グッピーの飼育はセットがお得?水槽などの必要なものまとめ

体の半分ほどはありそうな豪華な尾ビレを
ヒラヒラとなびかせて泳ぐ姿が
とても優雅で美しいグッピー。

そんな彼らを自宅で飼うのは
一見難しそうに思いますが、

実はグッピーは見た目以上に丈夫で
飼いやすい熱帯魚としても知られており、

金魚やメダカなどを飼うのと
ほぼ同じような環境を用意すれば
初心者さんでも飼育を楽しめます。

・・・とはいえ、
お魚の飼育経験がまったくないと
何が必要なのかピンときませんよね。

そんな皆さんは、
ビギナー用として販売されている
”飼育セット”の購入がおすすめです。

水槽+飼育用品のセット商品なら、
お魚飼育の経験や知識がなくても
必要なものをバッチリ揃えられますよ。

そこで今回の記事では、
初めてのグッピー飼育に必要なものや
セットで購入する際のポイントなどを
ご紹介したいと思います!


グッピーの飼育アイテムはセットで買うのがおすすめ?


出典:http://aquaforest.tokyo

まず、グッピーを飼育するためには
ざっと以下のようなものが必要です。

  • 水槽
  • 照明
  • ろ過フィルター
  • ヒーター
  • エアーポンプ
  • 水質調整剤(カルキ抜き)
  • グッピーの餌
  • 底砂
  • 水草  など

これらを一つ一つ単独で揃えた場合、
購入する機種やお店などにもよりますが
かかる費用は2万円前後(生体含む)です。

犬や猫をペットとしてお迎えするよりは
少ない予算で済むものの、
それでも決して安い買い物では
ないですよね・・・。

また、最初のうちはそれぞれのアイテムの
各メーカーごとの性能の違いなど
イマイチわからないことも多いので、

あれこれ比較しながら選んでいくとなると
時間もそれなりにかかるでしょう。

そこで、

「初期費用をなるべく抑えたい!」
「何を買ったらいいかわからない!」
「手っ取り早く飼育を始めたい!」

そんな皆さんには
水槽+飼育用品をまとめて購入できる
”飼育セット”がおすすめです。

飼育セットは上記のアイテムのほとんどが
一度で揃えられて手軽なうえに、
価格もそれぞれ単独で購入するより
数千円程度安く済む場合が多いんですよ。

また、水槽と合わせて使えるように
器材がチョイスされているので、
間違ったサイズを購入してしまうなどの
失敗もありません。

アクアリウムの経験や
知識がない初心者さんには、
まさにうってつけと言えますね!


グッピーの飼育!セットで揃えたい必需品5選!


出典:http://mishima-aqua.com/ec/

飼育セットの内容は、
販売しているメーカーや
ショップによって異なります。

グッピーの飼育を目的とするなら、
次のようなセット内容のものを
選ぶと良いでしょう。

  • 水槽
  • フィルター
  • 照明
  • ヒーター
  • 水質調整剤

では、それぞれのアイテムについて
水槽内での役割と選び方のポイント
解説していきますね。

1.水槽

まず、グッピーの飼育に
なくてはならない水槽です。

水槽選びの際は、
先に「どれくらいの数のグッピーを
飼育したいか」を考えましょう。

グッピーは成魚でも5cm前後と
とても小さな魚なので、
小型水槽でも十分に飼育が可能です。

しかし、水槽のサイズに対して
飼育するグッピーの数が多すぎると、

飼育水が汚れやすいため
お世話が大変になるうえに、
過密飼育はグッピーにもストレスを与え
健康や寿命に悪影響を及ぼします。

水槽に入れるグッピーの数の目安は
”水5Lにつき1匹”です。

たとえば5匹くらい飼いたいなら、
最低でも25Lの水が入る水槽を
選ぶ必要があるということになります。

また、グッピーは繁殖力がとても強く
オスとメスを一緒に飼育すると
どんどん数が増えていきます。

今後繁殖にも挑戦してみたい方は
大きめのサイズの水槽を
あらかじめ選んでおきましょう。


2.フィルター

フィルターは水槽内の汚れを
きれいにするための器具
です。

グッピーの排泄物や食べ残した餌などの
目に見えるゴミを物理的に除去するだけでなく
それらから出る有害物質を濾過することで
グッピーが快適に過ごせる水質を保ちます。

フィルターは濾過の仕組みによって
いくつかの種類に分かれていますが、

飼育セットの場合は
幅45cm以下の小型水槽のセットには
簡易型の「外掛け式」や「投げ込み式」、

幅60cm以上の大きな水槽のセットには
濾過能力の高い「上部式」や「外部式」の
組み合わせが多くなっています。

基本的にどのフィルターを使用しても
問題はありませんが、

機種によっては
グッピーが苦手とする強い水流を
発するものがあるので注意が必要です。

もし実際に使用してみて
グッピーが泳ぎにくそうにしている場合は、
少し手を加えて水流を調整してみましょう。

こちらの動画で紹介されているように、
外掛け式フィルターの水流調整は
中にウール濾材を詰めるという方法が
知られています。

他のフィルターの調整方法も
YouTubeにたくさん投稿されているので、
困った時は参考にしてみてくださいね。

3.ヒーター

グッピーが元気に暮らせる水温は23~26℃で、
これより高すぎたり低すぎたりすると
病気になってしまうことがあります。

そのため、水槽にはヒーターを設置して
常に適温を維持するようにします。

ヒーターにも色々な種類がありますが、
飼育セットに含まれているのは
温度固定式のオートヒーターが多いようです。

このタイプのヒーターのほとんどは
水温が26℃になるように設定されており、

それ以上になると自動的に電源が切れるので
水温が上がりすぎる心配がなく
初心者さんでも扱いやすいでしょう。

ただし、水槽用のヒーターは
1年程度で寿命を迎えることが多いので、

壊れる前に新しく買い替えるか
予備用を1本用意しておくことを
おすすめします。

⇒グッピー飼育の必需品!メーカー別おすすめヒーター3選

こちらの記事では
メーカー別のおすすめヒーターを
ご紹介していますので、
買い替えの際に参考にしてみてください。


4.照明

「照明」はカラフルなグッピーを
より美しく見せてくれるだけでなく、

一定の時間にON/OFFすることで
グッピーの体内時計が整えられ、
丈夫な体作りにも役立ちます。

照明にも様々なタイプがありますが、
近年ではアクアリウム界でも
蛍光灯に変わってLEDが
主流になりつつあるようです。

照明の選び方としては、
グッピーをメインで飼育するなら
水槽内を照らすことができればOKなので
基本的にはどんなものでも構いません。

一方、水草水槽を目指す場合は
水草の光合成に適した光量の照明
選ぶ必要があります。

光量の要求度は水草の種類によって違うので、
事前に調べておくと良いでしょう。

⇒グッピーの水草!レイアウトにおすすめの種類3選

こちらの記事では、
グッピーと相性の良い水草の種類を
ご紹介しています。

水草の植栽を考えている方は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

5.水質調整剤(カルキ抜き)

水道水の中には塩素や重金属など
グッピーにとって有害な物質が
含まれているため、

飼育水として使用する際は
これらを無害化するために
水質調整剤を添加します。

水換え時には毎回必要になりますが、
飼育セットに同梱されているものは
いわゆる”お試し品サイズ
ものであることが多いので、

今後の使用頻度を考えれば
新しく1本買っておいたほうが良いでしょう。

熱帯魚用の製品であれば、
基本的にどんなものでもOKです。

最近では100円ショップでも
取り扱っていることがあるので、
費用を抑えたい方は探してみてください。


グッピーの飼育にかかる費用は1ヶ月にいくら?


出典:http://aquana.jp

グッピーを初めて飼う方は、
初期費用だけでなく水槽の維持費用も
気になるところですよね。

では、グッピーの飼育には
どれくらいのお金がかかるのか、
ざっくり計算してみましょう。

飼育費としてかかるものは、
主に次の3つです。

  • 餌代
  • 水代
  • 電気代

グッピーの餌は基本的に
市販の人工飼料でOKです。

1回の給餌量の目安は、
一般的なフレーク状のフードなら
1匹あたり1cm四方のもの1枚。

それほどたくさんの量を
消費するわけではないので、

飼育する数にもよりますが
餌代は多く見積もっても
数百円程度と考えて良いでしょう。

水代もよほど大きな水槽でない限りは
気になるほどの金額には
ならないと思いますよ。

もっともかかるのは電気代です。

水槽維持にかかる電気代は、
使用している器具の消費電力(W)と
稼働時間によって変わります。

以下に30cmほどの小型水槽を想定した
器具の使用例とそれぞれの電気代を
まとめてみました。

使用例1ヶ月の電気代
フィルター
(外掛け式)
テトラ AT-30(2.5W)
※24時間稼働

49円

ヒーターテトラ 26℃ミニヒーター
MHC-50(50W)
※1日12時間稼働
486円
LED
ライト
テトラ LEDフラットライト
LED-FL(6.4W)
※1日8時間使用
41円

(※1kWh=27円として計算しています。)

水槽環境にもよりますが、
電気代は1ヶ月500円程度と
考えて良さそうですね。

したがってグッピーの飼育にかかる費用は
餌代、水代、電気代合わせて
1ヶ月1,000円前後(小型水槽の場合)
といったところでしょう。

熱帯魚は「飼うのにお金がかかる」という
イメージがある方も多いと思いますが、
実はそうでもないんですよ。


まとめ


出典:http://aquana.jp

今回の記事では、
グッピーの飼育に必要なものや
セットで購入する際のポイントなどを
解説してまいりました。

必要なものが手軽に安く揃えられて、
初心者さんにはうってつけの
飼育セットですが、

セット内容はメーカーによって異なるので
購入の際はッピー水槽に適したものが
含まれているかどうか

しっかり確認するようにしましょう。

もし足りないものがある場合は、
後々になって慌てることがないように
買い足しておいてくださいね。

お好みの水草や石を購入して
水槽内をレイアウトするのも
面白いですよ。

また、グッピーは
単独で飼育するのも良いですが、

基本的に温和な性格のお魚なので
他の熱帯魚やエビ類などと混泳にも
向いています。

⇒グッピーの混泳!エビやメダカなどのおすすめの種類を一覧で

こちらの記事ではグッピーとの混泳に
おすすめの生き物をご紹介していますので、
よろしければ併せてご覧ください。

素敵なアクアリウムが
出来上がると良いですね!


4.グッピー



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ