サンゴの白化を回復!再生させる方法と対策をまとめてみた

最近、TVでも見聞きする「サンゴの白化」。

正直、自分にはあまり関係の無いことと
考えている方も多いのではないでしょうか?

しかし、サンゴが白化してしまうと、
海の生き物がいなくなってしまったり
地球の温暖化に繋がったりと、
私達の生活にも影響します。

サンゴの白化を食い止めるためには、
何よりもサンゴの白化について知る事です。

そこで今回はサンゴの白化を食い止め、
回復させる方法を紹介します。

ぜひ参考にしてみて下さい。

[adsense1]

サンゴは白化するとどうなるの?

サンゴは褐虫藻と呼ばれる植物プランクトンを
体内に棲まわせ、その褐虫藻が光合成によって
生産したエネルギーを受け取り生きています。

サンゴの白化は、何らかの要因によって、
体内の褐虫藻が失われてしまい、
それによってサンゴの白い骨格が見え
白くなるために白化と呼ばれます。

白化しても、環境が回復すれば、
再び褐虫藻を獲得し、健康な状態に戻ります。

しかし、長期間、白化したままの場合
褐虫藻からのエネルギーを受けることが出来ず
やがて死んでしまいます。

死んでしまったサンゴは波や水流によって
少しずつ形が崩れ、やがて海底に
破片となって散らばっていきます。

サンゴの白化の原因については、
こちらの記事で詳しく解説しています。

サンゴの白化の原因は水温?死に追いやるメカニズムについて解説

白化にいたるメカニズムを紹介していますので、
ぜひ読んでみて下さい。

サンゴの白化の影響!他の魚が死ぬって本当?

世界に生息する海洋生物の
約1/3~1/4がサンゴ礁に生息すると言われ、
何らかの形でサンゴと関わって生きています。

まず、サンゴは小さな生き物の
住み家であり、隠れ家でもあります。

住み家を失った生き物は、
当然ながら死んでしまいます。

そしてその小さな生き物を補食している
生き物も、餌となる小さな生き物がいないと
やはり死んでしまうことになります。

食物連鎖の下位に位置する生き物が失われれば、
上位に位置する生き物も生きていけません。

このように、サンゴの白化によって
多くの魚たちが死んでいってしまいます。

また、サンゴに卵を産み付ける生き物もいます。

卵を産み付ける場所を失った生き物は
子孫を残すことができなくなってしまいます。

このように、サンゴは多様な生態系を
維持するためにも大切なのです。

こちらの記事ではサンゴの白化の
影響について詳しく解説しています。

サンゴの白化の影響!魚やオニヒトデが死ぬって本当?

サンゴの白化による生物に対する
深刻なダメージを紹介していますので、
ぜひ併せて読んでみて下さい。

サンゴの白化は地球温暖化が原因なの?

サンゴの白化が起きる原因には、
水温変化、塩分濃度の低下、赤土の流出など
様々な原因が考えられています。

特に大きな原因としては、海水温が
高くなっていることが挙げられます。

サンゴに適した水温は25~28℃と
言われていますが、水温が30℃を超える
時間が長くなるとサンゴと共生している
褐虫藻に異常が出て、
白化を引き起こしてしまいます。

水温の上昇は地球の温暖化の影響もありますし、
エルニーニョ現象にも影響されます。

長期的に地球の温暖化が続くと、
海水温も高くなり、サンゴにとって
危険な状況になってしまいます。

サンゴの白化を回復させるには?

サンゴの白化を回復させるためには、
環境そのものが回復しなくてはなりません。

一時的に高水温が続くのであれば、
水温の低下と共に、白化から
回復することもできます。

しかし、長期的に見ると、
根本の原因を改善しなくてはなりません。

一番大きな原因とされる海水温の上昇は、
地球の温暖化による影響が大きいです。

温暖化は地球レベルの話であり、
簡単に解決できる問題ではありません。

私達も、環境負荷をなるべく
少なくするような生活を心がけたいですね。

サンゴの白化を防ぐには?対策方法を紹介

出典:http://futomou.seesaa.net/

サンゴの白化を防ぐために、
近年では様々な対策が取られています。

  • サンゴのモニタリング
  • 保護区の設定
  • 土砂の流出を防ぐ
  • 環境教育

まずは、現状や変化を把握するために
モニタリングによって調査が行われています。

その調査結果を基に保護区の設定などの
必要な対策が取られます。

保護区に設定されると、そのエリアでの
漁やレジャーなど、立ち入りが制限されます。

人の手が入らないことで、
余計なダメージを与えないようにします。

土砂の海への流出を防ぐために
様々な工事の方法なども見直されています。

また、小学生はもちろん大人まで、
様々な方面での環境教育にも取り組んでいます。

サンゴの白化を食い止めるためには、
何よりも我々が現状を知ることが大切なのです

サンゴの白化は宮古島で起こっている?

2016年の夏、沖縄県宮古島で大規模な
サンゴの白化が起こりました。

宮古島の北方にあるサンゴ礁、
八重干瀬では、70%を超える
サンゴが白化してしまったのです。

宮古島近辺では、海水温が30℃を
超える日が続き、それによってサンゴが
白化してしまったと考えられます。

死亡率も30%を超える結果となり、
過去最大級の白化現象となってしまいました。

その後、徐々に回復はしていますが、
もとの姿に戻るのは厳しいのが現状です。

こちらの動画では、宮古島の
サンゴの白化を紹介しています。

辺り一面のサンゴが真っ白に
白化してしまっていることが分りますね。

まとめ

以上、サンゴの白化とその回復、
対策について紹介しました。

サンゴの白化は1度起こってしまうと、
簡単には回復させることが難しいです。

サンゴの白化を止めるのは、
地球環境を改善するのと同じです。

世界規模の問題とは言え、私達も
出来る事から意識して行動していきたいですね。

[adsense3]

珊瑚



お魚さんといっしょ
タイトルとURLをコピーしました