ベタの水槽!サイズ別のメリット&デメリットを比較してみた

ベタを飼い始める時に
真っ先に必要になるのが”水槽”です。

水槽には様々な形状やサイズがありますが、
初心者さんは「最初だから・・・」と
小さな水槽を購入しようと考えているのでは?

中にはビンやコップなどの小さな容器を
選ぼうとしている方もいるでしょう。

実は、ベタの部屋となる水槽のサイズは
飼育の難易度に大きく影響します。

初心者さんほど手軽さや価格の安さを重視して
コンパクトな容器や水槽を選びがちですが、
実はデメリットも意外に多いのです。

そこで今回の記事では
ベタの水槽を選ぶうえで知っておきたい
サイズ別のメリット・デメリット

様々な観点から比較してみました。

ぜひ参考にしてみてください!


ベタの水槽!サイズ別のメリット&デメリットを徹底比較


出典:http://aquascapelounge.blogspot.com

「コップやビンでも飼える熱帯魚」
としても知られるベタ。

飼育容器には様々な選択肢がありますが、
その中でも今回は以下の4タイプの
メリット・デメリットを考えていきます。

  1. ビン・コップ
  2. 15~20cmの小型水槽
  3. 30cm水槽
  4. 60cm水槽

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.ビン・コップ


出典:https://s.webry.info/sp/kh.at.webry.info/index.html

ビンやコップは入手性に優れており、
価格も本格的な水槽に比べて安いことから
手軽にベタを飼い始めたい方に人気です。

SNS上ではお洒落なメイソンジャーなどを使って
インテリア感覚で飼育を楽しんでいる例も
多く見かけますね。

しかし、こうした小さな容器は
水量が少ないぶんどうしても水が汚れやすく
形状上ろ過フィルターの設置も難しいため、
こまめな水換えによる対応が必要になります。

実際に2~3日に1回などの短いサイクルで
ほぼ全換水する飼い主さんもいるようですが、
これはあまり良いこととも言い切れません。

水換えによって起こる水温や水質の変化は
わずかでもベタの体には負担がかかります。

つまり、頻繁に水換えを行うということは
それだけベタの体にダメージを与えてしまう
ことにもなりかねないのです。

手軽で誰にでも簡単にできそうに見える
ボトルアクアリムですが、
実際は適切な水質管理を行うことができる
上級者向けだということを覚えておきましょう。

メリット・安く購入できる
・バリエーションが豊富
・インテリア性が高い
デメリット・水量が少ないため水が汚れやすい
・周辺機器を設置できない
・曲面が多くベタを鑑賞しにくい
(=病気の発見が遅れる可能性がある)

2.15cm~20cmの小型水槽


出典:http://ahiru.mangalog.com/

最近ではコンパクトで設置がしやすい
幅15~20cmほどの水槽も普及しつつあります。

一見小さく見えますが、
形が四角いぶんビンなどの円筒状の容器よりも
それなりの水量が確保できるものが多いので、

初めてベタを飼うなら
このあたりのサイズも悪くないでしょう。

小さな容器に比べれば、
飼育難易度はグンと下がります。

ただ、幅30cm未満の水槽は
規格が統一されていないため、
ろ過フィルターなどの周辺機器を
選びにくいのが少々難点です。

また、水槽が小さいとどうしても
フィルターからの水流が強くなりますが、
あまり水流が強い環境でベタを飼い続けると
泳ぎ疲れて弱ってしまう恐れがあります。

ベタはあのヒラヒラとした長いヒレのせいで、
泳ぐのが得意ではないのです。

そのため、フィルターを設置する場合は
水流を最小限に抑える工夫が必要になります。

⇒ベタのフィルターはなしでも大丈夫?水流を弱める方法は?

ベタ水槽のフィルターの選び方や
水流を調整する方法については、
こちらの記事を参考にしてみてください。

メリット・置き場所を取らない
・ビンよりも水質管理がしやすい
デメリット・設置できる周辺機器が限られる
・水流が強くなりやすい

3.30cm水槽


出典:http://aquascapelounge.blogspot.com

量産向けに寸法が統一された規格水槽の中で
もっとも小さいのが30cm水槽です。

30cmというとベタ1匹を飼うには
ちょっと広すぎると感じるかもしれませんが、

水量が多いぶん水質が安定しやすく
ろ過フィルターの対応機種も豊富なので、
初心者さんにはもっとも扱いやすいでしょう。

季節や与える餌の量にもよりますが、
水換えも2週間に1回程度で十分です。

これくらいのペースなら
忙しい方でも無理なく管理できますね。

底面積のあるキューブ型を選べば、
流木、石などを組み合わせた
本格的な水槽レイアウトも楽しめます。

水草の茂みで隠れ家を作ってあげると
フィルターの水流対策にもなりますよ。

メリット・水質が安定しやすい
(=水換えの頻度が少なくて済む)
・周辺機器のラインナップが豊富
デメリット・見た目がやや寂しい
(※レイアウトなしの場合)

4.60cm水槽


出典:http://norinori-aqua.cocolog-nifty.com/blog/

多種多様な水槽が販売されている中で、
もっとも普及率が高いと言われるのが
60cm規格水槽です。

こちらも水質管理のしやすさといった点では
初心者さんにおすすめのサイズなのですが、
ベタを飼う場合には一つ難点があります。

それは「水深」です。

ベタは呼吸のたびに水面に上がってくるため
水深は15~20cm前後に設定しておくのが
望ましいとされています。

しかし、それだと60cm規格水槽では
高さの半分ほどしか水を入れられないのです。

(※60cm規格水槽の高さは36cm)

もちろんそれでも飼育することはできますが、
水位を下げるならわざわざ大きな水槽を
選ぶ必要はないですよね(笑)

広々とした空間にベタ1匹、というのも
見た目的に寂しいものです。

そういった理由から
ベタ飼育用の水槽として選ばれることが
きわめて少ない60cm規格水槽ですが、

ベタのコレクションや自家繁殖を
目指している方にとっては良い面もあります。

大きな水槽は内部を仕切るなどの工夫をすれば
1つの水槽で複数のベタを飼育できる
いわゆる”ベタマンション”になるのです。

なお、水槽を仕切る方法については
本記事の後半で解説していますので、
よろしければ参考にしてみてください。

メリット・水質を安定させやすい
・周辺機器のラインナップが豊富
・工夫次第で複数飼育が可能
デメリット・置き場所を取る
・小型水槽より初期費用が高い
・ベタには水深が深すぎる

ベタの水槽!立ち上げに必要なものは?


出典:https://19810720.org/

ここまでのお話で、
ベタを飼ううえで水槽がどれだけ重要なものか
皆さんにもお分かりいただけたかと思います。

「ビンやコップで気軽に飼える熱帯魚」
として知られるベタですが、
水の量が少なければ少ないほど
ベタの体にかかる負担は大きいのです。

では、水槽さえきちんとしたものを
選んでおけば良いのかというと、
決してそうではありません。

ベタ本来の美しさと健康を維持するためには
最低でも次のようなものが必要です。

ヒーター熱帯魚であるベタの飼育には必須。
温度可変式のタイプを選んでおくと
病気の治療や繁殖時にも対応できる。
水温計水温管理の必須アイテム。
フィルターなるべく水流の弱いものが望ましい。
(スポンジフィルターがおすすめ)
照明飼育に直接必要ではないが、
明るいほうがベタを観察しやすく
健康状態を把握しやすい。
カルキ抜き水道水に含まれる塩素を無害化する。
水換えのたびに必要。

ここで気になるのが初期費用ですが、
水槽とこれらの飼育用品を合わせて
約1万円~と考えておくと良いでしょう。

⇒ベタの水槽の立ち上げ方!ヒーターなど必要なものを一覧で紹介

なお、ベタ水槽の立ち上げに必要なものは
こちらの記事でより詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみてください。


ベタの水槽!初めて飼うならセットがおすすめ?


出典:http://aquaforest.tokyo

「ヒーター」「フィルター」などと
一口に言ってもその種類は多種多様。

色々なものがたくさんありすぎて、
初心者さんはどれを選んだら良いのか
わからなくなってしまうかもしれませんね。

そんな時は、
水槽と飼育用品がセットになった商品
うまく活用してみると良いでしょう。

たとえば、テトラ社からは
こんな飼育セットが販売されています。


出典:https://www.amazon.co.jp

セット商品の魅力は何といっても
水槽と飼育用品がほぼ一度で揃うこと。

こちらも幅30cm(水量約16L)のガラス水槽に
外掛けフィルター・ヒーター・LED照明と
ベタ飼育に欠かせないアイテムが
しっかり含まれています。

器材はすべて水槽に適したものが
チョイスされているので、
サイズ間違いなどの失敗もありません。

価格はAmazonだと6,160円。

水槽と飼育用品をそれぞれ単独で購入するより
初期費用が安く済むのも嬉しいですね。

最近はセット商品に注力するメーカーも多く
色々なタイプが販売されていますので、
予算や好みに合ったものを探してみてください。


ベタの繁殖に適した水槽の大きさは?


出典:http://eparterial58.rssing.com

ベタの飼育にある程度慣れてくると、
次は繁殖にも挑戦してみたいと
思うようになるでしょう。

ベタの繁殖を狙う時には、
産卵後の稚魚の育成のことも考えて
なるべく大きめの水槽を用意しておきます。

幅30~45cmはあったほうが良いですね。

卵から孵化したばかりのベタの稚魚は
成魚以上に水質の変化に弱く、
孵化後2週間くらいまでは水換えができません。

そのため、水量の少ない水槽だと
あっという間に水が汚れて
稚魚が弱ってしまう恐れがあるのです。

また、ベタのペアリングは非常に過激で、
たいていのオスは求愛の証として
メスがボロボロになるまで激しく攻撃します。

実際の様子はこちら。

こんな時にもある程度広いと
メスがオスの攻撃をうまく回避できるので、
大きなトラブルには発展しにくくなります。

水草などでメスの避難場所を作っておくと
より安全ですね。

⇒【簡単】ベタの繁殖の方法!水槽の環境を整える5つのコツとは?

なお、繁殖に適した水槽環境の整え方は
こちらの記事で詳しく解説していますので、
繁殖を目指す方はぜひ参考にしてみてください。


ベタを多頭飼いしたい!水槽は分けるべき?


出典:http://honm-gun.hatenablog.com

ベタは気が強く好戦的な性格であることから
”1つの水槽につき1匹”の単独飼育が基本。

つまり、複数のベタを飼いたい時は
ベタの数だけ水槽を用意しなくてはなりません。

もちろんフィルターなどの周辺機器も
それぞれの水槽ごとに必要です。

しかし、それだとベタの数が増えるほど
管理の手間がかかることになりますし、
維持費用(主に電気代)も気になります。

そこでおすすめなのが、
先ほど60cm水槽の項でも触れた
”大きい水槽の内部を仕切る”という方法です。

実際に複数のベタを飼育している方は、
以下のような方法で水槽を仕切っています。

【複数飼育】水槽を仕切る方法

  • 水槽の壁にサテライトを取り付ける
  • 水槽の底にビンやプラケースを置く
  • 仕切り板で区切る など

こちらのYouTube動画では、
内部を仕切ったサテライトが使用されています。

このように水槽を区切ることによって
水温や水質を一括で管理できるようになるので、
毎日のお世話にかかる時間や
金銭的な負担がグッと軽減します。

ただし、他のベタの姿が見える状態だと
仕切り越しに威嚇し合って疲れてしまうため、

仕切りを水草で覆ったり
色付きの仕切りをつけるなどして
うまく目隠ししてあげてくださいね。

なお、ベタのメスは
オスほど気性が荒くない個体が多いので、
1つの水槽で混泳させることも可能です。

⇒ベタのメスは混泳できるの?見分け方を紹介

こちらの記事では
メスベタを混泳させるコツや注意点を
詳しく解説していますので、
興味のある方はぜひご覧ください。


まとめ


出典:http://aquaforest.tokyo

今回の記事では、
ベタの飼育水槽を選ぶうえで知っておきたい
水槽サイズ別のメリット&デメリットについて
解説してまいりました。

「コップで飼える=誰でも簡単に飼える」
というイメージを持たれがちなベタですが、
実際の飼育難易度は水槽のサイズによって
大きく変わるものです。

水量の多い水槽ほど水質や水温の管理がしやすく
ベタにかかる負担も少なくなるので、

これからベタを飼い始める初心者さんには
ぜひ余裕のある大きめの水槽を
選んでみてください。

筆者個人的にはレイアウトも楽しめる
30cmキューブがおすすめですね。

「ベタ1匹に30cm水槽なんて・・・」と
思うかもしれませんが、
自慢のヒレをなびかせてのびのび泳ぐ
ベタの姿はとても美しいものですよ。

水槽環境をしっかり整えて、
ベタ本来の魅力を存分に
堪能していただけたらと思います!


5.ベタ



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ