グッピーの出産にかかる時間は?時間帯やタイミングについて解説

その小さな体で
たくさんの稚魚を産むことから、
別名”ミリオンフィッシュ”とも
呼ばれているグッピー。

1回の出産で100匹以上
産むこともあるといいますが、

お腹の中の稚魚を
すべて産み終わるまでには
一体どれくらいの時間
かかるものなのでしょうか。

また、出産という奇跡の瞬間に
ぜひ立ち会いたいと考えている
飼い主さんも多いでしょう。

お母さんグッピーが
どのタイミングで出産するのかも
知っておきたいですよね。

そこで今回の記事では、
グッピーの出産にかかる時間や
出産しやすい時間帯などについて
調べてみました。

初めてグッピーを繁殖させる方は
ぜひ参考にしてみてください!


グッピーの出産にかかる時間はどれくらい?


出典:http://aquaforest.tokyo

まず、グッピーの繁殖に
初めて挑戦する皆さんは、

こちらのYouTube動画で
グッピーの稚魚がどのようにして
産まれてくるのかを見てみましょう。

このようにグッピーの稚魚は
他の熱帯魚の卵のように
まとまった数で産まれるのではなく
1匹1匹産み落とされます

一度の出産で産まれる稚魚の数は
だいたい30~50匹前後。

こうして1匹1匹産んでいったら、
かなり長い時間がかかることが
皆さんも想像できるでしょう。

まさにその通りで、
産み終わりまでにかかる時間は
5~6時間くらいだと言われています。

ただ、これには個体差が大きく
数十分のスピード出産で済むケースや
反対に半日以上にも及ぶような
難産になるケースも珍しくありません。

グッピーの出産のタイミング!直前の合図&産む時間帯とは?


出典:http://aquaforest.tokyo

では、グッピーのお母さんは
いつ、どういったタイミングで
稚魚を産むのでしょうか。

出産直前に見られるサインや
出産しやすい時間帯をまとめてみました。


1.稚魚が産まれるタイミング

出産を控えたお母さんグッピーには、
見た目や行動に次のような変化が
見られるようになります。

  • ”妊娠マーク”が大きく濃くなる
  • お腹がパンパンに膨らむ
  • 水槽のガラスに沿って上下に泳ぐ
  • 底の方で動かなくなる
  • 他魚を嫌がるような仕草をする など

こうした兆候が見られるようになったら
もう間もなく出産です。

すみやかに出産用のケースに隔離して
様子を見守りましょう。

本水槽で出産させても良いのですが、
産まれた稚魚をそのままにしておくと
成魚に”餌”だと思われて
捕食される恐れがあるため、

出産の近いお母さんグッピーを
別のケースに移して出産させ、
稚魚はある程度の大きさに成長するまで
その中で飼育します。

⇒グッピーの飼育!繁殖を成功させる方法を徹底解説!

出産用のケースについては
こちらの記事で詳しく解説していますので、
まだ準備していない方は
ぜひ参考にしてみてくださいね!

2.出産しやすい時間帯

また、お母さんグッピーは
私たち人間が寝ている夜中~明け方にかけて
出産を始めることが多いようです。

その理由はわかっていないそうですが、
お母さんグッピーとしては
周りが暗くて静かなほうが
落ち着いて出産に臨めるのでしょう。

出産の瞬間に立ち会いたい時は
普段より少し夜ふかししてみると
良さそうですね。

ただし、あまりジロジロ見られていると
出産に集中できない・・・という
神経質なお母さんグッピーも
中にはいますので、

観察する時はあまり刺激を与えないよう
そっと見守ってあげましょう。

⇒グッピーの出産!周期や時間帯が決まっているって本当?

なお、グッピーの出産のタイミングについては
こちらの記事でも解説していますので、
ぜひ併せてご覧ください。


グッピーが出産で動かない!どうすればいい?


出典:http://aquaforest.tokyo

お腹に稚魚がいるお母さんグッピーが
底に沈んだまま動かない・・・。

飼い主さんとしては心配になると思いますが、
実はこれはもう間もなく出産が始まる
お母さんグッピーにはよくあること。

はち切れんばかりにパンパンに膨らんだ
大きなお腹が苦しいのかもしれませんね。

動かなくなってから数時間~数日後には
無事に出産が始まるケースが多いですが、

産みたそうにしているのに
なかなか稚魚が産まれてこない時は、

水温を25~27℃に引き上げたり
1/3程度の水換えを行う
環境の変化が良い刺激となって
出産が促されるそうです。

ただし、水温や水質の急変は
刺激どころか致命的なダメージを
与えてしまう恐れもあるので、

昇温や水換えの際は
慎重に行ってくださいね。

グッピーの出産の回数は?


出典:http://mishima-aqua.com/ec/

グッピーのメスの体内には
オスの精子を保存する器官があるため、
1回の受精で2~4回出産が可能です。

出産後のお母さんグッピーのお腹の中には
すでに次の卵が用意されていて、
およそ1ヶ月かけて稚魚の姿に成長し
再び出産の日を迎えます。

実はこれがグッピーの繁殖の
ちょっと怖いところ。

30~50匹もの稚魚が
約1ヶ月ごとに誕生するわけですから、

最初は1ペアだったのが
数ヶ月後には100匹以上に増えている、
なんてことが十分起こりうるのです。

もちろんすべての稚魚を飼育できる
水槽環境が整っているのであれば
何の問題もないのですが、

そうでない場合は
水槽の大きさ以上に増えないように
気を付けましょう。

繁殖を抑えたい時は、
稚魚を隔離して育てるのではなく
本水槽で成魚と一緒に飼育するのも
一つの手です。

成魚に食べられる稚魚も出てきますが、
そのぶん過剰に増えることはありません。


まとめ


出典:http://aquaforest.tokyo

今回の記事では、
グッピーの出産にかかる時間や
出産しやすい時間帯などについて
解説してまいりました。

グッピーのお母さんは
お腹にたくさんの稚魚を抱えているので、
すべて産み終わるまでには
かなり長い時間がかかります。

お子さんがいるご家庭であれば、
小さな体で懸命に稚魚を産み落とす姿を
直接見せてあげることで、
命の尊さを学ぶ良い機会になることでしょう。

無事に出産を終えるまで、
どうか優しく見守ってあげてくださいね。


 

4.グッピー



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ