金魚は水道水でも大丈夫?飼育に必要な浄化をする方法について!

金魚を飼おうと思ったとき、
水をどうしたらいいのか、
水道水のままでも大丈夫なのか
気になりますよね。

金魚すくいなどで
持って帰ってきたときは

カルキ抜きなどがないし、
できたら水道水で
飼うことができたら便利だし、
楽だと考えると思います。

しかしその水道水で
飼うことは何か病気であったり、
金魚に負担がないのか
不安になると思います。

そこで今回は金魚は水道水でも
大丈夫なのか
見ていきたいと思います。


金魚は水道水でも生きていけるの?

金魚は水道水でも
生きていけるのでしょうか。

金魚は水道水では
生きていけません。

金魚にとって水道水の中に
入っているカルキは
毒になってしまいます。

その結果以下のような
症状を発症する可能性があります。

・呼吸困難

・皮膚のバリア機能低下

金魚の水道水はカルキ抜きを行うべき?

金魚の水道水はカルキ抜きを
行うべきなのでしょうか。

カルキは金魚にとって有
毒なものになりますので
カルキ抜きをしなければなりません。

カルキ抜きの方法としては、
主に2つあります。

1つ目は、市販のカルキ抜きを
使うということです。

バケツ等に水道水を入れて、
そのあと規定量の
カルキ抜きを入れます。

その結果カルキを
抜くことができます。

もう一つの方法が、
2日間汲み置きをするというものです。

バケツなどに汲み置きをして、
2日間、汲み置きをすれば、
カルキは揮発して消えます。

直射日光に当てれば、
半日程度で消えます。

しかし屋外だと、
ごみなど様々なものが
入ってくるので注意が必要です。

金魚の水道水をカルキ抜きする効果とは?

金魚の水道水をカルキ抜きする
効果とは何なのでしょうか。

カルキ抜きをすることで、
水道水の中のカルキを
抜くことができます。

カルキとは、水道水を
消毒するためのものになります。

消石灰に塩素を吸収させたもので、
漂白や消毒といった効果があります。

しかしこのカルキというものは、
私たち人間にとっては
何にも毒にはなりませんが、

小さい金魚にとっては、
かなりの有毒なものになってしまいます。

したがって、カルキ抜きを
行うことにより、金魚にとって
有毒なものを
消してあげる必要があります。


金魚を水道水で飼育し続けるとどうなるの?

金魚は水道水で飼育し続けると
どうなるのでしょうか。

水道水のまま使ってしまうと、
金魚にとってかなりのダメージとなり、
様々な病気の元になります。

特に、皮膚のバリア機能を
大きく低下させてしまいます。

これは大問題です。

皮膚は様々な病気から
守る壁になります。

その壁の防御力を
大きく下げることになるので、
金魚は病気にかかりやすくなってしまいます。

金魚の水道水をカルキ抜きを行う際に気を付けることは?

金魚の水道水をカルキ抜きするときに
気を付けるべきことは
何なのでしょうか。

カルキ抜きをする方法としては、
主に市販のカルキ抜きを
使うということがメインになります。

そのカルキ抜きを使うときに、
カルキ抜きをするのは
いいですがそのあと、
金魚をすぐ入れるということは
気を付けたほうがいいでしょう。

カルキ抜きのときに気を付けることは
次の動画でもわかりやすくなっています。

カルキ抜きを入れた後は、
まだすぐにはカルキが
抜けきっていないことがあります。

その状況で金魚を入れてしまうと、
大きなダメージとなります。

そのため、カルキ抜きを
入れた後は、30分ほど時間をおいて
金魚を入れることをおすすめします。

入れた後はしばらく
金魚の様子を見て、
何か具合が悪そうでないかなど
確認するようにしてください。

まとめ

今回は、金魚は
水道水でも大丈夫なのか、
カルキ抜きする方法に
ついてみてきました。

水道水の中に含まれている
カルキは金魚にとって
とても有毒なものになります。

したがって間違っても、
水道水のままで金魚を
飼わないように気を付けてください。

もし、水道水の中に入れてしまった
ということでしたら
即時に出してあげて
カルキ抜きをした水で
様子を見てください。

また、金魚を飼うとき特に外では
他の生き物が金魚を食べないか
心配になりますよね。

そのことについては次の記事で
詳細を書いているのでよかったら
参考にしてみてください!

⇒金魚を食べる動物がいる?一緒に飼うのに要注意な生き物を紹介

金魚を飼う際は、
水に気を付けてください。

特に金魚すくいでとってきた
金魚などは特に水道水で
飼ってしまう方が多くなっています。

その行動が早く金魚を
殺してしまう要因になるので
気を付けましょう。


飼い方



佐藤竜をフォローする
お魚さんといっしょ