アクアリウムのCO2のボンベ!おすすめ商品4選

アクアリウムの水草を
美しく育てるためには
欠かせないCO2添加ですが、

添加装置を導入してみて
「結構お金がかかるなぁ・・・」なんて
感じている方もいらっしゃるのでは?

特に気になるのは、
交換用のCO2ボンベを
購入する費用だと思います。

大量のCO2が必要な水草を育てていたり
水槽サイズが大きかったりすると
それだけボンベの交換ペースも早いので、

できるだけ安い値段で
ボンベを購入できたら嬉しいですよね。

そこで今回の記事では、
安価で購入できるおすすめのボンベ
ボンベ代を安く抑える便利アイテムを
ご紹介したいと思います。

できるだけ低コストで
水草水槽を楽しみたい方は
ぜひ参考にしてみてくださいね!

(※商品の販売先や価格については
2018年11月時点の情報を記載しています。)


①Leaf CO2 ボンベ 74g


出典:https://www.shopping-charm.jp/

アクア用品を扱う『Leaf』が販売する
小型ボンベです。

ネジ口径が汎用規格(5/8-18 UNF)なので、
多くのメーカーのレギュレーターに
適合します。

アクアリストの皆さんにお馴染みの
通販ショップ『charm(チャーム)』で
取り扱いがあり、

価格は1本あたり439円
汎用タイプのボンベの中でも
特にリーズナブル。

1本からの購入でも十分安いですが、
50本入りは1本あたり410円と
さらにお得なので、

水槽環境によって
たくさんCO2が必要な方は
まとめ買いがおすすめです!

⇒『charm(チャーム)』販売ページはこちら

商品情報
  • 内容量:74g
  • サイズ:H134×Φ38mm
  • ネジ口径:5/8-18 UNF

※ミドボンには使用不可
※テトラ、ADAなど独自規格の
レギュレーターには使用不可

②ウィスナ CO2 ボンベ 74g


出典:https://item.rakuten.co.jp/

『ウィスナ』が販売する小型ボンベです。

こちらも汎用規格(5/8-18 UNF)で
ほとんどのメーカーのレギュレーターに
装着が可能。

yahoo!ショッピングや楽天市場
500円台で販売されています。

先ほど紹介した『Leaf』のボンベより
やや高いですが、

普段のお買い物で集めたポイントや
セール時期などをうまく利用すれば
お得に購入できそうですね。

⇒『楽天市場』販売ページはこちら

商品情報
  • 内容量:74g
  • ネジ口径:5/8-18 UNF

※ミドボンには使用不可
※ADA、テトラなど独自規格の
レギュレーターには使用不可

③AIネット 交換用小型CO2ボンベカートリッジ 74g


出典:https://item.rakuten.co.jp/

『AIネット』が販売する小型ボンベです。

こちらも汎用規格(5/8-18 UNF)で
ほとんどのメーカーのレギュレーターに
装着することができます。

通販ショップ『レヨンベールアクア』や
楽天市場などのショッピングモールで
1本あたり520円前後で販売されています。

10本セットでの
購入のほうが
お買い得なので、
予備を買い置きしておくのも良いですね。

⇒『楽天市場』販売ページはこちら

商品情報
  • 内容量:74g
  • ネジ口径:5/8-18 UNF

※ミドボンには使用不可
※ADA、テトラなど独自規格の
レギュレーターには使用不可


④ゼンスイ ecobon(エコボン) 38g


出典:https://shopping.yahoo.co.jp/

『ゼンスイ』のボンベの特徴は、
使用されなかった消火器などから
取り出した「リユース品」である点。

本来であれば空気中に
廃棄されるはずのCO2を
アクアリウムに活用するという、
その名のとおりエコなボンベです。

内容量が38gなので
一般的な74gのボンベに比べて
交換のペースは早くなりますが、

通販だと1本180円ほどで購入できるため
コスパはかなり優秀です。

ただ、ネジ口径が1/2-12 UNFなので、
汎用規格のレギュレーターに接続するには
別途「交換アダプター」というものが
必要になります。

最初に使用する際は、
アダプターや専用スパナがセットになった
エコボンセットを購入すると良いでしょう。

⇒『楽天市場』販売ページはこちら

商品情報
  • 内容量:38g
  • ネジ口径:1/2-12 UNF

※ミドボンには使用不可
※汎用規格のレギュレーターに
接続するには異径アダプターが必要。

安いCO2ボンベが使える「交換アダプター」とは?

低価格で販売されている小型ボンベの規格は
ほとんどが「5/8-18 UNF」なので、
現在流通している多くのメーカーの
レギュレーターに適合しますが、

「ADA」や「テトラ」のような
独自の規格を使用している
レギュレーターには使用できません

たとえばADA製品は
こちらの専用ボンベを使用します。


出典:http://www.aquaqua.biz/

ADAのボンベはパッケージもお洒落なうえに
(現在は若干変更されています)、
CO2には森林をイメージした香りが
プラスされているなど

アクアリストの心をくすぐる
要素が満載なのですが、
汎用ボンベに比べるとかなり高価。

ADAに限らず、
メーカー専用のボンベは価格が高く
流通量も少なめで、

導入したは良いけど維持費が大変だと
悩む方も多いです。

そこでおすすめなのが、
以下のような「交換アダプター」。


出典:https://item.rakuten.co.jp/

これを取り付けることで
ネジ口径が汎用規格に変換され
独自規格のレギュレーターでも
安いボンベが使えるようになります。

なお、上の写真は
『ADA CO2アドバンスシステム』専用の
アダプターですが、

他のメーカーのレギュレーター用のものも
販売されているそうなので、
使ってみたい方はぜひ探してみてください。

また、これからCO2添加装置を
導入するという方は、

特にこだわりがないのであれば
最初から汎用規格のレギュレーターを
購入しておくことをおすすめします。

⇒アクアリウムのCO2はセットがおすすめ!簡単な設置方法&種類
これから必要な器具を購入するなら、
ぜひこちらの記事も
併せて読んでみてください!


まとめ

今回の記事では、
安価で購入できるおすすめのボンベや
ボンベ代を安く抑える便利アイテムを
ご紹介してまいりました。

ボンベもそうですが、
アクア用品は実店舗よりも通販のほうが
安く購入できる傾向があります。

普段利用しているモールがある方は、
ポイントやセール時期を利用して
まとめ買いするようにすると

うまくランニングコストを
抑えることができるのではないでしょうか。

また、CO2添加にかかるコストは
CO2の添加量や溶解効率によっても
変わってきます。

⇒アクアリウムにCO2を!初心者でも添加できる量や方法を紹介
添加量の目安や効率良く添加する方法は
こちらの記事で解説していますので、
CO2添加を始めたばかりの方は
併せて読んでみてくださいね!


アクアリウム用品



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ