ベタの繁殖!最適な時期やお見合いのコツを紹介

ベタの飼育に慣れてくると、
次は繁殖にも挑戦してみたくなるもの。

すでに繁殖を目指して
オスとメスを飼育しているという
飼い主さんもいるでしょう。

しかし、ペアを揃えてはみたものの
初めての繁殖だと、

  • 「ベタの繁殖時期って?」
  • 「お見合いはどうやるの?」
  • 「産卵後はどうすればいい?」

などなど、わからないことも多くて
なかなか実行に移せませんよね。

特にベタの繁殖は他の魚種よりも
難易度が高いと言われているため
失敗が不安な方も多いと思います。

そこで今回の記事では、
これからベタの繁殖を行う方のために
繁殖に最適な時期やお見合いのコツなどを
詳しくまとめてみました。

疑問や不安をバッチリ解消して、
自信を持って繁殖に挑みましょう!


ベタの繁殖!時期はいつが最適なの?


出典:http://leonicchel.jugem.jp

野生のベタの繁殖行動は
水温が上昇する春~夏にかけての時期に
もっとも盛んになると言われていますが、

ヒーターで常に水温が一定に保たれている
飼育環境下では1年中繁殖が可能です。

特定の時期を待たずに繁殖に挑戦できるのは
飼い主さんとしては嬉しいですね。

しかし、ベタの繁殖で重視すべきは
季節的な時期というよりも
ベタ自身が性成熟期を迎えているかどうか。

十分に成熟していない
幼い個体を繁殖させようとすると、

産卵にまで至らないばかりか
相手を敵とみなして攻撃してしまい、
最悪の場合命を落とすこともあります。

したがって、繁殖に挑戦する際は
オスメスとも十分に成熟しているかを
飼い主さんの目でしっかり見定めましょう。

繁殖期のベタの見分け方

  • オス
    水面に泡を吐き出して
    稚魚のための巣(泡巣)を作り始める
  • メス
    ・お腹が膨れ、卵が透けて見える
    ・お腹に白い突起(産卵管)が見える

このように、オスは繁殖期を迎えると
メスがいなくても勝手に泡巣を作るので
わかりやすいのですが、

メスの繁殖期は体にあらわれるため
個体の色や模様によっては
少々わかりにくいかもしれません。

特に体色が薄いメスは判別が難しいので、
初めての繁殖の際はできるだけ色の濃い個体を
選ぶようにすると良いでしょう。

⇒ベタの繁殖はメス選びが重要!産卵に適した個体を見極める方法とは?

なお、メスベタの繁殖期の見分け方は
こちらの記事でも詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。


ベタの繁殖!お見合いを成功させるコツとは?


出典:http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com

オスメスともに繁殖期を迎えたら、
続いては”お見合い”を行います。

通常、熱帯魚を繁殖させる際には
オスとメスを同じ水槽で泳がせて
お互いの相性を確認しますが、

ベタの場合は
いきなりオスとメスを一緒にすると
オスが興奮してメスを攻撃してしまうため、

まず最初は上の画像のように
メスを別の容器に入れて隔離した状態で
オスと対面させて様子を見ます。

このお見合いの期間中は、
オスメスそれぞれの行動や体の変化を
よく観察しておきましょう。

オスは自慢のヒレを大きく広げたり
しきりに泡巣を作って見せたりして、
メスに一生懸命アピールします。

一方、この様子を見ていたメスも、
だんだんその気になってくると
胴体に縞模様が現れはじめます。

こんな感じですね。


出典:https://marionetten-puppe.at.webry.info/

これは「婚姻線」といって、
メスからオスへの”交配OK”のサインです。

オスメスを同じ水槽で泳がせるのは、
この線が出ているのが確認できてから。

パートナーに対する受け入れ態勢を
お見合いの段階でしっかり整えておくことで、
ペアリング後のトラブルが少なくなりますよ。

中には準備が整うまでに
時間がかかるペアもいるので、
1~3日程度は見守ってあげましょう。

焦らずじっくり構えることが
お見合いを成功させるコツです!


ベタの繁殖に適した水槽は?水温はどれくらいがいいの?


出典:http://agrolife.jp/

また、繁殖は時期や相性だけでなく
”水槽環境”も重要です。

ベタは多少の水質悪化や
酸欠にも強い丈夫な魚であることから、
普段はガラスボトルなどの小さな容器で
飼育を楽しんでいる方も多いと思います。

しかし、繁殖に初めて挑戦するなら
もう少し大きいサイズの水槽を
用意しておきましょう。

お見合いを経て混泳を開始しても、
たいていのオスはメスに興奮して
追い回したり体を激しく突いたりします。

そんな時に水槽がある程度広いと
そこまで酷い事態にはなりにくいのです。

また、オスに追われたメスが
驚いてジャンプすることがあるので、
蓋は必ず閉めておいてください。

いざという時にメスが避難できるように
隠れ家も作っておくと良いですね。

水槽に入れる水は
普段どおりカルキ抜きを行い、
温度は少し高めの27~28℃に設定します。

水温変化が起こるとストレスを感じて
繁殖しにくくなってしまうので、
ヒーターで一定の温度に保ちましょう。

⇒【簡単】ベタの繁殖の方法!水槽の環境を整える5つのコツとは?

なお、ベタの繁殖に適した水槽環境の整え方は
こちらの記事で詳しく解説していますので、
ぜひ併せてご覧ください。


ベタの繁殖!産卵した後に注意することはある?


出典:https://blogs.yahoo.co.jp/fmborussia

繁殖を目指している皆さんは
すでにご存知だと思いますが、
ベタはオスが卵や稚魚の世話をします。

産卵が無事に終わったら、
オスは引き続き繁殖水槽に残って
もう少し頑張ってもらいましょう。

一方、メスはそのまま一緒にしておくと
オスに敵だとみなされてしまうため、
産卵後はすみやかに別容器に移します。

この時、泡巣を壊してしまわないように
気を付けてくださいね。

体やヒレに傷を負っている場合は
薄めたメチレンブルー液で薬浴させ、
栄養価の高い餌を与えて回復を促しましょう。

その間、オスは泡巣の下に待機して
落ちた卵を口で拾って元に戻したり
ひれで仰いで空気を送ったり・・・と
かいがいしく卵の面倒をみています。

実際の様子はこちら。

こうした”イクメン”ぶりを見ていると、
飼い主さんとしては美味しい餌を与えて
労ってあげたくなるでしょう。

しかし、この時点では
まだ餌を与えてはいけません

餌を与えると食欲が刺激され、
せっかく大事に守ってきた卵を
食べてしまう恐れがあります。

卵が孵化して3~4日後には
稚魚も自分で餌を取れるようになるので、
そこでオスの役目は終了です。

いつもの飼育水槽に戻したら、
「お疲れ様!」の気持ちを込めて
餌を食べさせてあげましょう。


ベタの繁殖!稚魚は何匹くらい産まれるの?


出典:http://aquana.jp

ベタのメスは1回の産卵で
平均して50〜100個の卵を産みます。

初産の時はまだ体が慣れていないせいか
10~40個ほどと少なめですが、
産卵経験の豊富なベテランのメスになると
200個近く産むことも。

したがって、繁殖に挑戦する際には
”成功すると予想以上に増えてしまう”
という可能性があることも
頭に入れておかなければなりません。

それだけの数の稚魚の面倒を見られる
環境が整っているのであれば
問題はないのですが、

自分自身で育てるのが難しい場合は
あらかじめ稚魚の引取り先を
確保しておくようにしましょう。

たとえばこんな方法があります。

  • 興味のある友人・知人に譲る
  • 学校や施設などに寄付する
  • ショップに買取ってもらう
  • オークションサイトで販売する など

間違っても近所の川や溝などに
放流するようなことはしないでくださいね!

ベタの繁殖がうまくいかない!どうしたらいい?


出典:http://aquaforest.tokyo

繁殖を試みたものの、
なかなかうまくいかないという時は
次のことを見直してみてください。

  • 繁殖させるタイミング
  • ベタの健康状態
  • オスメスの相性

最初にお伝えしたように
未成熟の個体を繁殖させようとすると、

産卵にまで至らないばかりか
相手を拒絶して激しく喧嘩してしまい
最悪の場合命を落とすこともあります。

お見合いやペアリングは
体がしっかり成長するまで待ちましょう。

また、性成熟する時期に達していても
ベタ自身の健康状態が良くないと、
オスは泡巣を作らなかったり
メスは抱卵しにくくなります。

水温や水質、餌の与え方など
普段の管理に体調を崩す原因はないか
今一度見直してみてください。

混泳から数日経っても喧嘩ばかりで
なかなか産卵しないという場合は、
オスメスの相性が良くないのかもしれません。

ただ、ベタの場合は過激なペアリングの後に
産卵にいたるケースが多いので
ここは見極めが難しいところなのですが、

どちらかが著しく消耗している場合は
ただちにペアリングを中断して、
一旦それぞれの水槽に戻しましょう。

日を改めて再チャレンジしても
また同じような結果になる場合は、
別のパートナーに変更したほうが
良いかもしれません。

⇒ベタの繁殖に失敗!うまくいかない原因と成功させる3つのコツを解説

なお、ベタの繁殖がうまくいかない原因や
成功させるためのコツについては
こちらの記事で詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。


ベタの繁殖周期はどれくらい?失敗しても再チャレンジできるの?


出典:http://blog.livedoor.jp/you_kisho

ベタの繁殖は他の魚種に比べて
注意しなければならない点が多く、
初心者さんは失敗してしまうことも。

しかし、繁殖のチャンスは
一度きりではありません。

ベタは成熟期を迎えてから
その後1年半くらいの間は
2週間~1ヶ月間隔で繁殖が可能です。

ただし、ベタの繁殖はオスメスとも
体力を激しく消耗しますので、

同一のペアで繁殖に再挑戦する場合は
必ず十分なインターバルを設けて
体をしっかり回復させてくださいね。

目立った傷がある場合は、
繁殖よりも治療を優先させましょう。

ベタが繁殖できる回数は?


出典:http://eparterial58.rssing.com

ベタは生後4ヶ月頃に性成熟を迎えてから
1年半くらいまでの間は繁殖が可能ですが、
繁殖できる回数には個体差があるようです。

続けて繁殖を行いたい場合は
オスの泡巣やメスの抱卵などを基準に、
様子を見ながら試してみましょう。

ただし、先ほどお話したように
繁殖はオスメスとも体力を激しく消耗します。

特にオスに攻撃され続けた
メスのダメージは相当なものでしょう。

繁殖時に受けた傷に細菌が侵入し
感染症にかかってしまうこともあります。

オスにしても産卵後の子育てで
それなりに疲れが溜まっているはずです。

繁殖回数が多い個体は
繁殖を経験していない個体に比べて
寿命が短くなるという説もありますので、

大切なベタの健康を考えて
繁殖は無理のないペースで行いましょう。


まとめ


出典:http://aquaforest.tokyo

今回の記事では、
これからベタの繁殖に挑戦する皆さんのために
繁殖に最適な時期やお見合いのコツなどを
詳しく解説してまいりました。

ベタを繁殖させるうえで大切なのは
”繁殖に適した時期を正しく見極める”こと。

お見合い~産卵までの過程を成功させるには、
オスメスどちらも体が十分に成熟している
必要があります。

私たち人間の恋愛や結婚と同じように、
相手を受け入れる態勢が整っていないうちに
先を急いでも決して良い結果にはなりません。

日頃からベタの様子をよく観察して、
ベストなタイミングを狙いましょう!


5.ベタ



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ