アクアリウムの石!自分で採取した石を使ってレイアウトするには?

石を使った迫力満点のレイアウトは、
多くのアクアリストの憧れですが、
アクアリウム用の石をお店で購入すると
それなりの値段がしますよね。

中には握り拳くらいの大きさで
数千円するようなものもあり、
「かっこいいなぁ・・・」と思っても
なかなか手を出しにくかったりします。

そんな時、
「石ならそこらにたくさん落ちているし
拾ってくればいいんじゃないの?」
考える方もいらっしゃるでしょう。

もちろん良いアイディアではありますが、
川などで拾った石をそのまま水槽に投入すると
生体や水質に悪影響を及ぼすことがあるため、
使用する際には注意が必要です。

そこで今回の記事では、
自分で採取した石を水槽に入れる際に
行うべき処理や気を付けたいことなどを
解説していきたいと思います。

石を使ったレイアウトのコツなども
ご紹介していますので、
ぜひ参考にしてみてください。

[adsense1]

アクアリウムの石にはどんな種類があるの?


アクアリウム用の石には
実に様々な種類があり、
形状や色合い、質感などは
石によって違います

現在は多数のアクアメーカーが
個性的な石を販売していますが、

その中でも代表的な石の種類と
それぞれの特徴を
簡単にまとめてみました。

英石レイアウトによく用いられる。
水草や流木とも相性が良い。
溶岩石溶岩が冷え固まってできた石。
水質浄化の作用を持つ。
気孔石表面に無数の凹凸を持つ。
単体でも存在感抜群。
木化石木が石化してできた石。
年輪などが見られるものもある。
青華石独特の冷暗色と
ゴツゴツした質感が特徴。

道端や河川敷などの身近なところでは
なかなか見かけないような
石ばかりですね・・・。

⇒アクアリウムの石!レイアウトにおすすめの種類9選【まとめ】
こちらの記事で
石の種類を写真付きで紹介しているので、
身近な石と見比べてみると良いでしょう。

また、お店で販売されている石は
どちらかというとゴツゴツしていますが、

川などに落ちている石は
水流によって角が取れ
丸みを帯びているものが多いです。

なので、険しい山肌のような
レイアウトを考えている場合は、
理想的な石を見つけにくいでしょう。

つまり筆者が何が言いたいのかというと、
「レイアウトに適した石を自分で見つけるのは
簡単なようで意外に難しい」ということです。

アクアリウムの石の処理!レイアウトする前に行うべきこととは?

とはいえ、
自分で川などから採取してきた石を組んで
素晴らしいレイアウトを作っている
アクアリストも実際に多くいます。

ただ、長い間自然下にあった石には
何が付着しているかわからないため、

水槽の中の生体に悪影響が及ばないよう
消毒・殺菌などの下処理を行って
安全に使用できる状態に
しなくてはなりません。

ここからは石の処理方法について
解説していきます。

①石をよく洗う

まず最初は、
ブラシなどで表面をゴシゴシ擦って
表面の汚れを洗い落としていきます。

先述したように、
長いこと自然下にあった石には
何が付着しているかわかりません。

私たち人間の目では確認できないような
有害物質や細菌などがついている
可能性もあるでしょう。

一見きれいに見える石でも、
洗ってみると水が茶色く濁ってきたりして
意外に汚れていることがわかると思います。

ただし、洗剤の使用は厳禁です。

大きなものだとちょっと大変ですが、
ブラシだけでしっかり擦ってくださいね。

②石を煮沸消毒する

表面がきれいになったら、
続いては煮沸消毒を行います。

海で拾ってきた石の場合は、
塩抜きの意味も兼ねるそうです。

煮込む時間は15~20分ほど、
石全体に熱が回っているようなら
十分でしょう。

煮沸後は天日干しをして
しっかり乾かしてください。

太陽光に含まれる紫外線には
殺菌効果があるので、
1日のうちで紫外線量がもっとも多くなる
10時~14時頃に行うのが効果的です。

アクアリウムに石を入れる時の注意点!水質が変わるって本当?

アクアリウムに石を入れる時に
注意するべきことがもう一つあります。

それは「石は種類に関わらず
飼育水のpH値と硬度を上昇させる」
という点です。

これは拾った石に限らず、
お店で購入した石でも同じです。

石を水の中に入れておくと、
やがて石に含まれるミネラル分が
水中に溶け出します。

この溶けだしたミネラル分が
水をアルカリ性の硬水に変えてしまうため、
飼育している生体や水草によっては
十分に気を付けなければなりません。

心配な方は、
使用したい石が飼育水に
どれくらい影響を与えるのかを
事前に調べておくと良いでしょう。

下処理を終えた石を水に浸けて
2~3日放置した後、
水質測定器具を使って測定します。


出典:https://www.shopping-charm.jp/

水質測定器はこちらの
マーフィード社のものが有名ですが、
より手軽な試験紙タイプなども
販売されています。

石を水槽に入れる時以外にも
様々な場面で使用するものなので、
持っておいても損はないですよ。

アクアリウムの石をうまくレイアウトするには?

石が安全に使用できる状態になったら、
レイアウトに挑戦してみましょう。

ここからは、
石を使ったレイアウトを成功させるための
コツなどをお話していきたいと思います。

アクアリウムのレイアウトには、
「凸型」「凹型」「三角型」の
3つの基本構図があります。

型にとらわれる必要はありませんが、
初心者さんは基本をもとにしたうえで
自分流のアレンジを加えていくほうが
納得のいくレイアウトができるでしょう。

それぞれのパターンの特徴を
簡単にまとめてみましたので、
参考にしてみてください。

①凸型水槽内の中央に石を配置する。
ダイナミックなレイアウトだが、
左右の空間をうまく生かすのが
難しい。
②凹型中央に空間を作るようにして
石を配置する。
左右にボリュームを持たせることで
奥行きを表現することができるため、
初心者でも成功しやすい。
③三角型石を左右どちらかに寄せて
スロープ状に配置する。
高低差をしっかりつけると
実際の奥行き以上の広がりを
演出できる。

いずれの構図も、
全体の重心を左右どちらかにずらす
より自然な雰囲気を演出することができます。

また、全体的な統一感を出すために
石の種類は一種類でまとめるのが
おすすめです。

⇒アクアリウムの石のレイアウト!固定の方法や組み方なども紹介
こちらの記事では
石の組み方や固定方法などを
詳しく解説しています。

石を使ったレイアウトに
初めて挑戦する方は
ぜひ併せてご覧ください。

アクアリウムの石を組む時は接着剤が必要?

せっかく素敵なレイアウトを組んでも、
グラグラと不安定な状態だと
何かの拍子に崩れてしまい
生体や水槽に被害が及ぶことも。

特に石を傾けたり
積み重ねたりしたところは
崩れやすいので、

接着剤を使って
しっかりと固定することを
おすすめします。

一般的な瞬間接着剤を
使用しているケースもありますが、

生体への影響を考えたら
アクアリウム用として販売されている
接着剤を使用したほうが安心でしょう。

乾燥時間や強度などは
各メーカーで異なるので、
色々比較して自分に合ったものを
選んでみてください。

⇒アクアリウムの石の接着剤!グルーガンを使うのがおすすめ?
アクアリウムで使用する
接着剤の種類については、
こちらの記事で詳しく解説しています。

まとめ


今回の記事では、
自分で採取した石を水槽に入れる際に
行うべき処理や気を付けたいことなどを
解説してまいりました。

石はそこら中あちこちに
落ちているものですが、

多くのアクアリストが憧れる
山岳レイアウトに使用するような
独特の質感を持った石を探すのは
意外に難しいかもしれません。

しかし、レイアウトの工夫次第では
オリジナリティ溢れる素敵な水景が
出来上がるはずです。

自分好みの石を拾ったら、
生体や水草に悪影響を及ぼさないように
下処理と水質の確認をきちんと行ったうえで
レイアウトに取り入れてみてください。

気に入った石が見つかると良いですね!

[adsense3]

アクアリウム用品



お魚さんといっしょ
タイトルとURLをコピーしました