金魚のヒーターの電気代は?1ヶ月にどれくらいかかるのか徹底調査

金魚を飼っていると、
ヒーターを使っていると思いますが、
その電気代がいくらくらいなのか
把握しているでしょうか。

ほとんどの人がいくらくらい
かかっているかわからないと思います。

ヒーターの電気代、安く済ませれば
すましたいと思うのは普通だと思います。

そこで今回は、金魚のヒーターにかかる
電気代がどれくらいなのかについて
見ていきたいと思います。


金魚のヒーターにかかる電気代は1ヶ月にどれくらい?

金魚のヒーターにかかる
電気代は1か月にどれくらいなのでしょうか。

今回はワット数に分けて
それぞれ見ていきたいと思います。

1.80w


出典:http://buyee.jp/

金魚のヒーターにかかる電気代は
80wの場合では
どれくらいなのでしょうか。

80wのヒーターの適合水槽の
目安は40㎝以下で目安水量は約26Lです。

1日使った場合の電気代は
約51.84円です。

1か月では、
1607円ほどになります。

80wのヒーターの代表例としては、
GEXのヒートナビSH80があります。

確かに小さいですが、
しっかりと温めてくれるので、
このヒーターで困ることもありません。

⇒アマゾンでGEXのヒートナビ80SHを確認する

⇒楽天でGEXのヒートナビ80SHを確認する

エビ専門水槽や、
小さい金魚を飼うような水槽の場合は、
このヒーターで十分事足ります。

2.100w


出典:https://www.mercari.com/jp/

金魚のヒーターにかかる電気代は
100wの場合で
どれくらいなのでしょうか。

100wのヒーターの適合水槽の
目安は45㎝以下で、
目安水量は約40Lです。

1日使った場合の電気代は約64.8円です。

1か月使うと、
2008円ほどになります。

100wのヒーターの代表例としては、
テトラ26℃ミニヒーターがあります。

このヒーターも大きくはないですが、
安全カバーもついており、
かなり質としてはいいものになります。

⇒アマゾンでテトラ26℃ミニヒーターを確認する

⇒楽天でテトラ26℃ミニヒーターを確認する

値段も安くて、
このパワーならある程度の水槽は
カバーすることができますね。


3.150w


出典:https://www.rakuten.co.jp/

金魚のヒーターにかかる電気代は
150wの場合で
どれくらいなのでしょうか。

150wのヒーターの適合水槽の
目安は60㎝以下で目安水量は約60Lです。

1日使った場合の電気代は約97.2円で、
1か月使うと3013円ほどになります。

150wのヒーターの代表例としては、
コトブキのセーフティオートSH150があります。

本体の色が暗いため、
水槽内で目立たずに邪魔になりません。

⇒アマゾンでコトブキセーフティオートSH150を確認する

⇒楽天でコトブキセーフティオートSH150を確認する

力かなりあるため、
60㎝のような大きい水槽でも全く困りません。

4.200w


出典:https://www.mercari.com/jp/

金魚のヒーターにかかる電気代は
200wの場合で
どれくらいなのでしょうか。

200wのヒーターの
適合水槽の目安は60~75㎝以下で、
目安水量は約100Lです。

1日使った場合の電気代は約129.6円です。

1か月使うと、
4017円ほどになります。

200wのヒーターの代表例としては、
テトラ26℃ミニヒーター200wがあります。

テトラ26℃ミニヒーターシリーズは有名ですが、
その中でも出力が高いタイプになります。

⇒アマゾンでテトラ26℃ミニヒーターを確認する

⇒楽天でテトラ26℃ミニヒーターを確認する

そこまで大きいサイズ感ではないですが、
60㎝水槽位以上でも
対応できるぐらいのパワーがあります。


5.300w


出典:https://auctions.yahoo.co.jp/

金魚のヒーターにかかる電気代は
300wの場合で
どれくらいなのでしょうか。

300wのヒーターの
適合水槽の目安は90㎝以下で、
目安水量は約150Lです。

1日使った場合の電気代は約194.4円で、
1か月使うと、6026円になります。

300wのヒーターの代表例としては、
ニッソーのプロテクトヒーターがあります。

このヒーターは暗いタイプで
水槽内で目立ちません。

更にその力も期待できるので
大きい水槽にも適応できます。

⇒アマゾンでニッソープロテクトヒーターを確認する

⇒楽天でニッソープロテクトヒーターを確認する

90㎝水槽に対応できるような
珍しいヒーターになります。

かなり大きい水槽には
ぜひおすすめのものになります。

金魚のヒーターの電気代を節約する方法はあるの?

金魚のヒーターの電気代を
節約する方法はあるのでしょうか。

ヒーターをつけるタイミングは
水槽内の温度が
下がったときがほとんどです。

したがって、水槽を温度が
変わらないような場所に置くだけで
その水温は下がらなくなり
ヒーターが必要な時もかなり減ります。

そこで置く場所として
おすすめなのがリビングです。

リビングは家の中でもかなり
水温が下がりにくくヒーターを
使わずとも水温を保つことができます。

以上の事から水温を
リビングにおくことをおすすめします。

また、電気代の節約方法は次の動画でも
様々見ることができます。

よかったら参考にしてみてください!

まとめ

今回は、金魚のヒーターの
電気代はいくらくらいなのか、
ワット数に分けてみてきました。

ヒーターの電気代は
毎日使うときはかなり気になりますよね。

水槽が大きければ大きいほど
ヒーターの電気代が上がる
ということが分かったと思います。

金魚にとってヒーターが
とても重要になるので、
しっかりと使うようにしましょう。

また、金魚にヒーターは
本当に必要なのか気になりますよね。

そのことについては次の記事で
詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒金魚にヒーターは必要なもの?使用ないことで魚たちに与える影響

電気代を気にしてヒーターを
使用せずに金魚の体に負担を
かけることになるのは気を付けましょう。


飼育用品



佐藤竜をフォローする
お魚さんといっしょ