グッピーの稚魚を隔離!食べられる前に移動する方法

丈夫で育てやすいだけでなく、
簡単に繁殖できる熱帯魚としても
知られているグッピー。

しかし、産まれた直後の稚魚は
まだ体が小さいうえに
泳ぎもあまり上手でないため、

成魚や他の混泳魚と同じ水槽で育てると
餌と間違えて食べられてしまったり
体をつつかれたりして
多くの個体が死んでしまいます。

そのため、確実に稚魚を成長させて
数を増やしたいという場合は、
ある程度の大きさに育つまで
隔離して育てるのが一般的です。

では、小さなグッピーの稚魚を
うまく捕まえて隔離するには
どうしたら良いのでしょうか。

そこで今回の記事では、
グッピーの稚魚を隔離する方法や
隔離期間の目安などを解説したいと思います。

これからグッピーの繁殖に挑戦する方は
ぜひ参考にしてみてくださいね!


グッピーの稚魚を隔離!捕まえ方にはどんな方法がある?


出典:http://aquaforest.tokyo

産まれたばかりのグッピーの稚魚の体は
とても小さくデリケート。

無理に水槽外へ掬い出そうとすると
体に傷をつけてしまう恐れがあるので、
捕獲は慎重に行わなくてはなりません。

では、稚魚を安全に捕まえるためには
どうしたら良いのでしょうか。

1.捕獲用ネットを使うのは危険?

アクアショップなどで
水槽にいる魚を掬うための
”ネット”が販売されているのを
皆さんも見たことがあると思いますが、

これを使って稚魚を捕まえるのは
実はあまりおすすめではありません。

グッピーの稚魚は動きが素早いので、
無理に追い回すとネットが稚魚の体に当たり
ケガをさせてしまう恐れがあるのです。

稚魚をより安全に捕まえるための
アイテムとしておすすめなのは”コップ”

ご自宅で不要になったものなど、
どんなものを使っても大丈夫です。

稚魚を驚かせないように
そっと水槽内にコップを沈めて、
ゆっくり優しく稚魚を掬っていきましょう。

2.より安全&簡単に隔離する方法がある!?

産まれた稚魚を1匹ずつ捕まえて
隔離用のケースに入れていっても
もちろん良いのですが、

グッピーは1回の出産で
30~50匹もの稚魚を産むため、

親魚を隔離用ケースの中で出産させて
すべての稚魚を産み終わったら
親魚だけを本水槽に戻すほうが簡単です。

また、この方法なら
稚魚を掬わなくて良いので、
デリケートな体にダメージを
与えることもありません。

グッピーのメスは出産が近付くと
外見や行動に次のような変化が出てきます。

  • お腹がパンパンに膨らむ
  • 妊娠マークが濃くなる
  • 水槽の壁面に沿って上下に泳ぐ
  • 底に沈んだまま動かない
  • 他魚を嫌がる仕草をする など

このような兆候があらわれたら、
隔離用ケースに移動させて
出産まで様子を見ましょう。

⇒グッピーの出産の兆候!直前になると見せるサインとは?

なお、出産前に見られる兆候については
こちらの記事で詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみてくださいね。


グッピーの稚魚を隔離するシェルターは自作できる?


出典:http://aquana.jp

稚魚を隔離するための容器として
各メーカーが隔離箱(産卵箱)を
販売していますが、

できるだけコストを抑えたい場合は
身近にある材料を利用して
自作することも可能です。

こちらの動画では、
プラケースと鉢底ネットを使用した
隔離箱の作り方が紹介されています。

産まれた直後のグッピーの稚魚は
まだうまく泳ぐことができないため、
容器の底の方へと落ちていきます。

その時に鉢底ネットの網目を
通り抜けることによって
親魚としっかり分離されるので、

産まれた直後に親魚の餌食になるのを
防ぐことができるわけですね。

また、プラケースも鉢底ネットも
100円ショップで購入できるので、
市販品を購入するよりも
圧倒的に安く済みますよ。

工作やDIYが得意な方は、
ぜひご自分で作ってみては
いかがでしょうか。


グッピーの稚魚の隔離期間!水槽に戻すタイミングはいつ?


出典:http://aquaforest.tokyo

稚魚が成魚の口に入らないくらいの
大きさまで成長したら、
もう食べられる心配はありませんので
本水槽の成魚と合流させてOKです。

稚魚の成長には個体差があるため、
本水槽に戻す明確な時期というのは
特に決まってはいませんが、

  • 成魚の半分くらいの大きさ
  • 体長1.5~2cm前後

だいたいこれくらいのサイズを
目安にすると良いでしょう。

ただ、食べられない大きさになったとはいえ
まだまだ体の小さい稚魚は
水槽内で”いじめ”の標的にされやすいため
注意が必要です。

稚魚を追い回したりつついたりするような
やんちゃな成魚がいる場合は、
稚魚が隠れられるように
水草を多めに入れてあげましょう。

グッピーの稚魚の色が変化するのはいつ?


出典:http://aquana.jp

熱帯魚の中でも特に
体の色や模様のバリエーションが
豊富なグッピーですが、

産まれたばかりの頃はまだ色も模様もなく
メダカのような素朴な姿をしています。

そんなグッピーの稚魚たちを見ていると、
将来的にどんな色に成長してくれるのか
待ち遠しくなってしまうでしょう。

グッピーの体の色や模様は
親魚の遺伝による影響が大きく、

体長が1~2cmほどになる
生後1ヶ月頃
になると
尾びれが親と同じような色に
うっすら変化していきます。

なかなか色が変わらないという場合は
成長が少し遅めなのかもしれません。

稚魚期は多くの栄養が必要になりますので、
「ブラインシュリンプ」などの
栄養価の高い餌を十分に与えて
成長を促してあげましょう。

⇒グッピーの稚魚の色!変化するのは生後どれくらい?

なお、グッピーの稚魚の色については
こちらの記事で詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみてください。


まとめ


出典:http://aquaforest.tokyo

今回の記事では、
グッピーの稚魚を隔離する方法や
隔離期間の目安などについて
解説してまいりました。

自分や仲間がお腹を痛めて産んだ
可愛い稚魚を食べてしまうなんて、
初めてグッピーを飼育する方は
ショックを受けてしまうかもしれませんね。

しかし、これはグッピーに限ったことではなく
他の魚種でも同じなのです。

ただ、すべての稚魚を救ってあげようと
出産のたびに隔離して飼育していれば、
グッピーの数は増える一方

水槽はあっという間に
過密状態になってしまいます・・・。

稚魚の数がある程度増えてきたら、
隔離しないで自然の流れに任せるのも
一つの手。

繁殖は自分の水槽環境をよく考えて
計画的に行うようにしてくださいね!


4.グッピー



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ