アロワナの値段の最高は?スーパーレッドなどを比較【5選】

高級熱帯魚の代表格であるアロワナ。

いつかは飼育してみたいと、
憧れを抱く方も多いのではないでしょうか?

しかし、アロワナは高級魚故、
偽物の品種が出回っているのも事実です。

せっかく飼育するのであれば、
ちゃんとした品種のアロワナを
飼育したいですよね。

今回は、高級なアロワナを5つ、
品種ごとに特徴をご紹介します。

販売されている値段なども
紹介しますのでぜひ参考にしてみて下さい。


1.スーパーレッド(血紅龍)


出典:http://www.leaf-int.ne.jp

高額なアロワナと言えばスーパーレッドです。

レッドアロワナと呼ばれる紅龍の中でも
赤みが強く、濃い個体のことを指します。

名前の通り、体が赤色になり、
赤色の強さ、濃さによって値段が変ってきます。

安い個体でも20万円ほどから販売され、
20~50万円の個体が多く販売されています。

最高級の個体では300万円を超えることもあり、
中国では富裕層を中心に人気があります。

ネット上での口コミを見てみましょう。

成魚は体高と幅が出てきて迫力がすごい!

憧れの魚だけあって、水槽にいるだけで満足感が違う。水槽を眺めてるのが至福の時間。

アロワナの中でも大きくなる種類のため、
大きくなると迫力がすごいようですね。

キレイで迫力があって、
皆が憧れるだけの魅力がありますね。


2.マレーシアゴールデン(過背金龍)


出典:https://tf-sano.blog.so-net.ne.jp

マレーシアに生息するアロワナで、
成長に伴って、体の側面から背中まで
金色の金属光沢が乗ります。

うろこの内側が青色になるタイプを藍底過背金龍
金色になるタイプを金底過背金龍と呼びます。

背中のどの部分まで金属光沢が
乗るかによって価格も変ってきます。

安い個体でも20万円から販売され、
30~50万円の個体が多く販売されています。

高価な個体では150万円ほどします。

それではネット上の口コミを見ましょう。

金色と藍底のコンストラクトがたまらない。ギラギラ感がスゴイ!

成長と共に色が乗ってくると嬉しい。どこまで金色が巻くのか将来が楽しみです。

過背金龍は血紅龍とは違ったギラギラとした
金色の色合いが人気の品種です。

徐々に色が出てくるので、将来を
予想しながら飼育をするのも楽しいですね。

3.レッドアロワナ(紅龍)

出典:http://www.arowana.cc/

アジアアロワナの中で
もっとも流通量が多い品種です。

スーパーレッドほどの赤みはないですが、
全身が赤色に染まります。

流通量が多い分、個体差が大きく、
個体選びの幅が広がります。

スプーンヘッドと呼ばれる
頭が反り返った個体や、ウロコが緑がかる
緑皮紅龍などが特に人気があります。

安い個体では10万円程から販売され、
15~25万円の個体が多く販売されています。

それでは口コミを見ていきましょう。

これぞアジアアロワナ!赤くてデカくてカッコイイ!

性格も図太くて飼育しやすい。混泳しても物怖じしない。

アジアアロワナと聞くと、
紅龍を思い浮かべる方も多いかもしれません。

赤く色揚げするための餌や器具も
多く販売されていますので、
色揚げを楽しむのもいいですね。

こちらの動画では、プラチナと呼ばれる
色彩変異の紅龍が紹介されています。

本来の赤色は発色しませんが、
白く輝くアロワナはまた違った魅力があります。

ちなみに、プラチナ個体は非常に珍しく、
お値段は100万円を超えてしまいます。

それだけ魅力のある魚なのですね。


4.ハイバックゴールデン(高背金龍)


出典:https://tf-sano.blog.so-net.ne.jp

高背金龍は、過背金龍と紅尾金龍を
人為的に交配して作出された品種です。

過背金龍のように、金色に輝く品種ですが、
過背金龍ほど背中まで金色が乗らず、
紅尾金龍よりは金色が乗ります。

しかし、中には過背金龍と見間違えるほど
金色がキレイに発色する個体もいます。

価格は10~15万程で購入することが出来ます。

過背金龍ほどのお金は出すことは出来ないけど、
紅尾金龍では物足りない・・・
そんなニーズに応えることが出来る品種で、
近年は人気が出てきています。

それでは口コミを見ていきましょう。

うちに高背金龍は過背金龍と変らない!下手な過背金龍より断然キレイ!

値段も手頃でこの色なら大満足。十分に美しい。

最近は、しっかりとセレクトされた
高背金龍も多く出回り、そのような個体は
過背金龍に負けない美しさのようです。

手頃な値段で手に入れることができるので、
人気が出るのもうなずけますね。

5.インドネシアゴールデン(紅尾金龍)


出典:http://www.vivid-fish.com

スマトラ島の北部に生息し、
その名前の通り、尻尾が赤色に染まります。

金龍の中では金色の面積が狭く、
お腹側から4列目のウロコまでしか
金色が乗りません。

しかし、その分価格も安く、
初心者の方には人気の品種になっています。

また、金龍の中では大型化しやすく、
大型個体が欲しい方にはおすすめです。

価格は3万円ほどから販売され
5~10万円の個体が多く販売されています。

それでは口コミを見ていきましょう。

過背金龍に憧れた時もあったけど、紅尾金龍で十分キレイ!

色々な魚と混泳させたいから、値段がお手頃の紅尾金龍の方が安心できる。

高額な品種はもちろん魅力的ですが、
値段が全てではないとの意見が見受けられます。

まずは紅尾金龍の中から、お気に入りの
個体を探すのも良いかもしれませんね。


まとめ

以上、アロワナ5種の比較をご紹介しました。

美しい個体は、高額で取引されます。

しかし、アロワナの価値は
値段が全てではありません。

自分の目で見て、自分が気に入った個体こそ、
最高のアロワナと言えるでしょう。

ぜひお店に運んで、とっておきの
1個体を探してみてくださいね。

こちらの記事では、アロワナの
飼育設備について解説しています。

アロワナの水槽のサイズ!90cmの大きさが使いやすい?

水槽の大きさや維持費について
解説していますので、
ぜひチェックしてみて下さい。


アロアナ



のべじをフォローする
お魚さんといっしょ