鯉の餌!おすすめランキングTOP10をご紹介!選ぶポイントは?

鯉を飼い始めて悩むのが、
どんな餌をあげるかだと思います。

お店に行くと、非常に沢山の餌が並んでいて
どれを選んだら良いのか分らないですよね。

そこで今回は、おすすめの鯉の餌の
TOP10をご紹介します。

おすすめの中から参考にして
餌を選んでみて下さいね。


鯉の餌のおすすめランキングTOP10をご紹介!

鯉の餌のおすすめランキングTOP10を
各製品ごとにご紹介します。

それぞれの特徴もご紹介していますので、
ぜひ餌選びの参考にして下さい。

1:咲きひかり 育成用

錦鯉の栄養要求を研究し、
バランスの良い配合と、
生菌剤(ひかり菌)の
相乗効果により、
より健康に育てることができます。

腸内の悪い菌の増殖を抑え、
腸内環境を整え、鯉の体調を整えます。

排泄物が分解されやすく、
水質の悪化を防ぐ効果もあります。

口コミを見ていきます。

約3ヶ月咲ひかり錦鯉餌を使いました赤色が濃くなり満足しています。

お値段が手頃なのも大助かりです。

咲きひかりを与えている動画です。

非常に食いつきがいいですね。


2:咲きひかり 色揚げ用

1位と同じ咲きひかりシリーズの
色揚げ用の餌です。

緋盤の色揚げにはスピルリナが
最も効果があるとされていますが、
その中でも特に効果のある
ゼアキサンチンを豊富に
含んだ物を使用してあるため

非常に高い色揚げ効果が期待できます。

口コミを見ていきます。

食いつきもよく、今後の成長が楽しみです。

水の汚れが無く安心して使用しています。

色揚げを期待したい方に
特にオススメ出来る餌ですね。

3:トレビオ 鯉の餌

東京大学の教授が共同開発した、
乳酸菌配合の餌です。

鯉の成長に必要な栄養素をバランス良く含み、
さらに乳酸菌が配合され、
鯉の健康を維持します。

原材料のフィッシュミールやクロレラは
国産の物を使用していますので、
安心して与えることができます。

口コミを見ていきます。

気のせいか、以前より色つやが良くなった気がします。

東大教授が開発されたので期待できそうです。

形が崩れにくく、水を汚しにくいのも
ポイントです。

4:スカーレット

色揚げ用の餌ではないですが、
色鮮やかに育てるために
タンパク質、ミネラル、ビタミンなどを
バランス良く配合された餌です。

鯉の健康を考え、無着色のため
安心して与えることができます。

口コミを見ていきます。

他の鯉の餌にくらべて臭いが少ないと思います。

飼っている錦鯉はかなり色鮮やかに育ってくれています。

何より、高品質で安価なため、
非常にコストパフォーマンスが
高いのがポイントです。

5:ひかりデイリー

錦鯉の健康を考えた栄養バランスの餌です。

鯉の健康第一を考え、着色料も無添加のため、
安心して与えることができます。

また、着色料による、飼育水が色付いてしまう
心配もありません。

口コミを見ていきます。

食い付きも良く、値段も安く満足しております。

品質が良く、コスパもいいので、非常に助かっています。

従来の餌では色あせてしまうことが多かった、
緋色を鮮やかに保つ配合がされています。

6:スイミー

優れた栄養バランスで、
鯉の体型を美しく保つよう
配合された餌です。

天然カロチノイドを含むスピルリナと、
エビミールが配合されています。

安定化ビタミンCが配合され、
健康維持に役立ちます。

口コミを見ていきます。

病気もなく、水も汚れず、鯉がどんどん大きくなります。

30年来、スイミーにしていますが、鯉の大好物のようで、大変喜んで食べています。

型崩れしにくいので、
水も汚れにくいのが嬉しいですね。

7:ひかり胚芽

栄養価が高く、消化吸収の良い
小麦胚芽を高比率で配合した餌です。

それにより、低水温期にも
消化不良を起こしにくく、
体調不良を防ぎます。

口コミを見ていきます。

鯉の赤い柄も華やかになっている感じが致します。

胚芽が入ってるので、匂いが香ばしくて、気のせいかもしれないが鯉が好んで食べます。

小麦胚芽に含まれる
ビタミンEやリノール酸等の成分が
錦鯉本来の美しいツヤ・テリを維持します。

8:鯉美人(テトラ)

小麦胚芽を含む、消化吸収の良い
原材料を使用した餌です。

各種ビタミンやオメガ3脂肪酸、
β-グルカンにより健康を維持し、
免疫力を高めることができます。

口コミを見ていきます。

ぱくぱく食べてくれて、非常に嬉しいです。

袋にチャックがついているので、保存するにも便利です。

輝き成分である「グアニン」を配合し、
鯉の美しさをいっそう際立てます。

鯉美人
スペクトラム ブランズ ジャパン

9:錦鯉(スマック)

錦鯉の修正を研究した成果を元に
良質な原料の選定や製造した餌です。

錦鯉がより美しく、華やかに
育つように配合されています。

口コミを見ていきます。

まずまず食いが良いし、価格も容量も必要十分です。

価格面でも満足しています。鯉も喜んでいます。

しっかりと浮くように設計されているため、
残り餌が沈んでしまい、
腐敗してしまうことも防げます。

10:もみぢ(もみぢ)

「安定した品質、錦鯉の総合栄養食」がウリの
良質の原料をたっぷり使った餌です。

錦鯉の健康と成長に必要なビタミン・ミネラルが
バランス良く配合されているため、
丈夫で美しい錦鯉に成長します。

口コミを見ていきます。

値段が安いので非常に助かります。

製品の量と価格を考えると、良い買い物ができたと満足しています。

また、水を汚しにくい、
浮上性の餌です。

鯉の餌やり!回数や量はどうするべき?

餌やりは季節や飼育している
鯉の数やサイズによっても変ってきます。

まず、春から秋は1日1回を
目安に餌をあげましょう。

飼育している鯉の数によって餌の量は
変ってくるので一概には表せませんが、
すぐに食べきれる量を目安に与えます。

餌が残って水面に浮いていたり、
水底に沈んでしまう場合は多すぎるので、
次の日から減らすようにしましょう。

冬になり、水温が15℃になったら、
餌の量は半分くらいにし、
徐々に減らしていきます。

10℃を切ったら、完全に餌を与えないか、
3、4日に1回、ごく少量を与えましょう。

水槽での鯉の飼育については、
こちらの記事で解説しています。

鯉を水槽で飼育する方法!基本の育て方〜お手入れ方法まで

ぜひ読んでみて下さい。


鯉の餌の種類!選ぶポイントは?

コイのエサを選ぶ場合は、
まずは鯉のサイズに合わせた
粒の大きさを選びましょう。

当然ですが、小さな鯉は
大きな粒の餌を食べられません。

また、大きな鯉に小さすぎる餌は
食べる効率が悪いのでおすすめしません。

各製品には、推奨サイズが記載されていますので
参考にして選びましょう。

各餌の配合には各メーカー工夫を
凝らしていますが、基本的には、
どのメーカーも、鯉が健康的に
育つように配合しています。

それ以外に、色揚げ効果がある物、
発色を良くする物、より消化が良い物など
各メーカーが工夫を凝らしていますので、
ご自身の飼育スタイルに
合った物を選びましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した鯉の餌は、
多くの愛好家も愛用し、
実績のある物ばかりです。

口コミも含めて、ぜひ参考にしてみて下さい。

餌やりは鯉の飼育で一番楽し時間でもあります。

元気よく餌を食べる鯉の姿を見ると、
より鯉の飼育が楽しくなりますよ。

こちらの記事では、鯉が餌を食べない時の
原因と対策をご紹介してます。

鯉が餌を食べないのは病気のサイン?原因&対策方法をご紹介!

こちらの記事は、
様々な鯉の種類をご紹介しています。

鯉の種類を一覧で!人気の品種の値段や特徴【まとめ】

どちらもぜひ、読んでみて下さい。




のべじをフォローする
お魚さんといっしょ