プラティの稚魚の育て方!温度や水換えのタイミングは?

プラティの飼育に慣れてくると、
「次は繁殖に挑戦してみたい!」と
考えている方も多いでしょう。

プラティは繁殖力がとても強いので、
オスとメスを同じ水槽で飼っていれば
いつの間にか稚魚が産まれていることも
少なくありません。

しかし、プラティは
親魚が子育てをするわけではないので、
稚魚を育てるのは飼い主さん自身

つまり、稚魚が産まれてからが
プラティの繁殖の本番です。

水温管理や水換えなどの日々のお世話を
適切な方法でしっかり行って、
稚魚が順調に成長していける環境を
整えてあげましょう。

そこで今回の記事では、
プラティの稚魚の育て方の基本について
解説していきたいと思います。

これから稚魚の育成に挑戦する方は
ぜひ参考にしてみてください!


プラティの稚魚の育て方!知っておきたい5つの基礎知識


出典:https://www.suiso-ya.com

プラティの稚魚を飼育するうえで
意識したいポイントは次の5つです。

  1. 温度
  2. 水換え
  3. 水流
  4. ろ過
  5. 病気

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.温度

どんな生き物でもそうですが、
産まれたばかりの赤ちゃんの体は
とてもデリケート。

プラティも稚魚期は病気になりやすいので、
予防のために水温は少し高めの
27℃前後を保つようにしましょう。

気温が低下する真冬だけでなく
春や秋のような寒暖差の大きい時期には
ヒーターを使って調整してください。

2.水換え

稚魚期は水質の変化に敏感なため、
頻繁に水換えを行うのは
良くありません。

とはいえ、何もしなければ
飼育水は汚れていく一方。

水質が悪化すると水カビ病などの
怖い病気が
蔓延する
恐れがあるため、

スポイトなどを使って
餌の残骸や排泄物をこまめに取り除き、
水をきれいに保つようにしてください。

どうしても汚れが気になるという時は
全体の1/5程度の換水を行いましょう。


3.水流

稚魚は体が小さいうえに
泳ぎもあまり上手ではありません。

そのため、水槽内に強い水流があると
流れにのみ込まれて体力を消耗し
弱ってしまいます。

フィルターやエアーポンプの水流は
できるだけ抑えるようにしましょう。

4.ろ過

飼育水をきれいに保つためには
ろ過フィルターの設置が不可欠ですが、

まだ体の小さな稚魚のうちは
吸水口に吸い込まれてしまう事故
よくあるので注意が必要です。

吸い込まれ対策としては、

  • 吸水口をスポンジタイプに変更する
  • 吸水口を底砂に埋める
  • 吸水口に網状のものを被せる
    (ストッキングの切れ端など)

などの方法が知られています。

5.病気

稚魚期に注意したい病気のひとつに
「ハリ病」があります。

発症した個体は各ヒレを閉じて
その名のとおり針のように細くなり、

うまく泳げないために餌を十分に食べられず
やがて衰弱していきます。

治療は非常に難しく、
薬浴や塩浴などを行っても
助からないケースも多いようです。

現時点では原因はわかっていませんが、
水質悪化や栄養不足によって発症する
可能性が高いと言われていますので、

飼育水の汚れをこまめに取り除き、
栄養価の高い餌を十分に与えることが
予防になるでしょう。


プラティの稚魚を隔離する方法は?


出典:http://aquaforest.tokyo

プラティの稚魚は卵からではなく
親魚のお腹から直接産まれてくるため、

他の魚種のように
”卵を親魚に食べられる”といった
心配はありません。

しかし、産まれたばかり稚魚の
体長はたったの5mmほど。

親魚や他の混泳魚と一緒に泳がせると
餌と間違えられて捕食されたり、
体をつつかれたりして
多くの稚魚が死んでしまいます。

確実に数を増やしたい場合は、
稚魚が成魚の口に入らない大きさになるまで
別の容器に隔離して飼育しましょう。

プラティは一度の出産で
たくさん稚魚を産むので、

稚魚を1匹ずつ捕まえて
隔離用の容器に移動するよりも、

親魚を隔離箱の中で出産させて
すべて産み終わったら
親魚だけを本水槽に戻す方が簡単です。

⇒プラティの稚魚!隔離しないと死ぬって本当?

なお、こちらの記事では
親魚を隔離するタイミングや
容器の選び方などを解説していますので、
ぜひ併せてご覧ください。


プラティの稚魚が増えすぎる!これって大丈夫?


出典:http://aquana.jp

実はプラティは
”放っておいても増える”と言われるほど
繁殖力が強いことで知られています。

メスが1回の出産で産む
稚魚の数は少ない時で10匹前後

出産の回数を重ねるにつれて
数が増える傾向があり、

経験豊富なメスになると
一度に30~50匹くらい
産むことも珍しくありません。

こちらのYouTube動画では
3回目の出産で誕生した
稚魚たちの様子を紹介しています。

正確な数はわかりませんが、
30匹前後はいるように見えますよね。

さらに、プラティのメスの体内には
オスの精子を保存する器官があり、
1回の受精で3~4回出産します。

出産のサイクルは約25~30日。

つまりプラティは
オスとメスのペアが1組いるだけで
1ヶ月で30匹、2ヶ月で60匹・・・と
爆発的に増える可能性があるのです。

どんどん増えていく様子を見ているのは、
最初のうちは楽しく感じることでしょう。

しかし、過密状態になった水槽は
プラティたちにとって
決して良い環境とはいえませんよね。

ある程度の数まで増やしたら、
あとは稚魚を隔離しないで
成魚と一緒に育てるのも一つの手。

食べられてしまう稚魚も出てきますが、
そのぶん増えすぎることはありません。

繁殖は自分の水槽環境に合わせて
計画的に行うようにしましょう!

まとめ


出典:http://aquaforest.tokyo

今回の記事では、
プラティの稚魚の育て方の基本について
解説してまいりました。

稚魚を大きく立派に育てるためには、
適切な水温・水質を保つことと
水槽内の安全管理を徹底すること
大切です。

ただし、稚魚を守ろうとすればするほど
数はどんどん増えていくということも
忘れないでくださいね。

過密飼育はプラティたちにとって
好ましい環境とは言えません。

自分の水槽環境で飼育できる範囲
繁殖を楽しんでいきましょう。

⇒プラティの繁殖のコツは?時期や色について解説

なお、こちらの記事では
プラティを繁殖させるコツについて
詳しく解説しています。

初めて繁殖に挑戦する皆さんは
ぜひ併せてご覧ください。


 

7.プラティ



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ