金魚の餌の頻度は?与えすぎ注意な適度な食事の回数について解説

金魚にとって餌は
とても大切なものになります。

特に餌の回数は
気になる面ですよね。

一日に1回でいいのか、
それでは少なすぎるのか
気になると思います。

もし少なければ金魚の栄養が
足りなくなりますし、
病気になるかもしれないと
心配しますよね。

金魚の餌の回数は結構人によって
適当であいまいということが
多くなっています。

餌の与えすぎは金魚の病気を
引き起こしてしまうこともあります。

しっかりと餌の適切な回数を知って、
金魚にとって負担のないように
してあげましょう。

では、今回は金魚の餌の頻度は
どのくらいなのか、
適切な食事の回数について
見ていきたいと思います。


金魚の餌の頻度はどれくらい?

金魚の餌の頻度は
どれくらいなのでしょうか。

主な適切な回数として、
1日に1回と、2回があります。

それぞれ詳しく
見ていきたいと思います。

1.1日2回

金魚の餌の回数が一日に
二回から見ていきたいと思います。

二回の場合は、基本的に朝と
夕方にあげるようにします。

その理由としては金魚が
活動時間の時にあげたほうが
餌が余ることが少なく、
水が汚れにくいからです。

この時の注意点は2回もあげるので
1回にあげる餌の量が多すぎると
金魚が消化不良を起こしたり
肥満になってしまうことがあります、

そのためしっかりと5分くらいで
食べきれる量をあげるようにしましょう。

5分以上餌が残ってしまうと
それはすこし量が多いということなので
考えながらあげるようにしてくださいね。

金魚の餌の量に関しては次の動画で
ちょうどいい量であげているので
参考にしてみてください!

2.1日1回

金魚の餌の回数が一日に一回の場合を
見ていきたいと思います。

一回の時は基本的に朝に
あげるようにしましょう。

そして餌の量も
増やしてあげるようにします。

しかしあまりにも増やすと
底のほうにたまって水を
汚してしまう原因にもなるので様子を

見ながら食べきってくれるくらいの量を
考えながらあげるようにしましょう。


金魚の餌を1度に与える量はどのくらい?

金魚の餌を一度に与える量は
どのくらいなのでしょうか。

餌が与えてから
5分くらいでなくなるくらいの量
考えてあげるようにしましょう。

この量が多すぎると
餌が残ってしまい、その餌が
水を汚してしまう大きな要因となります。

そのため、多すぎることもなく
少なすぎることもない量をしっかりと
考えてあげるようにしましょう。

金魚に餌を与えすぎるとどうなるの?

金魚に餌を与えすぎると
どうなるのでしょうか。

その主な結果として
3つあるのでそれぞれ
見ていきたいと思います。

1.水質を悪化させる

金魚に餌を与えすぎた
結果の一つ目は、水質の悪化です。

金魚が食べられなかった分の餌は
底のほうにたまることになります。

そのたまってしまった餌は
結果的に水質を
悪化させてしまうことになります。

水質の悪化は金魚の
体調の悪化を引き起こします。

金魚は体調を崩すと
ヒレをたたむこともあります。

詳しく次の記事で詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒金魚がヒレをたたむのは病気だから?原因について解説!

2.アンモニアが発生する

金魚に餌を与えすぎた結果の
二つ目は、アンモニアの発生です。

金魚が食べなかった餌や、
大量の糞は底のほうにたまります。

そのたまってしまった餌や糞は
悪質なアンモニアに変わってしまいます。

そのように変わってしまった
アンモニアは金魚の体調を崩す
大きな要因になってしまったり、
水質の悪化の要因にもなります。


3.病気になりやすい

金魚に餌を与えすぎた結果の
三つ目は、病気になりやすい
ということです。

金魚は与えた分の餌を
ありったけ食べてしまいます。

そのためたくさんの餌をあげると
その分食べてしまい、
肥満や消化不良になります。

そのような病気は珍しいものではなく、
たくさんの餌をあげてしまうことで
確実に発生してしまいます。

また、底のほうにたまってしまった
餌は大量のアンモニアを
発生させてしまいます。

そのアンモニアは金魚にとって
とても悪性なものなので病気の発症や、
体調不良の大きな要因になります。

病気の中でも特に赤い斑点が
目立つ赤斑病には
かかりやすい傾向があります。

そのことについては次の記事で
詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒金魚の赤い斑点は病気のサイン?原因について徹底解説!

まとめ

今回は金魚の餌の
頻度についてみてきました。

金魚にとって餌は
とても重要になります。

そしてその餌の頻度も多すぎても
少なすぎてもいけません。

しっかりと金魚にとって
適切な頻度で餌をあげることが
最も重要になります。

特に多すぎると肥満や
消化不良などを引き起こしてしまい、
金魚の体調を悪化させて
しまうことになります。

また、病気を引き起こして
しまうことになり、
その病気は様々です。

特にヒレが白くなるような
病気があります。

その時には迅速な対応が
必要になります。

そのことについては次の記事で
詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒金魚のヒレが白いのは病気なの?色が変わる原因と対処法を紹介!

金魚にとって
餌やりはとても大事です。

その頻度は金魚の様子を見ながら
最も適している量や
頻度を見つけましょう。


飼い方



佐藤竜をフォローする
お魚さんといっしょ