クリーナーシュリンプとしても知られており、

海水魚と一緒に飼育していると
魚の体をせっせと手入れする姿が
見られることも。

そのため、どんなに気の強い種類の魚も
アカシマシラヒゲエビを攻撃することは
ほとんどありません。

むしろ自らアカシマシラヒゲエビの元に近寄り
「手入れしてくれ」と言わんばかりに
じっとしていたりします(笑)

(ただし、一部のゴンベやベラなど
甲殻類を好んで食べる魚との混泳には
注意が必要です。)

海水エビの中では買いやすい種類ですが、
水質の変化にやや弱い面があるので、
導入時の水合わせは慎重に行いましょう。

ちなみに、
映画『ファインディング・ニモ』の
ジャックのモデルになったのは、
このアカシマシラヒゲエビなのだそう。

お子さんに教えてあげたら
喜んでもらえそうですね!

基本情報
  • 体長:約7cm
  • 水温:18~25℃
  • 価格:2,000円前後

⑦ホワイトソックス


出典:https://www.shopping-charm.jp/

ホワイトソックスシュリンプは
太平洋~インド洋にかけての
温暖な水域に生息する海水性のエビです。

その名のとおり
白い靴下を履いているような
ユニークな体色が特徴で、

先ほどご紹介した淡水エビの
ホワイトグローブシュリンプと
よく似た外見をしています。

穏やかな性格で縄張り意識も強くないため、
甲殻類を好んで食べる種類以外であれば
多くの海水魚との混泳が可能です。

ただ、脱皮の際に魚につつかれたりすると
脱皮不全で死んでしまうことがあるので
ライブロックなどを組んで
隠れ家を作ってあげましょう。

また、アカシマシラヒゲエビと同様に
クリーナーとしての役割を担いますが、
能力的にはやや劣ります。

基本的に丈夫で飼育しやすい種類ですが、
他の海水エビ同様に水質の変化に敏感なので
導入時の水合わせはしっかり行ってください。

基本情報
  • 体長:約8cm
  • 水温:20~25℃
  • 価格:2,000円前後

⑧キャメルシュリンプ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

赤と白の複雑な縞模様と大きな目が特徴的な
キャメルシュリンプ。

背中に”コブ”があることから、
キャメル(ラクダ)の名が
付けられたのだとか。

海水エビの中でも生命力が強い種類で、
導入時の水合わせさえうまくいけば
水質・水温の多少の変化には耐えてくれるので
初心者さんにもおすすめの種類です。

性格も穏やかで
海水魚との混泳にも向いていますが、

体長6cmとやや小柄なので
大型魚や攻撃性の強い魚を
混泳相手にするのは避けましょう。

特徴的なカラーリングを存分に楽しむなら
単体飼育もおすすめです。

基本情報
  • 体長:約6cm
  • 水温:20~28℃
  • 価格:800円前後

⑨オトヒメエビ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

鮮やかな体色と長い触覚が
まるで竜宮城の乙姫様を思わせることから
その名が付けられたというオトヒメエビ。

赤白のノーマルタイプのほか、
胸の部分が黄色いキイロオトヒメエビや
頭部~脚が青色のアオムネオトヒメエビなど
ユニークなカラーリングのものも存在します。

オスメスの結びつきが強いのが特徴で、
ペアで飼育していると寄り添って行動する
仲睦まじい姿が見られるでしょう。

しかし特定の相手以外の同種とは
激しく争う性質があるので、
ペア以外の複数飼育は避けたほうが無難です。

海水魚との混泳は不可能ではありませんが、
その大きなハサミで小型魚を攻撃したり
時には捕食してしまうことも。

特にハゼの仲間など
動きのゆっくりとした魚が
ターゲットにされやすいそうです。

このように名前からは想像もつかないほど
気の強いところのあるエビなので、
持て余してしまう人も少なくないのだとか。

とても美しく魅力的な種類ではありますが、
購入はよく検討してからにしましょう。

基本情報
  • 体長:約5cm
  • 水温:24℃前後
  • 価格:1,000円前後

⑩フリソデエビ


出典:https://www.shopping-charm.jp/

その名のとおり振袖を纏っているかのような
華やかな見た目で人気のフリソデエビ。

太平洋~インド洋にかけて広く生息し、
地域によって体色差が見られます。

このフリソデエビの最大の特徴は、
「ヒトデ」を好んで食べること。

・・・というより
ほぼヒトデしか食べないそうです(笑)

したがって、
フリソデエビを飼育する際には
餌として与えるためのヒトデを
同時に飼育しなければなりません。

コブヒトデやクモヒトデなど
安価で購入できるヒトデで十分ですが、
それでも他のエビに比べると
どうしてもコストがかかってしまいます。

ただ、体はきわめて丈夫な種類ですから、
餌の問題さえクリアすることができれば
初心者さんでも容易に飼育できるでしょう。

オトヒメエビと同様に
オスメスの仲がとても良いので
ペア飼いするのがおすすめです。

基本情報
  • 体長:約6cm
  • 水温:20~25℃
  • 価格:2,000円前後

まとめ

今回の記事では、
アクアリウムで飼育できる
淡水性のエビと海水性のエビを
計10種類ご紹介してまいりました。

アクアリウムにおけるエビの歴史は
実はまだまだ浅く、
本格的に飼育されるようになったのは
90年代に入ってからなのだとか。

しかし最近では専門業者だけでなく
個人ブリーダーによる品種改良も
盛んに行われており、

この先もユニークなエビが
登場する可能性は大いにありそうです。

小さいながらも、
存在感たっぷりのエビたち。

皆さんもぜひお気に入りの種類を見つけて
飼育に挑戦してみてはいかがでしょうか。

⇒アクアリウムのエビ!初心者でもできる飼育の方法まとめ【完全版】
こちらの記事では、
エビ飼育の初心者さんのために
基本的な飼い方を解説しています。

ぜひ併せてご覧ください!


0.アクアリウム



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ