イルカのウォッチングは関東!人気のおすすめ施設ベスト4

愛くるしい表情と人懐っこさで
多くの人から愛されているイルカ。

水族館に行けば立派にショーをこなす姿を
目にすることができますが、

大海原を悠々と泳ぐ野生のイルカには
海外でなければ出会えないと
思っている方も少なくないのでは?

実はイルカは
日本近海にも多く生息しており、

各地でイルカウォッチングや
ドルフィンスイムなどを
楽しむことができるんですよ。

そこで今回の記事では、
関東エリアでイルカと触れ合える
人気のスポットをまとめてみました。

首都圏にお住まいの方が気軽に参加できる
日帰りツアーなどもご紹介していますので、
ぜひチェックしてみてくださいね!


①素潜りの学校


出典:http://xn--u9jvc514pqwklyidyu.com/

所在地東京都小笠原村父島奥村たまな荘2号
電話番号04998-2-7775
営業時間8:00~20:00
(電話受付)
公式サイトhttp://xn--u9jvc514pqwklyidyu.com/

⇒Googleマップはこちら

小笠原父島にある『素潜りの学校』は、
ドルフィンスイムのボートツアーを開催する
現地ガイドサービス&スクールです。

ツアーは少人数制で、一人参加もOK。

プランには素潜りの講習が組み込まれており、
必要な知識や技術を一人一人に合わせて
丁寧に指導してくれるので、
初心者やブランクのある方も安心です。

実際のドルフィンスイムの様子は
こちらの動画で紹介されています。

これだけ近くで泳ぐことができたら、
まるで自分自身がイルカになったように
感じられそうですね!

ただしイルカとの遭遇確率は
天候などによって変わるそうなので、
「確実に出会いたい!」という方は
数日連続して参加してみると良いでしょう。

ドルフィンスイムを実際に体験された方の
レビューはこちら。

少人数制ならではの、やりたい事を満喫して過ごせるツアーでした。自分がしたい事を出発前に話し合うので、どこに行きたいかこちらのHPで調べておくといいと思います!同じ物を見て感動する1日を過ごすと、みんなとも仲良くなれるので、ひとり旅でも楽しめます。
ホームページには良さそうなことが色々掲載されていますが、料金を一度にまとめたものがなく、分かりづらいです。
一日目にスノーケル・素潜り入門で姿勢や呼吸法など、基礎から教えて頂き、二日目からは実践、実践、実践!講習を受けたことで、より深く、より長く潜れるようなりました。また、今回の旅の目的であった「イルカと泳ぎたい」という夢を叶えることができました。講習のときにポイントを教えて頂いていたので、手を伸ばせば届くのではないかという距離で、イルカと並走して泳ぐことができました。

充実のひとときを過ごせたことが
伝わってきますよね。

参加費用やオプション料金については
公式サイトに掲載されている料金表
わかりやすいと思います。


②竹ネイチャーアカデミー


出典:https://www.asoview.com/

所在地東京都小笠原村父島字東町
電話番号
営業時間8:00~19:30
公式サイトhttp://take-na.com/academy

⇒Googleマップはこちら

小笠原の島のコンディションや
参加者のリクエストに合わせた
魅力的なツアーを提案してくれる
『竹ネイチャーアカデミー』。

イルカと触れ合えるプランは
約3時間半の「半日コース」や
じっくり体験できる「1日コース」のほか、

ホエールウォッチングや無人島ツアーなど
他の楽しいアクティビティと
組み合わせることも可能です。


出典:https://www.asoview.com/

イルカは船上からの観察はもちろん、
海に潜って一緒に泳ぐこともできますよ。

よりリラックスして楽しめるよう、
初心者さんはスノーケリングのレッスンを
事前に受講しておくことをおすすめします。

実際に体験された方のレビューはこちら。

海のツアー、山のツアーどちらも参加しました。ガイドさんはすごい知識量で私達の質問にもなんでも答えてくれました。ドルフィンスイムもイルカと泳げるように必死に指示を出して頂き何度も間近で泳ぐ事が出来ました。
出発前から、ツアーの組み方や体力面での心配などの相談にも乗ってもらえたので、自分たちにあったプランを立てることが出来ました。入港日のシュノーケルレッスンは丁寧で、初めてでも安心して参加できました。おかげで翌日の海のツアーも心配なく、楽しむことが出来ました。

同施設では、
トレッキングや戦跡めぐりなど
小笠原をとことん満喫できるツアーを
多数開催しています。

プランの組み方は、
公式サイト内のサンプルプランを
参考にしてみると良いでしょう。

初めて来島する方は、
お任せでツアーを組んでもらうのも
面白いかもしれませんね。

③セブンシーズ世田谷本店


出典:https://www.asoview.com/

所在地東京都世田谷区給田3-34-1 1F
電話番号0120-74-05-74
営業時間12:00~18:00
公式サイトhttp://sevenseas74.com/setagaya/

⇒Googleマップはこちら

京王線・千歳烏山駅近くの
ダイビングショップ『セブンシーズ』には
東伊豆で楽しむ日帰りドルフィンスイム
プランがあります。

「ドルフィンスイム(タッチ)」コースは、
お子様(10歳~)も参加OK。

生簀のイルカに餌をあげたり
体に触れたりした後は、
スノーケリングで生簀の中を自由に泳いで
イルカたちと一緒に遊ぶことができます。


出典:https://www.asoview.com/

仲良くなれたら、
イルカがキスをしてくれることも
あるのだそうですよ!

このイルカとの触れ合いの後に
海でのダイビングも楽しめるプラン
「ドルフィンスイム&ダイブ」もおすすめ。

ビーチエントリーなので、
初心者さんも気軽に参加してみましょう。

実際に体験された方のレビューはこちらです。

ファミリーで参加しましたが、スタッフの方々の笑顔が素敵でした。
ダイビングの魅力を教えてくれました!スタッフの皆さんには本当に感謝です!これからも、ずっとお世話になりたいと思ってます!

他にもユーモア満載の楽しいレクチャー
絶賛するコメントが多く見られました。

こちらなら初めての方やお子様も
安心して挑戦できそうですね!


④銚子海洋研究所


出典:http://choshinote.com/

所在地千葉県銚子市潮見町15-9
電話番号0479-24-8870
営業時間コース・時期により異なる
公式サイトhttp://www.choshi-iruka-watching.co.jp/

⇒Googleマップはこちら

最後にご紹介するのは、
千葉県の『銚子海洋研究所』です。

親潮と黒潮の合流地点である銚子沖には
春になると20種類以上のイルカが
黒潮の流れにのって北上してきます。

30kmの沿岸から沖合いの海域では
ほぼ年間を通じてイルカが観察でき、
時には5,000頭もの大きな群れ
遭遇することも!

出会えるイルカの種類は
時期によって異なるので、
お目当てのイルカに合わせて
訪れてみると良いでしょう。


出典:http://www.choshi-iruka-watching.co.jp/

冬のクルージングでは子育て中のクジラや
海面から顔をのぞかせるオットセイの姿も
見られるそうですよ。

実際に体験された方のレビューはこちら。

1時間半ぐらい進んだところでイルカの大群を見ることができました。子育て中ということで母子のイルカだけだそうで近くに寄ったり、船に並走はなかったですが、海面にイルカの銀色に輝く腹と水しぶきがいっぱいで圧巻でした。スタッフのおねえさんも乗客の方にこまめに声をかけて気配りしてくれました。寄港後、つみれ汁を出してくれ寒くなった体に温かくておいしかったです。
前日までは大群に遭遇できたそうですが、残念ながら私たちは見られませんでした。でも、スタッフさんたちの対応がよく、気持ちよく船に乗ってクルージングできました。
私は沖合いと沿岸イルカウォッチング計3回行きましたが遭遇率100%です。とくに3回目は500頭の群れを見れ大感動でした。関東でイルカが見れるなんて驚きです。

イルカは1年中見られるそうですが、
天候やタイミングによっては
姿を見せてくれないことも。

残念ながら遭遇できなかった場合は
次回利用できる割引券をもらえるので、
諦めずにリベンジしてみてくださいね。


まとめ

今回の記事では、
関東エリアでイルカと触れ合える
人気のスポットを4つご紹介しました。

船上から話しかけたりして
コミュニケーションするのも良いですが、

泳ぎの得意な方はぜひ
より近くでイルカを感じられる
ドルフィンスイムにも挑戦してみてください。

日常では体験できない素敵な出会いは、
一生の思い出となるに違いありません。

また、能登島や天草も
日本有数のイルカスポットとして
知られています。

⇒イルカのウォッチングは天草!おすすめの人気スポット3選
こちらの記事では、
天草でイルカウォッチングができる
おすすめスポットをご紹介しています。

⇒イルカのウォッチングを能登島で!人気のおすすめサービス3選
こちらの記事では、
能登島でイルカとの触れ合いが楽しめる
人気のサービスをご紹介しています。

よろしければ併せてご覧ください。


イルカ



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ