鯉の種類を一覧で!人気の種類の値段や特徴【まとめ】

鯉の種類は非常に沢山あって、
模様も様々ですよね。

模様が似たような種類もあって、
どれが何という品種か分りづらいですよね。

そこで今回は、鯉の種類を一覧でご紹介します。

それぞれの値段や特徴も
併せてご紹介しますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。


鯉の種類の一覧!人気の種類TOP10を一覧でご紹介!

鯉の種類は、なんと!
100種類以上あると言われています。

鯉は昔から品種改良が盛んなため、
非常に沢山に種類が開発されています。

その中でも特に人気の種類
TOP10をご紹介したいと思います。

第1位 紅白

数ある錦鯉の種類の中で
一番人気の種類です。

錦鯉の御三家のうちの1種類で、
古くから人気のある定番の種類です。

白い肌地に緋盤と呼ばれる赤い模様が入ります。

シンプルな色合いですが、
逆に奥が深く、鯉マニアの方々からは
「紅白に始まり、紅白に終わる」
と言われるほどです。

人気がある分、流通量も非常に多いです。

1匹、¥1,000前後から販売されています。

品評会に出品された
極上の紅白の動画を見てみて下さい。

第2位 大正三色

大正三色 2才 45㎝ #大正三色#錦鯉#koi #koifish #nishikikoi

Kenji Onoueさん(@kenji.onoue)がシェアした投稿 –


こちらも御三家のうちの1種類です。

紅白の体に、墨と呼ばれる
黒色の模様が入ります。

地肌の白、緋盤の赤、墨模様の黒の模様から
「三色」と呼ばれ、大正時代に
作出されたことから
「大正三色」と呼ばれています。

また、昔は「三毛」と表現されていた名残で、
愛好家からは、今も「さんけ」と呼ばれています。

墨の入り方で華麗な個体にも、
重厚な個体にもなります。

1匹、¥2,000前後から販売されています。

第3位 昭和三色

昭和三色2017年産 #錦鯉#錦鯉魚 #昭和三色# 鑑賞魚#当才 #当才魚

Kenji Onoueさん(@kenji.onoue)がシェアした投稿 –


こちらも御三家のうちの1種類です。

昭和初期に作出された、三色のため
「昭和三色」と呼ばれています。

大正三色と同じく、
三色の模様が体に入りますが、
大正三色より墨の面積が大きいのが特徴です。

墨が多いため豪快さを訴える種類で、
お腹まで黒い模様が入る個体も多く、
水槽など、横見での観察にも向いています。

1匹、¥1,500前後から販売されています。

第4位 白写り

白写り35センチ ホワイトタイガー直系 #錦鯉#白写り#ホワイトタイガー

Kenji Onoueさん(@kenji.onoue)がシェアした投稿 –


白写りは昭和三色と同系列の種類で、
昭和三色の緋が無い個体を白写りと呼びます。

地肌の白色と墨の黒色のモノトーンの
2色だけですが、独特の美しさがあり、
人気があります。

墨の豪快さが売りの種類ですが、
近年は墨の面積の少ない個体が
好まれる傾向があります。

写りものと呼ばれる同系統の品種のなかでは
一番人気がある品種です。

1匹、¥3,000前後から販売されています。

第5位 丹頂


名前の通り、丹頂鶴のように、
頭部に赤く丸い緋斑が入る種類です。

この緋斑がなるべく丸い個体が
評価が高く、人気もあります。

その模様が、日の丸に似ていることもあって、
近年では海外での人気も高まっています。

全身が白い個体に緋斑が入る個体を
一般的に「丹頂」と言いますが、
それ以外の模様で緋斑が入る個体を
それぞれの種類名と合せ、「○○丹頂」
と呼ばれます。

1匹、¥1,500前後から販売されています。


第6位 緋写り

Ginrin Hiutsuri 65cm 銀鱗緋写り#新潟#日本#錦鯉#緋写り#koifish#Japan

松田松夫さん(@matsuda_koi_farm)がシェアした投稿 –


緋色と黒色の2色の品種です。

腹の下やヒレの先などに
少しでも白色が入る個体は
緋写りとは呼ばれず、
別の種類として扱われます。

そのため、純粋に2色だけの
個体の生産量は少なく、
流通量も少ない種類です。

美しさはもちろん、希少価値も高いため
非常に人気があります。

1匹、¥3,000前後から販売されています。

第7位 浅黄

新入りの浅黄。お気に入りです! #錦鯉 #浅黄 #koi #asagi #carp

カズさん(@i.watoku)がシェアした投稿 –

頭部以外の体表が、藍色や水色など、
青系の鱗で覆われています。

鱗の周辺は薄い色になっているため、
全体がぼけて見え、地肌が
網目模様のように見えます。

錦鯉の原種と言われ、
多くの種類はこの浅黄を母体として
改良されたと言われています。

1匹、¥3,000前後から販売されています。

第8位 秋翠

#間野 #秋翠

ショウキコウさん(@weezyshao)がシェアした投稿 –


秋翠は、浅黄のドイツ種です。

ドイツ種とは、一部にしかウロコが
無い種類の仲間です。

ウロコの無い地肌に、
鮮やかな緋斑が映える種類です。

1匹、¥3,000前後から販売されています。

第9位 孔雀


浅黄を元に、光り写りと呼ばれる
金属光沢のある鱗と緋斑を加えた品種です。

地肌がプラチナ色に輝きと、緋斑の赤色が
派手で華やかな種類です。

水槽で飼育すると、ライトの光に鱗が
キラキラと反射してとてもキレイです。

1匹、¥2,000前後から販売されています。

第10位 九紋竜


ドイツ種の鯉で、白い地肌に
黒い模様が入ります。

頭部や背部は所々白く剥けているので、
模様が入っているようにも見えます。

水温によって黒い模様は変化するため
季節によって違う印象を受けます。

それもまた、九紋竜の魅力です。

1匹、¥1,500前後から販売されています。


鯉の種類によって餌は違うものに変えるべきなの?

様々な種類のある鯉ですが、
種類によって餌を飼える必要はありません。

ただ、餌の種類によっては、色揚げ効果があり、
色揚げ効果のあるエサをあげることで、
発色を良くすることができます。

餌によって、色揚げの対象となる色味が
変ってくる場合もありますので、
その種類の色に合わせた餌を選ぶと効果的です。

鯉の餌については、
こちらで詳しく解説しています。

⇒鯉の餌!おすすめランキングTOP10をご紹介!選ぶポイントは?

ぜひ読んでみて下さい。

鯉の種類で色によって性格が違う?

鯉は様々な種類が存在していますが、
それぞれの種類によって性格が違うと言う事は
ほとんどありません。

当然、個体の差による性格の違いはありますが、
種類によって性格が
変ってくることはありません。

どの種類も穏やかでケンカを好みません。

その性格もあって、
古くから鯉の飼育が楽しまれてきました。

気に入った種類の鯉を自由に
混泳させても問題無いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

新しい種類が次々に作出されている鯉ですが、
御三家の人気が昔から不動というのも
興味深い物ですね。

それだけ日本人の心に
染みついているのかもしれません。

それぞれの種類の開発には
様々な背景がありますが、
まずは見た目で気に入った
品種を選んでみると良いと思います。

こちらの記事では、鯉の寿命や
長生きさせるコツをご紹介しています。

鯉の寿命!ギネス記録&平均は?長生きさせるための3つのコツ

こちらでは、鯉が餌を食べない時の
原因や対策方法をご紹介しています。

鯉が餌を食べないのは病気のサイン?原因&対策方法をご紹介!

どちらの記事も、ぜひ読んでみて下さい。




のべじをフォローする
お魚さんといっしょ