熱帯魚のオスカーと混泳できる魚&注意したい3つのポイント!

熱帯魚の中でも、
ワイルドな風格が漂うのが、
オスカーと呼ばれる大型の熱帯魚です。

現在では改良種も多く出回り、
元々は褐色の色合いですが、
白く美しいアルビノ種などが作出されています。

そんなオスカーですが1種類だけでは寂しく、
他の魚と混泳できたらと思っている人も、
いるのではないでしょうか。

そこで今回は、大型の熱帯魚オスカーと
混泳ができる熱帯魚や、
混泳させるために注意したい点を、
紹介していきます。

もうすでに飼っている人はもちろん、
これからオスカーを飼いたいと思っている人も、
必見です。


熱帯魚のオスカーの混泳は難しいって本当!?


オスカーはシンクリッドと呼ばれる種類で、
スズキ目に属し多くの種類が存在します。

その中でもオスカーは最もポピュラーな種で、
ほとんどのアクアショップで
見かけることができます。

オスカーは成長すると,
30cmくらいまで大きくなるため、
最終的には90cmくらいの
水槽が必要
になります。

そんなオスカーですが、
他種との混泳は難しいと言われています。
オスカーをはじめとするシンクリッドは、
気性が荒い性格の種類が多く、
オスカーも例外ではありません。

オスカーと同種や、
それに近い種類の魚とはケンカをしてしまい、
最終的にボロボロになるまで戦い続けます。

基本的には、
オスカーだけで飼育するのがおすすめです。

熱帯魚のオスカーと混泳できる種類の魚っているの?


オスカーはシンクリッドと呼ばれる、
気性の荒い性格の熱帯魚と紹介しましたが、
混泳ができる種類の魚はいないのでしょうか。

オスカーは肉食系のため、
口に入るサイズの魚は、
餌として食べてしまいます。
なのでオスカーより小さい魚は混泳できません。

オスカーと混泳させる場合は、
オスカーと同等かそれ以上の大きさで、
性格が温和な種類と混泳させましょう。

またオスカーと遊泳層の違う種類と
混泳させるのおすすめです。

混泳が可能な種類の一例ですが、

  • ポリプテルス
  • プレコ

が混泳が可能です。

ですがこの種類が絶対安心というわけではありません。
個体によって性格が異なるため、
混泳がうまくいかない場合もあります。

混泳がうまくいかなかった場合、
それぞれ別の水槽で飼育必要があるので、
いざという時のために、
予備の水槽も準備しておくようにしましょう。

実際にオスカーとポリプテルスなどを
混泳させている方の動画がありましたので、
ご紹介します。



熱帯魚のオスカーを混泳させるときに注意したい3つのポイント!


縄張り意識の強い、
大型の熱帯魚でもあるオスカーですが、
混泳時に注意したいポイントがあります。

このポイントを押さえておけば、
混泳の成功率もアップしますよ。

次の章から詳しく紹介していきましょう。

①混泳させる魚の大きさはオスカーの餌にならないサイズで

オスカーは肉食系の熱帯魚なので、
口に入る魚は餌になってしまいます。

混泳を成功させるには、
オスカーと同じくらいの種類を
入れる
ようにしましょう。

ただし、オスカーと同じシンクリッド系は、
お互いに縄張り意識が強く喧嘩するので、
他の種と混泳させるようにしましょう。

他種を投入後1日~2日は、
水槽内の様子を注意深く観察
し、
あまりにもいじめが酷いようなら、
すぐに混泳を中止できるようにしてください。

②大きな水槽で逃げ場のあるレイアウトにする

オスカーは気性が荒く、
他の混泳している魚を追いかけて
いじめてしまうこともあります。

この状態が長く続くとストレスになり、
病気や最悪の場合は命を落としてしまうことも。

追いかけられても逃げられるように、
混泳する場合は、
大きな水槽で飼育するようにしましょう。

混泳させる数にもよりますが、
90cm~120cmくらいの水槽がおすすめです。

オスカーが入ってこれないような
流木などを入れておけば、
追われた他種が隠れることもできます。

3匹以上を混泳させる

オスカーと混泳させる場合、他種が1匹だけだと
オスカーの興味が1匹に集中してしまい、
攻撃対象になってしまう
ことがあります。

混泳させる場合は3匹以上を一緒に入れ、
オスカーの興味を分散することで、
攻撃されるのを防ぐことができます。

またオスカーは餌を食べる量も多い分、
フンの量も多いので、
水が汚れるのも早い熱帯魚です。

これに加えて混泳させる魚の分のフンで
水質が悪化するのも早くなるので、
なるべく大きな水槽で飼育し、
こまめに掃除をする
ようにしましょう。

オスカーとの混泳はコツがいるため、
初心者には難しい面があります。
まずは一般的な飼育方法から知りたい方は、
こちらの記事を参考にしてみてください。
⇒初心者でも簡単!熱帯魚の飼育方法を3つのSTEPで紹介!

まとめ


今回はオスカーと混泳できる魚や、
混泳の際に注意したい3点を紹介しました。

オスカーは気性が荒く、
混泳させるには同じ大きさくらいで、
大人しい種類との混泳が向いています。

ですが必ず混泳が成功するわけではないので、
数日間はしっかりと
水槽内の様子を観察
しましょう。

オスカー以外の熱帯魚と、
エビを混泳させたい場合は、
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。
⇒熱帯魚とエビを混泳させる時に気をつけたい3つのポイント

混泳はお互いの性格にもよるため、
難しいところもあります。

いざという時はお互いを傷つけてしまう前に、
しっかりと保護してあげてくださいね。


飼い方



藤岡 ゆきこをフォローする
お魚さんといっしょ