グッピーの寿命には兆候がある?出産で変わるって本当?

カラフルな体色と
ヒラヒラの尾びれが魅力のグッピー。

見た目以上に丈夫で
飼いやすい熱帯魚ですが、
寿命はわずか1年前後

ショップで販売されている個体は
生後3ヶ月を過ぎた成魚が多いので、
一緒に過ごせる時間は
実際もっと短いのかもしれません・・・。

飼い主としては寂しいですが、
それでもお別れをする前には
ある程度心の準備をしておきたいですよね。

では、グッピーが寿命を迎える時には
何らかの兆候があるものなのでしょうか。

そこで今回の記事では、
寿命が近付いたグッピーに
あらわれる兆候について調べてみました。

1日でも長く一緒に過ごすために
私たち飼い主ができることについても
まとめていますので、
ぜひ参考にしてみてください。


グッピーの寿命の兆候!尾びれを見ればわかるって本当?


出典:http://aquaforest.tokyo

寿命が近くなったグッピーには、
以下のような兆候があらわれるといいます。

  • 体の色艶が悪くなる
  • ひれが切れる・割ける
  • 背が曲がる
  • 尾びれが垂れ下がる など

私たち人間と同じように、
グッピーも年を取ると体のあちこちに
衰えが見られるようになります。

まず、色鮮やかだった体色は
艶が失われてくすんだようになり、
全体的に薄くなってきます。

ひれにもハリがなくなり、
そのために切れて短くなったり
割けたりすることも。

治癒力も弱くなっているので、
この傷付いたひれが
元通りになることはありません。

さらに体の筋力が衰えたせいで、
自慢の大きな尾びれが垂れ下がり
背中が曲がってくる個体もいるようです。

ただ、こうした体の変化が
見られるからといって、
それが必ずしも老衰によるものとは
限りません

体色やヒレの異常は
病気の症状である可能性もあるので、
しっかりと見極める必要があります。

⇒グッピーの病気!尾びれやお腹にあらわれる症状を解説

なお、グッピーがかかりやすい病気の症状は
こちらの記事で詳しく解説していますので、
ぜひ参考にしてみてください。


グッピーの寿命は出産で変わるの?


出典:https://www.iwoya.com/

グッピーの寿命は
10ヶ月~1年ほどと言われていますが、

どちらかというと
オスよりもメスのほうが短い傾向が
あるようです。

これには”出産”が影響していると
考えられており、

グッピーのメスは
生後約3ヶ月で成熟期を迎え、
寿命までのおよそ半年の間で
2~4回も出産をします。

出産は体力を必要とする行為ですから、
それを短期間のうちに何度も繰り返すのは
体の小さなグッピーにとっては
相当大きな負担でしょう。

出産を終えて力尽きたかのように
元気がなくなるメスの個体がいますが、

こうなってしまうと
塩浴や薬浴を行っても思うように回復せず
やがて息絶えてしまうケースが多いようです。

自らに与えられた
”次の世代を残す”という使命を
まさに命がけで果たすとは
なんと健気なのでしょうか・・・。

助けてあげることができないのは
とても悲しいですが、
天寿を全うするその日まで
優しく見守ってあげたいですね。

グッピーの寿命は外国産と国産で違う?


出典:http://aquaforest.tokyo

さらにグッピーの寿命は
”国産”か”外国産”かによっても違いがあり、
一般的に国産グッピーのほうが
長生きしやすいと言われています。

というのも、外国産グッピーは
長距離輸送によるストレスで
体が弱っている個体が多く、

国産グッピーに比べて
病気にかかりやすい傾向があるのです。

ただ、お迎えした後は
飼育環境の影響によるところも
少なからずあるでしょうから、

適切な環境で飼育すれば
もともと病気の個体でない限りは
それなりに長生きさせることも
不可能ではないのかもしれません。


グッピーに長生きしてもらうには?寿命をのばす3つのコツ


出典:http://aquaforest.tokyo

他の熱帯魚に比べて短命なグッピーですが、
適切な環境で健康的に飼育することで
長生きしてくれる可能性も高くなります。

丈夫なグッピーが育つ
環境作りのポイントは次の3つ。

  1. 水質・水温の管理を徹底する
  2. 過密飼育を避ける
  3. 水流の強さに注意する

では、それぞれについて
詳しく見ていきましょう。

1.水質・水温の管理を徹底する

グッピーも私たち人間と同じで、
体が弱って免疫力が低下していると
病気にかかりやすくなります。

水質の悪化や極端な高水温・低水温は
グッピーを弱らせる原因になりますので、
日頃からしっかり管理しましょう。

グッピーは新しい水を好むので、
水換えは週に1回、1/3程度を目安に
行うのが望ましいとされています。

急激な水温変化が起こらないよう
水温合わせも忘れずに行ってくださいね。

最適な水温は
一般的な熱帯魚と同じ23~26℃。

気温の変化に応じて
ヒーターや冷却ファンを設置して
うまく調整していきましょう。

⇒グッピーの水温!ヒーターが必要なのは冬だけじゃない!?

なお、グッピー水槽の水温管理については
こちらの記事で詳しく解説していますので
ぜひ併せてご覧ください。

2.過密飼育は避ける

こちらの動画のグッピーたち、
半年でなんと200匹以上にまで
増えたのだそうです・・・!

グッピーは非常に繁殖力旺盛で、
卵胎生で稚魚の生存率も高いことから
放っておくとあっという間に数が増えて
水槽が過密状態になる可能性があります。

水槽の大きさに対して魚の数が多いと、
飼育水が汚れやすいうえに
グッピーたちにもストレスがかかるので
病気が発生しやすくなります。

水槽に泳がせるグッピーの数の目安は、
”水5Lに対してグッピー1匹”

たとえば45cm規格水槽(水量32L)なら
飼育数は5~6匹前後が適当です。

数を増やすなら水槽をサイズアップするか
複数の水槽に分けましょう。


3.水流の強さに注意する

また、体のサイズに比べて
尾びれが大きなグッピーは、
泳ぐのがあまり得意ではありません。

そのため、水槽内に強い水流があると
流れに巻き込まれて弱ってしまったり、
尾びれが傷付いて感染症にかかることも。

とはいえ、水流の発生源である
フィルターやエアーポンプは、

グッピーが快適に過ごせるための
環境を整えるうえで不可欠なものですので、
うまく調整して使っていきましょう。

水流の強弱を設定できる機種を選ぶほか、
グッピーが水流から逃れられるように
水槽内に水草の茂みを作るのも有効です。

グッピーを繁殖させるには?


出典:http://aquana.jp

他の熱帯魚に比べて短命なグッピーですが、
その短い一生の間に
たくさんの赤ちゃんを産んでくれるので、

うまく繁殖させることで
次の世代、その次の世代・・・と
長期的に飼育を楽しむことも可能です。

グッピーは繁殖力が強いので、
健康なオスとメスを一緒にしていれば
いつの間にか小さな赤ちゃんが
泳いでいることも珍しくありません。

ただ、そのままにしていると
親や他の混泳魚に捕食されたり
つつかれて死んでしまうことがあるので、

赤ちゃんはある程度の大きさになるまで
隔離して育ててあげましょう。

大切にお世話していけば、
3ヶ月ほどで立派なグッピーへと
成長してくれるはずですよ!

⇒グッピーの飼育!繁殖を成功させる方法を徹底解説!

こちらの記事では
より確実な繁殖方法を解説していますので、
繁殖に挑戦する方はぜひ参考にしてください。


まとめ


出典:http://aquana.jp

今回の記事では、
グッピーに寿命が近付いている時の兆候や
長生きさせるための飼い方のコツについて
解説してまいりました。

グッピーの寿命は
ある程度見た目で判断することが
できそうですね。

日に日に弱っていく姿を見るのは
心苦しいものですが、

これまで楽しませてくれたことに感謝しつつ
命の終わりを見届けてあげることが
私たち飼い主の使命ではないかと思います。

後悔のないように、
最後までしっかりお世話してあげてください!


4.グッピー



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ