メダカの稚魚の育て方!初心者が知っておくべき5つの事

孵化後間もない稚魚の間は、
メダカ飼育の中でも最難関と言われる時期。

メダカの稚魚は非常に繊細で、
ちょっとしたことでも
簡単に命を落としてしまいます。

メダカ飼育初心者の皆さん、
「川や田んぼでも育つくらいだから、
家でも簡単に大きくなるでしょ~」
なんて思っていませんか?

軽い気持ちで飼育に挑むと、
せっかく孵化させた稚魚が
一瞬にして全滅・・・という
悲しい事態にもなりかねません。

そこで今回の記事では、
メダカの稚魚の育て方について
詳しく解説したいと思います!


メダカの稚魚の育て方!初心者が知っておくべき5つの事をご紹介!

 

View this post on Instagram

 

@rkrnrsがシェアした投稿

稚魚の育て方として、
今回ぜひ覚えていただきたいのは
次の5つです。

  1. 稚魚専用の容器で育てる
  2. 稚魚専用の餌を与える
  3. 水の温度を適正に保つ
  4. 水換えには気をつける
  5. 成魚になるまでの過程を知っておく

この5つのことを意識して
お世話をするだけでも、
稚魚の生存率は大幅にアップするはずです!

では、それぞれについて
ひとつずつ詳しく解説していきますね。

⒈稚魚専用の容器で育てる

メダカは基本的に雑食で、
口に入る大きさのものは
何でも食べるという習性があります。

たとえそれが、
自分や仲間が産んだ卵であっても
稚魚であっても・・・です。

そこで、せっかく孵化した稚魚が
餌にされてしまわないよう、
しばらくは成魚とは別の
稚魚専用の容器で飼育します。

専用の容器といっても、
特別なものを用意する必要はありません。

水深3cmほどあるものならば、
使っていないタッパーや
グラスなどでも十分です。

ただ、水量が少ない容器は
どうしても水が汚れやすいので、
初心者さんには管理が大変です。

可能であれば虫カゴほどの大きさの
プラケースを用意できると良いですね。


出典:https://kumanezumi.com/

最近では100円ショップでも
このような立派な虫カゴが手に入るので、
ぜひ活用してみてください。

また、1つの容器に
多数の稚魚を入れて飼育するのも
水質を悪化させる原因になるので、

稚魚の成長段階ごとに
容器を分けてあげると安心です。

⒉稚魚専用の餌を与える

孵化したばかりの稚魚は、
お腹のところについている
「ヨークサック」と呼ばれる袋から
栄養分を摂取しています。

給餌を始めるのは、
ヨークサックがなくなる
孵化後3日目あたりから。

ただ、稚魚の口はとても小さいので、
成魚と同じ餌では粒が大きすぎて
食べることができません。


出典:https://bigvo.net/biotope/

こちらの画像のように、
すり鉢などで細かくすり潰して
粉末状にしてから与えるという
飼育者さんも多いのですが、

実はこの作業、
なかなか大変なんですよね・・・。

そこでおすすめなのが、
市販の稚魚用フードです!


出典:https://www.kyorin-net.co.jp/index.html

最初から粉末状になっているので、
すり潰す手間がありません。

稚魚の餌の与え方は、
「少量ずつ・こまめにあげる」のがポイント。

1回1~2分で食べきれるくらいの量を、
1日5回くらいに分けて与えましょう。

⇒メダカの稚魚の餌はどうする?回数・量を詳しくご紹介!

稚魚の給餌方法については
こちらの記事で詳しく解説していますので、
ぜひ併せてご覧ください。


⒊水の温度を適正に保つ

メダカはもともと、
非常に生命力の強い魚。

真夏の炎天下の下でも
氷の張った水の底でも
生き抜くほどですが、

孵化したばかりの稚魚は
そこまで強くはありません。

特に低水温下では、
うまく成長できないまま
命を落とすこともしばしば。

野生のメダカも、
夏以降に孵化した稚魚の多くが
冬を越せずに死んでしまうのだそうです。

稚魚が育つために最適な水温は
25℃前後
とされています。

また、水温が急激に変化する環境も
稚魚には良くありません。

特に水量の少ない水槽は、
直射日光や朝晩の寒暖差によって
水温が変動しやすいので注意が必要です。

⒋水換えには気をつける

メダカの稚魚は
環境の変化にとても弱いので、
孵化した時の水質をできる限り維持して
飼育するのが望ましいとされています。

したがって、
水換えは極力避けたほうが良いのですが、

水面に油膜が張っているなど
明らかに水質が悪化している場合には
水換えを行います。

水換えの際には、
稚魚の負担にならないように
次のことに気を付けましょう。

稚魚の水換えで気を付けること4つ
  1. カルキをしっかり抜いておく
  2. 換える水の量は多くても1/3
  3. 水温が急変しないように調整する
  4. 換水時は水流が起こらないように

⇒メダカの稚魚にエアレーションは必要?メリット&デメリット

こちらの記事でも解説していますが、

稚魚はわずかな水流でさえも
体力を消耗してしまいます。

水換えの作業をする際は
できる限り静かに
そっと行うようにしましょう。

また、油膜が張っている場合は
稚魚が酸欠に陥ってしまう恐れがあるため、
ティッシュペーパーを水面に浸すなどして
除去してあげてください。

⒌成魚になるまでの過程を知っておく

稚魚がどのように成長していくのか、
その過程を知っておくことも
うまく育てる秘訣のひとつです。

孵化してからの日数ごとの特徴や、
飼育上の注意点をまとめてみました。

孵化後の
日数
特徴
0日
~2日

体長わずか4~5mmほどと小さく、
「針子」とも呼ばれる。

お腹につけた栄養袋を消費するため、
給餌は不要。

3日
~14日

もっとも死亡率が高く、
飼育が難しい
時期。

主な死因は次の4つ。

  1. 餓死
  2. 成魚や外敵からの捕食
  3. 水流による疲労
  4. 水質・水温の変化

特に給餌には細心の注意が必要。

15日
~1ヶ月
ようやくメダカらしい外見に。

捕食や餓死などの危険が減り、
死亡率も低下する。

1ヶ月半

成魚の半分~2/3ほどの
大きさにまで成長する。

成魚と同じ水槽での飼育も可能。

表からもおわかりいただけるとおり、
稚魚を立派な成魚へと育て上げるには
孵化~2週間の「針子」と呼ばれる時期が
いちばんの勝負どころとなります。

ただ、ここを無事に越えることができれば
死亡率はグッと低くなりますから、
初心者さんもどうか頑張ってみてください!


メダカの稚魚の生存率をあげるためのポイントとは?

 

View this post on Instagram

 

misaazarashiさん(@misaazarashi)がシェアした投稿

繰り返しますが、メダカの稚魚は
孵化~2週間までは死亡リスクが高く、
もっとも飼育が困難な時期です。

この期間を無事に乗り越えるためには、
「いかにうまく給餌ができるか」
重要なポイントとなります。

稚魚が成長するためには
多くの栄養を摂取する必要がありますが、
まだ胃袋が小さいために
1度に大量の餌を食べることはできません。

そのため、餌は少量ずつ数回に分けて
与えるのがベストなのですが、
中には仕事や家事などの都合で
どうしても難しいという方もいますよね。

また、こまめに給餌を行った場合でも、
稚魚の口には大きすぎる餌であったり
稚魚同士が餌の取り合いをしていたりで、
十分な量を食べられていないことも。

実際、稚魚の死因のうち
もっとも多いのは「餓死」なのだとか・・・。

そこでおすすめしたいのが、
「グリーンウォーター」での飼育です!


出典:http://tokuze.livedoor.biz/

グリーンウォーターとは、
植物性プランクトンが大量発生して
緑がかった状態になった水のこと。

水中には植物性プランクトンを捕食する
動物性プランクトンもいます。

あちこちに浮遊するプランクトンは、
メダカたちにとっての”ご馳走”。

つまり、グリーンウォーターの中にいれば
稚魚は好きな時に好きなだけ
食べることができるのです!

「時間無制限で食べ放題」とは、
まるで天国ですね(笑)

もちろん餌不足が原因で
死ぬこともなくなりますから、
これだけでも生存率は高くなります。

⇒メダカの稚魚のグリーンウォーターは必要?作り方とは?

グリーンウォーターの作り方は、
こちらの記事を参考にしてみてください!

メダカの稚魚におすすめの水草はある?

 

View this post on Instagram

 

kanamoriさん(@omegaoil_omegaoil)がシェアした投稿

稚魚のうちはこまめな水換えができないため、
水をきれいにする効果のある水草を
一緒に入れておくと安心です。

初心者さんならば、
「ウィローモス」や「ホテイアオイ」
育てやすいでしょう。


出典:https://www.shopping-charm.jp/

ホテイアオイは、メダカ水槽の大定番。

夏には白や紫色の美しい花が咲き、
鑑賞用としても人気です。

もじゃもじゃとしたヒゲ状の根の部分は、
稚魚の隠れ場所にもなります。


出典:https://www.shopping-charm.jp/

ウィローモスは
その名のとおり苔の仲間で、
丈夫で繁殖力が強いのが特徴です。

水中に漂わせるだけでなく
流木や石などに巻き付けることもできるので、
稚魚が無事に成長したら
水槽レイアウトに活用するのも良いですね!


メダカの稚魚の冬越しで注意するべき点は?

 

View this post on Instagram

 

Maruruさん(@maruruhappiness)がシェアした投稿

メダカの稚魚は成長がとても早く、
孵化からおよそ3ヶ月後には
成魚の仲間入りを果たします。

メダカの産卵期は
だいたい5月~9月頃までですから、

8月頃までに孵化した稚魚であれば
秋には十分大きくなっているので、
冬越しの心配はほぼないでしょう。

問題なのは、9月になって孵化した
未成熟な稚魚たちです。

先ほどお話したように、
小さくてか弱い稚魚のままでは
冬を越すことはできません。

厳しい寒さに耐えうるだけの
体力を持ち合わせていないのです。

したがって、稚魚の冬越しは
「食欲が衰えはじめる10月頃までに
どれだけ成長させられるか」
重要なポイントとなります。

メダカは秋になると
水温の低下とともに動きが鈍くなり、
餌を食べる量も減ってきます。

(この時期にむりやり餌を与えても、
食べてくれません・・・。)

それまでにしっかりと給餌して成長を促し、
冬越しへ向けて体力をつけてあげましょう。

メダカの稚魚にヒーターは必要?

 

View this post on Instagram

 

meikoさん(@wooddecklife_momo)がシェアした投稿


こちらも先ほどお話したように、
稚魚の成長にはある程度の水温が必要です。

メダカは水温が低いと
餌の食い付きが悪くなります。

これは稚魚も同じで、
餌をたくさん食べなくてはならない時期に
食べられないとなると、
順調に成長することができません。

また、
昼間は暖かいのに夜は冷え込む、といった
寒暖差も稚魚には負担となります。

特に、春先や秋に孵化した稚魚は
寒暖差の影響を受けやすいでしょう。

そんな時、役に立つのが「ヒーター」です。


出典:http://do-raku.blog.jp/

こちらの写真のように
大きめの容器を利用して
「湯煎」のようにしてあげると、

1つのヒーターでいくつもの容器を
加温することができますよ。

また、ベストな水温(25℃前後)を
キープするために、
水温計も用意しておくと良いでしょう。


メダカの稚魚の水槽の掃除はしないほうがいいの?

 

View this post on Instagram

 

pippiさん(@nicorico_pippi)がシェアした投稿

水槽内の水が汚れる主な原因は、
餌の食べ残しと糞です。

稚魚のうちは
こまめな水換えができませんので、
これらをスポイトや網などを使って
きれいに掃除してあげましょう。


出典:http://papinen.jugem.jp/

この時、
誤って稚魚を吸い込んだり
傷つけたりしないように
くれぐれも注意してくださいね!

タッパーなどの小さな容器で飼育する場合は、
上の写真よりももっと小さなスポイトを
使ったほうが無難かもしれません。

また、掃除が終わったら
減った分の水を足しておきましょう。

新しい水を毎回足すよりも、
成魚の飼育水を足すようにすると
水質の変化があまりなく、
稚魚への負担を減らすことができます。

メダカの稚魚を屋外で飼育する場合に気をつけるべき事とは?

 

View this post on Instagram

 

Ryoko Eguchiさん(@ryoryokoegra)がシェアした投稿

メダカの稚魚を屋外で飼育する場合には、
外敵から捕食されないように注意が必要です。

最大の敵は、
蚊の幼虫である「ボウフラ」

よく見るとこんな形をしています。


出典:http://shonanmedaka.blog.fc2.com/

メダカの成魚はボウフラを好んで食べますが、
小さな稚魚は反対に餌にされてしまいます。

稚魚の容器に網を被せたり
稚魚のうちだけ屋内で飼育するなどして、
ボウフラを寄せ付けない対策をしましょう。

もし発生しているのを見つけた場合は、
面倒ですがボウフラだけ掬いあげて
駆除してください。

⇒メダカの稚魚にボウフラ!原因&対策方法はある?

稚魚のボウフラ対策については、
こちらの記事で詳しくご紹介しています。


まとめ

 

View this post on Instagram

 

@takeda0818がシェアした投稿

今回の記事では、
メダカの稚魚の育て方について
詳しく解説してまいりました。

「こんなに大変なの?」と驚かれた方も
いらっしゃるかもしれませんね。

どんな生き物でも
生まれたばかりの赤ん坊というのは
何かと手がかかるもの。

しかし、苦労して育てるからこそ、
そのぶん愛着も強く湧くのです。

稚魚の時期は、ほんのわずか。

しっかりお世話をして、
一人前のメダカに育て上げてくださいね!


飼い方



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ