金魚の酸素なしでも大丈夫?酸欠にならない飼育の仕方について!

金魚を飼おうとすると、
酸素はなしでも大丈夫なのか、
気になると思います。

酸素を出すエアレーションを
買うのにはお金もかかりますし、
できればないほうがいいですよね。

しかし、金魚にとってエアレーションは
不可欠ということもよく言いますし、
ほんとうに必要なのかどうかわからないと
どうしようもないと思います。

そこで今回は、金魚は酸素が
なくても大丈夫なのか、
酸欠にならないための
飼育法を見ていきたいと思います。


金魚のエアーポンプはなくても大丈夫なの?

金魚のエアーポンプは
なくても大丈夫なのでしょうか。

金魚の酸素供給のための
エアーポンプは必ず
必要ということではありません。

特になくても困らないと思います。

しかし、状況にもよります。

水温が高くなると酸素が
水中に溶け込みにくくなり
酸欠状態になります。

そのため、夏場などは期間限定的に
エアーポンプを導入することを
おすすめします。

金魚のエアーポンプの役目と必要性とは?

金魚のエアーポンプの役目と
必要性とは何なのでしょうか。

エアーポンプは酸素を
水中にたくさん入れてくれます。

更に、水を動かして
水流を作ってくれます。

この酸素を送ることの必要性は、
金魚が酸欠にならないためにも
とても重要となります。

また、水流を作ることも
とても重要で、水流を作ることで
水質の維持や、魚にとっても
循環が生まれることで
病気の対策にもなります。

金魚をエアーポンプなしでも酸欠にしない方法とは?

金魚をエアーポンプなしでも
酸欠にしない方法とは何なのでしょうか。

主に3つあるのでそれぞれ
見ていきたいと思います。

1.1匹当たりの水を多くする

金魚をエアーポンプなしでも
酸欠にしない方法の一つ目は、
1匹当たりの水を多くするということです。

水の量が多ければ多いほど
全体量として、水槽内の
酸素の量も増えます。

そのため、小さい水槽の中に
たくさんの金魚がいる
過密水槽の場合では、
1匹当たりの金魚への酸素の量が
減って酸欠になります。

2.水槽を気温差の少ない場所に置く

金魚をエアーポンプなしでも
酸欠にしない方法の二つ目は、
水槽を気温差の少ない場所に
置くということです。

水槽内の酸素は
気温差が激しくて、特に温度の
上昇率が高ければ高いほど
酸素の量が減ります。

そのため、気温差の激しい外や、
ヒーターを入れていない
ということがあると、どうしても
酸素の量が減ってしまい
金魚が酸欠になってしまいます。

そこで気温差の少ないところに
置くことで酸素の量が一定になり、
酸欠を防ぐことができます。


3.水草を入れる

金魚をエアーポンプなしでも
酸欠にしない方法の三つ目は、
水草を入れるということです。

水槽内の水草は光合成を行います。

光合成を行うことにより、
水槽内の二酸化炭素が減って、
酸素の量が増えます。

その光合成を行う水草の量を
増やすことで、
光合成の絶対量が増えます。

そうなると、水槽内の酸素の量が増えて、
酸欠の防止になります。

しかし金魚の水槽への水草の導入は
気を付けなければ
いけないことがあります。

金魚は水草を引っこ抜いてしまいます。

そのためしっかりと水草を植えることや
金魚と相性の悪い水草は入れないように
しなければなりません。

その金魚が水草を抜いてしまったら
どうなるか次の動画で
見ることができるので
参考にしてみてください!

金魚を酸欠にしないために注意するべきことは?

金魚を酸欠にしないために
注意すべきことは何なのでしょうか。

注意すべきことは、
金魚の数と水温です。

水槽内の金魚の数が多すぎると、
1匹当たりの酸素量が
少なくなり酸欠になりやすくなります。

そのため水槽内に多くの金魚を
入れないようにすることが
重要になってきます。

更に、水温もかなり
気を付けなければいけません。

水温が高いと、
酸素が水中に溶け込まなくなり、
金魚が酸欠になりやすくなります。

そのため夏場などは、
ファンやクーラーを利用するなどして、
水温が高くなりすぎないように
気を付けましょう。

まとめ

今回は金魚がエアーポンプなしでも
酸欠にしないのかどうかについて
みてきました。

金魚にとって酸素は
とても重要となります。

そのため、酸素が少なくなる条件下では
必ずエアーポンプを
使用するようにした方がいいです。

しかしどうしても酸素が少なくなり、
酸欠になってしまうときがあると思います。

その酸欠になったときは、
どうすればいいのか困ると思います。

その酸欠の応急処置については、
次の記事で詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒金魚の酸欠の応急処置とは?すぐに行って欲しい対処5つ!

金魚はとても簡単に
酸欠になってしまいます。

それくらい酸素はとても
金魚にとって重要になってくるので、
酸素の量は気にするようにしましょう。


生態飼い方



佐藤竜をフォローする
お魚さんといっしょ