メダカが卵を食べるのはどうして?原因&対策方法はある?

メダカの産卵期によく起こるのが、
”せっかく産まれた卵が
成魚に食べられてしまう”という事件。

自分で卵を孵化させて
飼育数を増やしたいと考えている方は、
かなりお困りなのではないかと思います。

メダカが卵を食べてしまうのは
一体なぜなのでしょうか。

自分の仲間を食べるだなんて
人間からすれば少々残酷にも思えますが、
実はメダカなりの理由もあるのです。

そこで今回の記事では、
メダカに卵を食べられてしまう原因や
食べられないようにするための対策方法
ご紹介したいと思います。

いつも卵を食べられてしまって
孵化させられないという人は、
ぜひ参考にしてみてくださいね!


メダカが卵を食べるのはどうしてなの?原因はある?

helmieさん(@kimi_0605)がシェアした投稿

それではまず最初に、
メダカが卵を食べるのはなぜなのか
考えてみましょう。

メダカは卵を発見すると
必ずと言っていいほど捕食します。

とはいえ、メダカ自身が卵を好んで
食べているというわけではないでしょう。

好き好んで食べているというなら、
メダカはとっくに絶滅しているはずです。

では、なぜ卵を食べるのかというと、
それは「お腹が空いているから」です。

満腹だったり他に食べられるものがあれば、
わざわざ卵を食べたりはしません。

しかし、繁殖期は特に
エネルギーの消費量が多いので、
普段の餌の量では物足りないのです。

そんな時、野生や屋外飼育のメダカなら
水中にいるプランクトンや小さな昆虫などを
食べることもできるでしょう。

ところが、室内水槽の場合は
プランクトンも少なく昆虫もいないので、
人間からもらう餌を待つしかありません。

そこでつい卵をパクッとやってしまう・・・
というわけなのです。

メダカが卵を食べる!対策方法は?

m_kazuさん(@next.m.11)がシェアした投稿

メダカが卵を食べるのは、
「空腹」という何とも単純な理由からでした。

しかし、犬や猫などのように
「食べちゃダメ!」などと注意をしても、
メダカには通じません。

そのため、卵を孵化させたいという場合には
食べられないようにするための対策
必要になってきます。

具体的な方法として
今回ご紹介するのは次の2つです。

  • 卵を別容器に隔離する
  • 産卵床を作る

では、それぞれについて
詳しく説明していきますね。

卵を別容器に隔離する

卵を食べられないようにするには、
産卵が終わったらなるべく早い段階で採卵し、
卵を別容器に隔離するのがもっとも確実です。

そもそも同じ水槽の中にいないのですから、
食べられることは絶対にありません。

ただし、産卵したのを見逃してしまうと
「採卵する前に全部食べられた・・・」
なんてことにもなりかねませんので、

卵でお腹が膨らんでいるメダカがいたら
注意深く観察しておくと良いでしょう。

⇒メダカの卵は隔離したほうがいいの?タイミングと方法をご紹介!

卵を隔離するタイミングや手順などは
こちらの記事で詳しく解説しています。

食べられにくい産卵床を作る

1つでも多くの卵を残すためには、
なるべく早く採卵を行わなくてはなりません。

とはいえ、メダカの産卵を
一日中見張っているというのは
ちょっと難しいですよね。

そんな時に、あると便利なのが
水草などの産卵床です。

メダカには、卵を水草につけるようにして
産卵する習性があります。

そうすることで卵が水草の陰となり、
外敵に見つかりにくくなるからです。

家庭でも水槽の中に水草を入れておくと
大体のメダカはそこに卵を産みますから、
水草の葉や根が目隠しとなって
成魚から卵を守ってくれます。

とはいえ、
卵が産み付けられた場所によっては
あっさり成魚に発見されることもあるので、
のんびり構えてはいられません。

水草に卵がついているのを発見したら、
なるべく早く採卵するようにしましょう。

ホテイアオイのような浮草を産卵床にすると
水草ごと卵を回収できるので便利です。


メダカが卵を産む数は1回でどれくらい?

魚は一度の産卵で複数の卵を産みますが、
その数は種類によって異なります。

いくつか例を挙げてみましょうか。

  • マンボウ・・・2億~3億個(!)
  • マグロ・・・1000万~4000個
  • サケ・・・2000~3000個

かなり多いですよね。

中でもマンボウの産卵数には驚きです。

では、メダカはどうかというと、
一回に産む卵の数は10~30個です。

上記の魚たちと比べれば
だいぶ少ないと感じるでしょう。

しかし、メダカの場合は
産卵を行う回数が多いです。

栄養状態が良く健康な個体だと、
産卵期には毎日のように卵を産みます。

メダカの産卵期は4~9月頃まで。

この期間中に毎日産卵を行ったとしたら、
1シーズンに産まれる卵の数は
1000個以上ということになります。

体はとても小さなメダカですが、
実はとても繁殖力が強いんですよ。

卵を食べられずに
うまく孵化させられるようになれば、
数匹のメダカを大家族にすることも
夢ではありません。

メダカは稚魚も食べるって本当なの?

うちさぶろうさん(@uchisaburo)がシェアした投稿

実は、メダカの成魚が食べるのは
卵だけではありません。

産まれたばかりの小さな稚魚も、
目の前を泳いでいれば
パクっとやってしまいます。

いわゆる「共食い」ですね。

この瞬間を目にしてしまった飼育者さんは
思わず叫びたくなるかもしれません・・・。

とはいえ、先ほどお話したように、
メダカも悪気があって
稚魚を食べているわけではないのです。

「お腹が空いている時に
たまたま目の前に稚魚がいたから
つい食べてしまった・・・」というのが
彼らの本音でしょう。

したがって、稚魚がある程度成長するまでは
卵の時と同じように親から隔離した状態で
育ててあげる必要があります。

水槽デビューができるのは
孵化からおよそ一ヶ月半後。

その頃には
成魚の半分くらいの大きさになるので、
食べられる心配もなくなりますよ。


メダカが卵を産む時間帯は決まっている?

Lisaさん(@l_koiso)がシェアした投稿

メダカが産卵を行う時間帯は
だいたい決まっていて、
早朝のうちに卵を産む傾向
多くの個体に見られます。

確実に採卵したいのであれば、
この習性を利用しない手はないでしょう。

メダカのお腹が卵で膨らんできたら、
いつもより少しだけ早起きして
メダカの様子を観察していると、
産卵に立ち会える可能性が高くなります。

ここですみやかに採卵を行ってしまえば、
他のメダカに食べられることはありません。

「早起きは苦手・・・」という方は、
ライトなどの人工の光を使って
産卵時間を調整することも可能です。

メダカは日照時間によって
産卵のタイミングを察知しており、
日照時間が12~13時間になると
産卵行動のスイッチが入るといいます。

したがって、夜間でも
太陽の代わりにライトを当て続けると、
メダカが「そろそろ卵を産む時間かな」と
思ってくれるのです。

逆に「今は産卵してほしくない」という時は
水槽の周りを遮光しておくと良いでしょう。

まとめ

shiba_tanさん(@shiba_tan0716)がシェアした投稿

今回は、メダカに卵を食べられる原因や
食べられないための対策方法について
ご紹介してまいりました。

メダカは基本的に雑食なので、
口に入るサイズのものならば
何でも食べてしまいます。

特に繁殖期はエネルギー消費が激しく
食欲も旺盛になっていますから、
普段の餌の量では物足りないのでしょう。

そこでつい卵を食べてしまうわけですが、
それはたまたま近くに卵があったからで、
無ければ食べることはありません。

したがって、
卵を食べられないようにするには
メダカが産卵を終えたらすぐに採卵して
別容器に隔離するのがいちばんです。

⇒メダカの卵の取り方!うまく採取するための3つのコツとは?

採卵を初めて行う方には、
こちらの記事もお役に立てると思います。

メダカの産卵と人間の都合を合わせるのは
なかなか難しいかもしれませんが、
ぜひ頑張ってみてくださいね!


生態病気・対処法



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ