クラゲの打ち上げ!地震との因果関係&予兆について

ニュースやネット上でたまに見聞きする、
クジラの打ち上げに関するニュース。

そして、クジラが打ち上げられるのは
地震の前兆と言う噂。

本当に関係があるのかどうか
気になる方も多いと思います。

そこで今回は、クジラの打ち上げと
地震との因果関係についてご紹介します。

クジラがなぜ打ち上げられるのか、
本当に地震の前兆なのか、
詳しく解説していきます。


クジラの打ち上げは地震と関係がある?

昔からクジラが打ち上げられると、
地震が起きると言い伝えがありますが、
実際の所どうなのでしょうか。

まず、なぜクジラの打ち上げと
地震が関係あると言われているのか。

クジラはエコーロケーションといって、
超音波を発し、音波の反射を頼りに、

方向や海底の地形を判断していると考えられています。

しかし、地震が発生する直前には、
地場の乱れや地響きなどの音の発生し、
それによって、クジラが正常な
方向感覚を失ってしまい、海岸に
打ち上げられてしまうと言う仮説があります。

しかし、最新の研究発表では
両者に因果関係はないと考えられています。

クジラが打ち上げられた直後に、
その近辺で大きな地震が発生したのかを
調査した結果、有意義な
因果関係は見られなかったそうです。

実は、クジラの打ち上げは
ニュースにはなっていなくても、
日本だけで年間100回以上、
実に3、4日に1回起きている事なのです。

M.5以上の地震も月に
平均1回以上起きていますし、
さらに小さな地震を含めると、1日に
何回も起こっています。

そのため、たまたまの偶然が重なり、
クジラの打ち上げの直後に大きな地震が起き
そのように言い伝えられているのではないかと
考えられています。

もちろん、反対派の研究者の方々もいます。

しかし、クジラが打ち上げられる事は、
通常の自然現象であるため、
必要以上に怖がる必要はないでしょう。


クジラが打ち上げられる理由は?

それでは、なぜクジラが
海岸に打ち上げられるのでしょうか?

クジラについては、まだまだ研究が
未解明な部分が多く、打ち上げられる
原因もはっきりと分っていません。

  • 餌を追っているうちに浅瀬に迷い込んでしまう。
  • サメやシャチなどの外敵に襲われ、逃げているうちに
    浅瀬に迷い込んでしまう。
  • 潮流の変化や地場の乱れなどによって、方向感覚を
    失い、浅瀬に迷い込む。
  • 潜水艦や船舶などの人工的な震動や音によって
    驚き、浅瀬に迷い込む。
  • 寄生虫に冒され、正常な判断ができなくなり
    浅瀬に迷い込む。
  • 病気やケガで思うように泳げなくなり、
    浅瀬に打ち上げられてします。

主な原因に、以上のようなものが考えられます。

研究者によってさらに別の原因を指摘しますが、
基本的には、何らかの要因が有り、
浅瀬に迷い込んでしまう事が
原因と考えられます。

泳ぐことのできるイルカが
打ち上げられてしまうのは、
何か特別な力が働いたのかのように
感じてしまいますが、私達が病気や
ケガをしたり、事故に遭ってしまうように
打ち上げられてしまうのではないでしょうか。

クジラの打ち上げは不吉なサイン?

クジラが打ち上がると、
大地震が起こるのではないかと
不吉な予感がする方も多いと思います。

しかし、先ほど説明したとおり、
クジラの打ち上げと地震には
因果関係がありませんので、
むやみに不吉に感じる必要はありません。

また、生き物が1度に沢山死んでしまうと、
不吉に感じる方も多いと思います。

しかし、不吉に感じるのは、
あくまでその人その人の感覚です。

もちろん、中にはその感覚が
当たる人もいるでしょう。

クジラが打ち上げられたからといって、
怖がる必要は何もありません。

こちらでは、クジラの打ち上げの原因について
さらに詳しく解説しています。

クジラの打ち上げの原因!年間でどれくらい見つかるの?

どれくらいの頻度でおこるのか、
実際にあった事件も交えて紹介していますので、
ぜひ読んでみて下さい。


クジラの打ち上げで爆発が起きた?

クジラが砂浜に打ち上げられ、
死んでしまうと、徐々に
腐敗が始まっていきます。

初期の段階で、解体なり解剖をし
死体が処理されれば問題ありません。

しかし、すぐに処理ができない場合、
さらに腐敗が進んでいきます。

腐敗が進むと、クジラの体の内部に
メタンガスなどが発生し蓄積されていきます。

そして、クジラの体が膨張し、
耐えられなくなると爆発が起こります。

この爆発は、あくまで破裂であり、
燃焼が起きるわけではありません。

また、海で死んでしまったクジラが
海岸に流れ着いて打ち上げられた場合、
すでに腐敗が進んでいる可能性があります。

その場合、たとえ打ち上げられた
直後であっても、爆発してしまう
危険が高い可能性があります。

そのため、海で打ち上げられたクジラに
遭遇しても、むやみにクジラに
近づかない方が安全です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

クジラと地震には因果関係が
証明されていないことが分りました。

そのため、ニュースなどで
クジラの打ち上げが報じられても、
むやみに怖がる必要はありません。

今後、さらに調査研究が進み、
打ち上げの原因解明されることを
期待したいですね。

こちらの記事では、
クジラの爆発について解説しています。

クジラの爆発はなぜ起こる?台湾で起こった悲劇とは?

実際に台湾やアメリカで起きた
実例も紹介していますので
ぜひ読んでみて下さい。

 

クジラ



のべじをフォローする
お魚さんといっしょ