ヤマトヌマエビの水温!冬でも夏でも30度が基準って本当?

ヤマトヌマエビを飼育する際に
気になるのが水温の設定です。

日本にも生息しているエビのため、
水温の管理をしなくてもいいと
思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、水温管理をしないで飼育すると、
環境を一定に保つことができず、
環境の変化に弱いヤマトヌマエビは
時に死んでしまうこともあります。

水温の管理をしっかりとすることで
健康に飼育をすることができます。

そこで今回は、ヤマトヌマエビの
飼育水温について詳しく解説していきます。

水温管理の方法はもちろん、
繁殖時や、稚エビを育てる際の
水温についても紹介していますので、
ぜひ参考にしてみてください。


ヤマトヌマエビの水温は冬も夏も30度なの?

ヤマトヌマエビの生息地の
水温は15~25度前後です。

ヤマトヌマエビは日本の河川にも
生息しているため、比較的低温にも
耐えることができますが、その反面、
あまり高い水温は得意ではありません。

低温にも耐えるヤマトヌマエビですが、
飼育する際は23~25度程度に
調整するのが無難です。

無加温で飼育しても良いですが、
室温に左右されて、時に乱高下してしまいます。

あまり水温が変化してしまうと、
ヤマトヌマエビの体調を崩してしまう
原因となってしまうので、ヒーターなどで
水温を管理しましょう。

ヤマトヌマエビは、熱帯魚などの
混泳相手として飼育する人も
多いと思いますので、混泳相手の
好む水温に合わせるのも1つです。

こちらの動画では、ヤマトヌマエビの
川での採集の様子を紹介しています。

清涼な川であることがよくわかります。

高水温が苦手な理由もよくわかります。

このように、実際の生息地をイメージすると、
飼育環境を整えるのに役立ちますね。


ヤマトヌマエビの繁殖に適した水温は何度?

ヤマトヌマエビは自然界では、
春から秋の水温が上昇する時期に
繁殖をすると言われています。

水槽内では、水温を23~25度程度
一定に保っておけば、1年中
繁殖させることが可能です。

水槽内で繁殖させるためには、
水温も含めて、ヤマトヌマエビが
健康に飼育できる環境を作って
あげることが何よりも大切です。

ヒーターなどを使って、
しっかりと適した環境を作ってあげましょう。

ヤマトヌマエビの水温の調整方法は?

出典:https://www.shopping-charm.jp/

先ほどご紹介したように、ヤマトヌマエビの
飼育に適した水温は23~25度程です。

冬場は市販のヒータを使えば
簡単に調整することができます。

水槽のサイズに合わせて、
適した容量のヒーターを使用しましょう。

反対に、夏場の水温調整には注意が必要です。

ヒーターを使用しなくても大丈夫ですが、
水温が上がりすぎてしまう恐れがあり、
水温を上げないように対策が必要です。

水槽用のクーラーを使用するのが確実ですが、
高額なため導入しづらいでしょう。

そのため、水槽を置いてある部屋を
エアコンで25度前後にするのが簡単です。

エアコンが使用できない場所や
電気代が気になる場合は、
水槽用の扇風機を使用しましょう。

水面に風を当てることで、
ある程度の水温上昇を抑えることができます。

しかし、確実に冷やす効果が
あるわけではないため、日ごろから、
しっかりと観察することが大切になります。


ミナミヌマエビとヤマトヌマエビは水温が同じでも大丈夫なの?

ヤマトヌマエビも、ミナミヌマエビも
どちらも似たような環境に生息しています。

そのため、一緒に飼育をする場合は、
水温が同じでも大丈夫です。

ヒーターを使って調整がしやすい、
23~25度に設定するのが良いでしょう。

もちろん、同種とも、夏場の水温上昇には
十分に気を付けましょう。

また、混泳する場合は、水温よりも
気を付けたいことが沢山あります。

ヤマトヌマエビと、
ミナミヌマエビの混泳については
こちらの記事で詳しく解説しています。

ヤマトヌマエビとミナミヌマエビは混泳できる?共存の方法まとめ

混泳を成功させるコツを紹介していますので、
ぜひ合わせて読んでみてください。


ヤマトヌマエビをペットボトルで育てるときの水温はどう管理するの?

ヤマトヌマエビを繁殖させる方法として、
稚エビをペットボトルに
隔離して飼育する方法があります。

ペットボトルで飼育する場合は、
水量が少ないため、水温の変化が
生じやすいので注意が必要です。

この場合の水温管理で一番簡単な方法が、
親エビを飼育する水槽内に設置することです。

親エビの水槽をヒーターで管理すれば、
ペットボトル内の水温も、自然と
水槽と同じになっていきます。

フロートを付けて、水槽内に浮かべたり、
キスゴムを使って水槽壁面に
くっつけるといいでしょう。

しかし、中途半端に設置すると、
転覆して、稚エビが水槽内に解き放たれてしまい
比重の差で死んでしまうので、注意しましょう。

こちらの記事では、ヤマトヌマエビの
繁殖について詳しく紹介しています。

ヤマトヌマエビの繁殖はペットボトルで出来るって本当?

ペットボトルを使用して、
手軽に繁殖できる方法を紹介してますので、
ぜひ合わせて読んでみてください。

まとめ

以上、ヤマトヌマエビの飼育をする際の
水温について紹介しました。

ヤマトヌマエビは比較的丈夫な
生き物ですが、水温の上昇など、
環境の変化には弱い生き物です。

特に暑くなる、夏場は注意が必要ですね。

こまめな観察をして、
しっかりとヤマトヌマエビの
体調を整えてあげてください。

健康に飼育を続けていくと、
赤ちゃんの誕生も期待できますよ。


 

エビ



のべじをフォローする
お魚さんといっしょ