グッピーは卵胎生!卵ではなく稚魚を産むって本当?

グッピーの飼育にある程度慣れてくると、
次は繁殖にも挑戦したくなりますよね。

グッピーは繁殖も容易な魚なので、
初心者の方でも成功しやすいでしょう。

では、皆さんはグッピーが
どのようにして稚魚を産むのか
ご存知でしょうか?

「魚なんだから卵から産まれるに
決まっているでしょ!」なんて
思う方も多いと思いますが、

実はグッピーの繁殖には、
他の熱帯魚とはちょっと違う
面白いところがあるんですよ。

そこで今回の記事では、
グッピーの繁殖形態など
繁殖にあたって知っておきたい知識
ご紹介していきたいと思います。

初めてグッピーの繁殖に挑戦する方は
ぜひ参考にしてみてくださいね。


グッピーは卵を産まないの?胎生と卵生どっち?


出典:http://aquaforest.tokyo

グッピーはメダカの仲間だということは
皆さんも既にご存知ですよね。

メダカの仲間に属するお魚は、
繁殖形態によって「卵生メダカ」と
「卵胎生メダカ」に大別されます。

卵生
メダカ
卵の状態で親魚の体外へ産み出され、
ある程度大きく育った状態で孵化する。
卵胎生
メダカ
親魚の体内で卵が孵化し、
ある程度大きく育った状態で
稚魚が産まれてくる。

親魚から直接稚魚が産まれてくるなんて
何だか不思議な感じがしますが、

実はアクアリウムで飼育されている
メダカの仲間の多くは卵胎生で、
グッピーも卵胎生メダカに属します。

そのため、多くの魚が繁殖する際は
「産卵」という言葉が使われますが、
卵胎生メダカは哺乳類のように
「出産」と表現されることが多いです。

では、ここでグッピーの出産シーンを
動画でチェックしてみましょう。

お腹から出てきた瞬間は
丸っぽくて卵のようにも見えますが、
確かにお魚の姿形をしていますね。

このように最初から稚魚の状態で
産まれてくるため、

グッピーをはじめとする卵胎生メダカは
他の小型熱帯魚に比べて繁殖が容易で、
稚魚の生存率も高い傾向があります。

グッピーは出産で何匹の赤ちゃんを産むの?


出典:http://aquaforest.tokyo

皆さんはグッピーの飼育を始める際、
ショップの店員さんや飼育経験者さんから
「増え過ぎに気を付けた方が良い」
という話を聞いたことはありませんか?

実はグッピーは
非常に繁殖力の旺盛な魚で、

オスとメスを一緒に飼育していると
すぐにペアが出来上がり、
いつの間にか赤ちゃんが泳いでいた、
なんてこともしばしば。

多くの熱帯魚を繁殖させるうえで
重要となるオスメスの相性も、
グッピーはさほど気にしないようです。

産まれてくる赤ちゃんの数もかなり多く、
1回の出産で産まれる数は
30~50匹前後。

出産回数を重ねたベテランお母さんになるほど
たくさんの赤ちゃんを産む傾向があります。

さらにグッピーは1回の受精で
約1ヶ月おきに何度か出産を繰り返します。

つまり赤ちゃんが無事に育てば、
1ヶ月で30匹、2ヶ月で60匹・・・と
どんどん増えていくことに。

このようにグッピーは、
出産数が多いうえに赤ちゃんの生存率も高く
爆発的に増えていくことから、
”ミリオンフィッシュ”とも呼ばれています。

たくさんのグッピーを飼育できる
環境が整っているなら問題はありませんが、
そうでない場合は数が増え過ぎないよう
計画的に繁殖を行うようにしましょう。

⇒グッピーは出産で何匹産むの?数や出産後のケアについてまとめてみた

なお、グッピーの出産に関しては
こちらの記事でも解説しています。

これから繁殖を目指す方は、
ぜひ併せてご覧ください。


グッピーの出産には兆候がある?


出典:http://aquana.jp

出産間近のお母さんグッピーは、
次のような普段とは違った行動を
見せることがあります。

  • 水槽のガラスに沿って上下に泳ぐ
  • 底床や水面付近で動かなくなる
  • 突然激しく泳ぎ回る
  • 他魚が近寄ってくると逃げたり
    追い払うような仕草を見せる

グッピーのお母さんにも
いわゆる”マタニティブルー”のような
状態があると考えられており、

この時期はボーッとしていたかと思えば
突然激しく泳ぎ回ったり・・・といった
精神的に不安定になったような行動が
目立つようになります。

こうした兆候が見られたら
すみやかに隔離ケースに移動し、
出産という大仕事にそなえて
ゆっくり過ごさせてあげましょう。

早ければ数時間ほどで肛門部分が膨らみ、
いよいよ出産が始まります。

ちなみにグッピーは
周囲が静かな夜中~明け方にかけて
出産することが多いので、

いつもより少し夜ふかししてみると
出産の瞬間に立ち会えるかもしれません。

⇒グッピーの出産の兆候!直前になると見せるサインとは?

グッピーの出産の兆候については、
こちらの記事でも詳しく解説しています。

グッピーの出産にはどれくらい時間がかかる?


出典:http://aquana.jp

グッピーのお母さんのお腹には
たくさんの赤ちゃんがいるので、
出産時間も卵を産む魚よりも長め。

通常1~5分おきに1~5匹ほど、
5~6時間をかけて出産します。

健康で経験豊富なお母さんであれば
1~2時間ほどの短時間で終えることも
少なくありませんが、

初産だったり健康状態が良くないと
スムーズに産むことができずに、
半日以上にも及ぶ難産になる場合も。

また、中には周囲が騒がしかったり
飼育者さんに見られていると、
なかなか出産できない・・・という
デリケートなお母さんもいるようです。

出産に時間がかかると
母子ともに体力を消耗してしまい
産後のトラブルが起こりやすくなるため、

出産時はできるだけ
ストレスのかからない環境
用意してあげてくださいね。

グッピーの出産の周期!産みやすい時期はある?


出典:http://aquana.jp

先ほど少し触れましたが、
グッピーは1回の受精で
2~3回出産することができます。

出産周期は個体差がありますが、
だいたい25~30日前後

つまり、オスがいなくても
3ヶ月程度の期間は毎月のように
赤ちゃんを産むということです。

この周期を覚えておく
出産のタイミングを掴みやすくなるので、
隔離ケースや赤ちゃんようの餌などの
準備がスムーズに行えるようになりますよ。

また、グッピーには
季節的な繁殖期というものがありません。

健康なオスとメスがいれば、
年中いつでも繁殖させることが可能です。

⇒グッピーの出産の周期!時期や回数に伴うサイクルとは?

グッピーの出産周期に関しては
こちらの記事で詳しく解説していますので、
ぜひ併せてご覧ください。


まとめ


出典:http://aquaforest.tokyo

今回の記事では、
グッピーの繁殖に関する知識を
ご紹介してまいりました。

グッピーは他の多くの熱帯魚とは違い
「卵ではなく直接稚魚を産む」という
面白い特徴がありました。

こうしてお魚の姿形をして産まれるため
卵が他魚に捕食される心配がないことから、

グッピーの赤ちゃんの生存率は
他の熱帯魚の稚魚よりも高い
言われています。

そのぶん繁殖がうまくいけば
出産のたびに爆発的に増えていくので、
繁殖は計画的に行うようにしましょうね!


4.グッピー



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ