グッピー飼育の必需品!メーカー別おすすめヒーター3選

グッピーの原産地は、
1年を通じて気温が高い南米の熱帯地域です。

そのため、
季節ごとに気温が変化する日本で飼育するには
飼育水を加温し一定の水温を維持するための
「ヒーター」
が欠かせません。

しかし、水槽用のヒーターといっても
その種類は実に様々で、

「正直どれを選んだら良いのか
わからない・・・」という方も
多いのではないでしょうか。

そこで今回の記事では、
グッピー水槽におすすめのヒーターを
各メーカー別にご紹介したいと思います。

自分の水槽にぴったりのヒーターを見つけて
グッピーたちが快適に過ごせる環境を
整えてあげましょう!


グッピーが耐えられる水温の最低は?


出典:http://mishima-aqua.com/ec/
熱帯魚であるグッピーが
快適に過ごせる水温は23〜26℃です。

では、水温がこれより下回った場合、
グッピーはどのくらいまでなら
耐えることができるのでしょうか。

一般的には15℃前後までは大丈夫だと
言われていますが、

これはあくまでも「生存可能かどうか」を
基準として考えた場合
の水温で、
「グッピーが元気に暮らせるかどうか」は
また別の話です。

グッピーは水温が20℃を下回ると
徐々に活性が低下しはじめ、
餌も食べずにじっとしていることが
多くなります。

さらに水温が下がれば体はどんどん衰弱し、
免疫力が低下して病気になり
命を落とす個体も出てくるでしょう。

グッピーの健康を考えるなら、
最低でも水温20℃を下回ることのないように
気をつけておかなくてはなりません。

⇒グッピーの水温!ヒーターが必要なのは冬だけじゃない!?

グッピーの水温については
こちらの記事でも詳しく解説していますので、
ぜひ併せてご覧ください。

グッピーはヒーターなしでは飼育できない?


出典:http://aquana.jp

グッピーを健康的に飼育するための
水温の最低ラインは
20℃であることがわかりました。

「これなら冬場でもヒータなしで
大丈夫かも・・・」と思った方も
いらっしゃるでしょう。

確かに秋〜冬はエアコンやストーブのおかげで
室内も暖かいですからね。

しかし、気象サイト『ウェザーニュース』が
過去に行ったアンケート調査によると、
冬の室内温度は全国平均で18.93℃

実は最低ラインの20℃よりも低いんです。

部屋の暖房器具を常時20℃を超えるように
設定しておけばいいのですが、
コスパを考えればそれも微妙なところ。

一人暮らしの方や留守がちなご家庭の場合は、
家に誰もいない時間も水槽だけのために
部屋を暖め続けることになってしまいます。

それなら、
エアコンよりも少ない消費電力で済む
水槽用ヒーターを使用したほうが
ずっと経済的
でしょう。

ヒーター自体も
高額なものではありませんので、
よほどの理由がない限りは
設置することをおすすめします。


グッピーのヒーター!おすすめメーカー3選


出典:http://aquana.jp

さて、ここからは
グッピー水槽におすすめのヒーターを
メーカー別にご紹介したいと思います。

水槽用ヒーターには
いくつか種類がありますが、

今回はコンセントに差し込むだけで
すぐに使える「オートヒーター」
人気商品をピックアップしてみました。

1.テトラ セーフティデュオ 26℃ヒーター

出典:http://www.shopping-charm.jp

W数20W/50W
適合水槽
サイズ
20W:7L以下
50W:20L以下
温度範囲26℃(±2℃)
価格(税込)20W:1,350円
50W:1,880円

温度固定式ヒーターの
ラインナップが豊富なテトラ。

すべての製品が観賞魚用ヒーターの
統一安全基準をクリアした安心構造です。

中でもおすすめは
「セーフティデュオ 26℃ヒーター」。

水温が低下すると自動的に26℃まで昇温し、
真冬もグッピーが快適に過ごせる
環境を保ちます。

薄くてコンパクトな本体は
小さな水槽で使用しても圧迫感を感じさせず、
グッピーたちの邪魔にもなりません。

また、本体の素材には
高温になっても発火しない
自己消火性樹脂を採用。

さらに思わぬ事故や天災などによって
水槽が倒れたり壊れたりして
長時間空焚き状態が続いた場合は、
温度ヒューズが通電をカットします。

(※20Wタイプには
温度ヒューズはありません。)


2.エヴァリス プリセットオートヒーター AR


出典:http://www.shopping-charm.jp

W数30W/50W/80W/101W/
150W/200W
適合水槽
サイズ
30W 5~10L以下/50W 10〜20L以下
80W 10~30L以下/101W 20~40L以下
150W 30〜60L以下/200W 40〜100L以下
温度範囲30W/50W 25.5~27℃(±1.5℃)
80~200W 26℃(±1.5℃)
価格(税込)30W 1,450円/50W 1,780円
80W 1,830円/101W 1,920円
150W 2,080円/200W 2,180円

安心・安全の日本製で
ベテランアクアリストにも愛用者が多い
エヴァリスのオートヒーター。

水量約5L〜100Lまでの水槽に対応する
6段階のワット数が用意されています。

水槽用のヒーターはキスゴム2つで
ガラス面に固定するタイプが多いですが、
こちらはキスゴム4つでしっかり固定

使用中に外れて落ちてしまう
心配がありません。

空焚き時には自動で電源を遮断する安全装置や
米国UL規格最高クラスの自己消火性樹脂を
カバーの素材に採用するなど、
異常過熱時の対策も万全です。

さらに本体キャップやキスゴムには
耐久性が高く毒性のない原材料を使用。

人間だけでなくお魚にとっても
やさしいヒーターなのです。


3.ジェックス NEWセーフカバー ヒートナビ


出典:http://www.shopping-charm.jp

W数80W/120W/160W/220W
適合水槽
サイズ
80W 26L以下/120W 48L以下
160W 64L以下/220W 110L以下
温度範囲15~35℃(±1.5℃)
価格(税込)80W 2,580円/120W 2,810円
160W 2,880円/220W 3,130円

ジェックスが販売する
「NEWセーフカバー ヒートナビ」は
温度可変式のヒーターです。

可変式のヒータは自由に温度を設定できるので
病気治療で水温を高くする必要がある時にも
重宝しますよ。

コントローラー部分はキスゴム付きで、
水槽のガラス面に取り付けが可能。

水槽まわりがゴチャつきがちな
小型水槽でもスッキリ使用できます。

また、水槽ヒーターは横置きでしか
設置できないものが多いですが、
こちらは横置き・縦置き両方に対応

これは見た目にこだわる方には
とっても嬉しいですよね。

もちろん安全面にも配慮されており、
空焚き時には温度センサーが作動して
表面温度をコントロールしてくれます。

また、万が一の時には
温度ヒューズが切れて通電を遮断。

カバー部分にも難燃性の素材を使用した
安心設計です。

こちらの動画では、
同商品を実際に購入された方が
購入の決め手となったポイントや
使い道などを紹介されています。

ぜひ併せて参考にしてみてくださいね。


まとめ


出典:http://aquaforest.tokyo

今回の記事では、
グッピー水槽におすすめのヒーターを
各メーカー別にご紹介してまいりました。

ヒーターは可愛いグッピーたちの
健康や命を守る大切なもの。

人間の留守中や就寝中にも
使用する機会も多いですから、
万が一のことを考えて
安全性の高い製品を選びたいですね。

⇒熱帯魚のヒーターの使い方は?正しい選び方やおすすめ3選を紹介!

水槽用ヒーターの種類や選び方を
もっと詳しく知りたい方は、
ぜひこちらの記事も参考にしてみてください。

ヒーターを上手に活用して、
グッピーを健康的に育てていきましょう!


4.グッピー



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ