熱帯魚の水槽に酸素を入れるエアーポンプでエアレーションは必要?

熱帯魚を飼育する上で、
水槽に酸素を入れるエアーポンプでの
エアレーションを設置するのか
どうか悩む方は多いと思います。

設置をしなくても、
一見問題なさそうですが、
本当に大丈夫か不安ですよね。

そこで今回は、熱帯魚の水槽に酸素を入れる
エアレーションは必要かどうかを解説します。

必要な場合とそうでない場合、
設置した場合のメリットなどを
詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみて下さい。


熱帯魚の水槽に酸素を入れるエアレーションって必要なの?

熱帯魚の水槽にエアレーションが
必要な場合と、いらない場合は
それぞれどんな状況なのかご紹介します。

ご自身の水槽の状況と
照らし合わせてみて下さいね。

熱帯魚の水槽にエアレーションが必要な場合

まず、魚がたくさん入ってる水槽の場合は
エアレーションを設置した方がいいでしょう。

たくさんの魚がいると、それだけで
酸素の消費量が多くなります。

最悪の場合、酸欠になることもあるので
エアレーションを設置して、酸欠に
なるのを防ぎましょう。

また、酸素が不足すると、
バクテリアの活性が落ちてしまいます。

バクテリアの活性が落ちてしまえば、
有害物質の分解能力が落ちてしまいます。

魚の数がが多ければ、
排泄物の量も増え、より水質が
悪化しやすくなるので注意が必要です。

また、意外に思うかもしれませんが、
水草を沢山植えてある場合は
エアレーションが必要です。

水草は、日中は光合成をすることで
酸素を作り出していますが、夜間は
魚などと同じように呼吸をします。

すると、夜間だけ水槽内の酸素消費量が増え、
酸素不足に陥ってしまいます。

かといって、エアレーションをすると、
昼間の間に光合成に必要な二酸化炭素量を
減らしてしまうので、夜間だけ
エアレーションをするのがおすすめです。

こちらの動画ではエアレーション用の
様々なエアストーンを紹介しています。

ぜひ参考に見てみて下さい。

熱帯魚の水槽にエアレーションがいらない場合

まず、それほど魚が入ってない水槽は
酸素消費量が少ないので、
酸素不足も起こりにくいです。

また、上部フィルターや、
外掛け式フィルターを使用している場合は、
フィルターから水が落下する際に、
空気を巻き込むので、
酸素不足が起こりにくくなります。

飼育している魚の数が少なく、
上部フィルターや外掛け式フィルターを
使用している場合は、
エアレーションをしなくても
大丈夫なことが多いでしょう。

しかし、魚たちの様子を観察して、
必要であれば設置しましょう。

いつでも設置できるように、
1台用意をしておくと良いですね。


熱帯魚の水槽に酸素を入れるエアレーションのメリット

熱帯魚の水槽に、エアレーションを入れると
実際に、どんなメリットがあるのでしょうか。

3つのメリットをご紹介しますので、
ご自宅の水槽にエアレーションを
入れるのかどうかの参考にしてみて下さい。

酸素濃度を上昇させる

熱帯魚の水槽に、エアレーションをすると
水槽内に空気を溶け込ませることができるので、
酸素濃度を上昇させることができます。

酸素濃度が上昇することで、
魚の酸欠を防ぐことができます。

酸素濃度が上がることで、
より沢山の数の熱帯魚を
水槽に入れることができます。

反対に、二酸化炭素の量が減るので、
水草を栽培している場合は注意が必要です。

バクテリアを活性化させる

魚を飼育する上で、有害物質を分解してくれる
バクテリアの働きは非常に重要となります。

バクテリアは非常に酸素を好むため、
水槽にエアレーションをして
酸素濃度が上がることで、活性化します。

バクテリアが活性化すれば、
水槽内の有害物質が分解されやすくなり
水質の維持に繋がります。

水質が維持されることで、
魚も病気になりにくくなり、
健康も維持しやすくなります。

水槽内の水質をきれいに保つ

上記でご紹介したように、
バクテリアが活性化することで
水槽の水質がきれいになります。

また、エアレーションをすると、
水槽内に水流が生じます。

水槽内に水が淀んだ場所があると、
その部分にゴミや糞などが溜まり、
腐ったり、雑菌が繁殖してしまいます。

エアレーションによって水流が発生すると
そう言った水が淀んだ場所を
解消することができます。

淀んだ場所が解消されることで、
ゴミの滞留や、雑菌が繁殖することを
抑えることができます。

その結果、さらに水槽内の水質を
きれいに保つことに繋がります。

熱帯魚の水槽の水換えを不要に!?ソイル&微生物できれいに保つ!

こちらの記事では、
水換えを不要にするシステムや、
水換えの間隔を延ばすコツをご紹介しています。

ぜひ併せて読んでみて下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エアレーションにを設置することで、
熱帯魚を健康に飼うための
メリットが沢山あります。

必ずしも必要な設備ではありませんが、
余裕があればぜひ設置したいですね。

熱帯魚を健康に飼うことができれば
熱帯魚の飼育がより楽しくなりますよ。

熱帯魚の水槽のフィルター掃除の時期と3ステップでできる掃除手順!

こちらの記事では、水槽のフィルター掃除に
ついて詳しく解説しています。

ぜひチェックしてみて下さい。


飼育用品



のべじをフォローする
お魚さんといっしょ