綺麗な熱帯魚ランキング!美しい人気のオススメ10選!

熱帯魚は亜熱帯や南アフリカなど、
暖かい地域に生息しており、
種類や大きさも様々ですが、
熱帯魚の中でも美しい種類は、
見ているだけでも癒されますよね。

でもいざ熱帯魚を飼おうと思ったとき、
種類が多くてどれを飼おうか
迷ってしまいがち。

そこで今回はどんな熱帯魚がいるのか、
たくさんの熱帯魚の中でも、
綺麗で人気のある種類から、
淡水魚と海水魚をそれぞれ
ランキング形式で紹介します。

この記事を読めば、
飼いたい熱帯魚がきっと見つかりますよ。


綺麗な熱帯魚ランキング【淡水編】


熱帯魚には川や湖など、
淡水で生息している種類と、
海水で生息している種類
がいます。

まずは淡水で生活している熱帯魚の中でも、
綺麗で人気のある種類を紹介していきましょう。

①ブルーグラス(グッピー)


初心者にも飼いやすく、
熱帯魚としてもおなじみのグッピー。

カラフルな色の種類がいるグッピーですが、
その中でも背中から尾ヒレまで青色なのが、
ブルーグラスと呼ばれる種類
になります。

ブルーグラスは綺麗な青色が特徴ですが、
青色の個体が生まれる確率は少なく、
発色がいいものは1匹で数万円単位で
取引されるほどです。

飼育や繁殖は用意で、
熱帯魚飼育の入門としてもおすすめです。

②ダイヤモンドネオンテトラ


小型の熱帯魚で群れで泳ぐ姿が美しい
ネオンテトラですが、
青く光る部分がシルバー色になったのが
このダイヤモンドネオンテトラです。

青色のネオンテトラと違って、
落ち着いた中にも優雅さが漂い、
群れで泳ぐ姿はキラキラと光る
ダイヤモンドのようです。

水質にもそこまでうるさくなく、
初心者にも飼いやすい熱帯魚ですが、
他の魚のヒレを齧ってしまうことがあるので、
注意が必要です。

③ミッキーマウスプラティ


プラティはメダカ目に属した熱帯魚で、
ビオトープのお供としておなじみの
メダカと同じ仲間でもあります。

その中でも、尾の付け根から尾ヒレにかけて
ミッキーマウスのような模様が見られるのが、
ミッキーマウスプラティです。

飼育も簡単な部類に入り、
繁殖も用意に行えます。

少々気性が荒い面があるため、プラティ同士で
ケンカしてしまうこともあります。

そういった場合は、
水草や隠れ家などを設置するなど、
追われても逃げれられる環境を
作ってあげましょう。

④ショーベタ


ベタはタイのメコン川に生息する熱帯魚で、
その気性の荒さから「闘魚」として
賭け事に使われてきました。

そのベタを品種改良して観賞用にしたのが、
ショーベタと呼ばれる種類です。

ショーベタには王冠のような
ヒレをもつクラウンテールや、
大きなゾウの耳のようなヒレを持つダンボなど、
様々な種類がいます。

ベタは他の魚にはない特殊な器官、
「ラビリンス器官」を持ち、
肺で呼吸をする不思議な魚でもあります。

闘争心が強く、単独飼いが基本です。

⑤エンゼルフィッシュ


エンゼルフィッシュはグッピーとならんで
熱帯魚として知名度が高く、
ほとんどのアクアショップで販売されている
ポピュラーな魚です。

肉食性なので、
小さい魚やエビなどとの混泳は難しく、
泳ぐ階層の違うコリドラスやローチなどとの
混泳がおすすめです。

⑥グラミー


細長いアンテナのような腹ビレが特徴的な
グラミーは、東南アジア原産の熱帯魚です。

ベタと同じ「ラビリンス器官」で酸素が少ない水でも、
空気中から酸素を吸うことが可能です。

性格は比較的温和なので、
グラミーと同じ大きさの魚なら、
混泳させることも可能です。

⑦クラウンローチ


クラウンローチは、
日本にも生息しているドジョウの仲間で、
東南アジアに生息している熱帯魚です。

平均寿命は15年程と長生きで、
長い期間楽しむことができます。

日本のドジョウと同じ水槽の底に暮らすので、
食べ残しやフンなど、こまめに掃除をしないと
病気になってしまうことも
あります。

クラウンローチは、
その寝姿がユニークなことでも有名です。

YouTubeでクラウンローチの
寝姿を撮影した動画を見つけたので、
ぜひそのユニークな姿を見てみてください。

はじめてクラウンローチの寝姿を見た人は、
死んでしまったのかと驚いてしまいますが、
クラウンローチは快適に眠っているようです。


綺麗な熱帯魚ランキング【海水編】


続いては暖かい海に生息する、
海水の熱帯魚を紹介します。

水族館で見るような綺麗な熱帯魚を
自宅の水槽で飼ってみてはいかがでしょうか。

⑧ルリスズメダイ

#慶良間 #座間味 #ルリスズメダイ #スキューバダイビング #水中写真 #eos6d

生越峰男さん(@ogo58)がシェアした投稿 –


全身が綺麗な青色なのが特徴
ルリスズメダイ。

海水の熱帯魚のなかでも
一般的な海水熱帯魚の部類に入り、
ほとんどのアクアショップで
見かけることができます。

またルリスズメダイは比較的丈夫で、
病気にもなりにくい
ため、
初心者の海水魚飼育の入門としても
おすすめです。

⑨イエローコリス


イエローコリスはインドネシアなど、
西部太平洋に生息している、
全身が黄色い海水魚です。

同じ大きさでしたら、他種との混泳も可能。

眠るときは砂に潜る性質があるので、
水槽には底砂を敷くようにしましょう。

⑩ハタタテハゼ


ハタタテハゼは、その名の通り
旗をたてたような立派な背びれ
名前の由来でもある、海水の熱帯魚です。

白から赤のグラデーションの体が美しく、
成長しても最大6cm程なので、
小型の水槽でも飼育が可能です。

病気にも比較的強く初心者向きですが、
臆病な性格なので、
性格が強い種類と混泳させると、
陰に隠れて出てこなくなる
ことも。

混泳させる場合は、
同じ温和な性格の種類と
混泳させるようにしましょう。

こちらの記事では、
小型の人気熱帯魚を
写真付きで紹介しています。
⇒熱帯魚の種類!小型で人気のおすすめを一覧で紹介【写真付き】

まとめ

今回は泳ぐ姿も美しい、
綺麗な熱帯魚
を紹介しました。

熱帯魚は淡水魚も海水魚も
綺麗な種類が多く、
見ているだけでも癒されるかわいい観賞魚です。

また手軽に飼える熱帯魚としてベタがいますが、
種類によってヒレかたちが違うなど、
それぞれ特徴があります。

こちらの記事で詳しく紹介しているので、
チェックしてみてくださいね。
⇒熱帯魚ベタの種類一覧!飼い方で気をつけたい3つの注意点

今回ご紹介した熱帯魚たちは、
ほんの一部ですが、
比較的初心者でも飼いやすい
種類
を紹介していますので、

まずは紹介した熱帯魚から
飼育をはじめてみてはいかがでしょうか。


ランキング



藤岡 ゆきこをフォローする
お魚さんといっしょ