アクアリウムのCO2はセットがおすすめ!簡単な設置方法&種類

本格的な水草水槽を立ち上げるうえで
欠かせないのがCO2添加。

初めてCO2添加に挑戦する皆さんの中には、
どんな器具を揃えたら良いのか
迷っている方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、
CO2添加器具のセット購入です。

実はセットでの購入は
必要なものが一度に揃うだけでなく
初心者さんに嬉しいポイントが
他にもたくさんあるんですよ。

そこで今回の記事では、
水草水槽に必要なCO2添加器具を
セット購入するメリットのほか

添加方法ごとの特徴や
効果的な設置方法などについて
解説してまいりたいと思います。

これからCO2添加器具を
揃えようという方は必見です!


アクアリウムのCO2はセットが便利?5つのメリットをまとめてみた


まず最初に、
CO2添加の初心者さんが
必要な器具をセット購入する
メリットをまとめてみました。

おすすめのセット商品についても
いくつかご紹介していますので、
購入時の参考にしてみてくださいね。

①安い値段で手に入る

CO2の添加方法はいくつかありますが、
現在では「ボンベ式」と呼ばれる方法
もっとも一般的です。

ボンベ式でCO2添加を行うには、
次のような器具が必要になります。

器具名用途価格
CO2ボンベCO2の
入ったボンベ
350円~500円前後
(1本あたり)
レギュレーターボンベ内の
圧力を変換する
6,000円~
10,000円前後
ボンベスタンドボンベを固定する300円~
2,000円前後
電磁弁
+タイマー
CO2添加の
ON/OFFを
自動で切り替える
6,000円~
8,000円前後
スピコンCO2添加量を
調整する
2,000円前後
逆流防止弁水の逆流を
防ぐ
120円~
500円前後
ディフューザーCO2を泡にして
水中に拡散する
1,000円~
1,500円前後
耐圧チューブ/
エアチューブ
各器具をつなぐ長さ・外径により
異なる
キスゴムチューブを
固定する
200円~
400円前後

上の表からわかるように、
これらの器具を単独で
ひとつひとつ揃えていくと
それなりのお金がかかりますが、

一式セットになったものを購入すれば
初期費用をグッと抑えることが可能です。


出典:https://www.shopping-charm.jp/

皆さんにもおなじみの
『charm(チャーム)』が販売する
オリジナルセットは、
税込15,600円(2018年11月現在)。

電磁弁とタイマーもセットになって
この値段でしかも送料無料とは
かなり安いですね!

⇒『charm(チャーム)』販売ページはこちら

②簡単に設置することができる

これからCO2添加に
挑戦しようという皆さんの中には、

どの器具をどう設置するべきか
まったくわからないという方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

セット商品なら
設置手順を解説した説明書
添付されているので、

それをもとにして
順番に器具を取り付けていけば
初心者さんでも簡単に設置できます。

なお、先ほどご紹介した
『charm(チャーム)』のセットは、
動画で詳しく設置手順を解説しています。

これなら機械がイマイチ苦手だという方も
安心して設置が行えますね!


③通販で簡単に手に入る

CO2添加に必要な器具のセットは
アクアショップに行けば購入できますが、

忙しくて店頭に足を運ぶ時間がない方や
自宅近くにお店がないという方は
通信販売を利用すると良いでしょう。

多くのアクアリストが愛用する
通販ショップ『charm(チャーム)』のほか
楽天市場やyahoo!ショッピングなどでも
販売されているので、

普段お使いのモールで探せば
ポイントやセールを利用して
お得に購入することも可能でしょう。

できるだけ初期費用を抑えたい方にも
通販はおすすめです。

しかもセット商品なら
一度の注文で
必要な器具がすべて揃うので
届いたその日からCO2添加を始められます。

④自動で稼働してくれる

皆さんもご存知のとおり、
水草は光合成を行わない夜の間は
酸素を吸収して二酸化炭素を放出します。

つまり私たち人間と同じように
呼吸をしている状態ですから、
夜間にCO2を添加する必要はありません。

むしろ24時間CO2添加を行っていると
夜間に水中の溶存酸素量が低下し
一緒に飼育している生体が
酸欠になってしまう恐れがあります。

そこでCO2添加を行う際には
光のある時間帯(照明点灯時)に合わせて
添加量を調節する必要があるのですが、

これを毎日手動で行うのは
意外と面倒だったりするうえに
忙しくてうっかり忘れてしまった・・・
なんてことも。

しかし、添加方法をボンベ式にすれば
スピコンで添加量を調整でき、
電磁弁+タイマーを取り付ければ
添加を自動化することも可能です。


出典:https://shopping.yahoo.co.jp/

『クリスタルアクア』が販売する
セットのレギュレーターは、
スピコンと電磁弁が一体になっているので
セッティングが簡単に行えますよ。

⇒『Yahoo!ショッピング』販売ページはこちら

電磁弁やタイマーが含まれるセットは
やや値段が高いですが、
それでも後から買い足すことを考えれば
かなりお得です。

⑤自作よりも時間がかからない

CO2の添加方式のひとつに
「発酵式」と呼ばれるものがあります。

発酵式とはその名前のとおり
醗酵によって発生するCO2を
水槽に添加する方法です。

ボンベ式のようにON/OFFを切り替えたり
添加量を調整することはできませんが、

難しい機器類の設置もなく
各家庭にあるような材料で
装置が簡単に自作できるため、

手軽かつ低コストで
CO2添加システムを導入することができます。

「お金がかからないのは嬉しいけど
装置を作る時間がない・・・!」という方は
以下のような発酵式のセットがおすすめ。


出典:https://www.shopping-charm.jp/

こちらのセットなら
発酵式に必要な材料が一度に揃いますし、

別売の培地を購入すれば
発酵させるベースをその都度作る
手間も時間もかかりません

ボトルもお洒落なので、
水槽周りのインテリアにこだわる方にも
嬉しいですね。


アクアリウムのCO2のセットにはどんな種類がある?


CO2の添加方法はいくつかありますが、
必要な器具がセット販売されているのは
次の4つの方法です。

  • ボンベ式
  • 発酵式
  • 自然溶解式
  • タブレット式

ボンベ式と発酵式については
すでにご説明しましたので、

ここでは「自然溶解式」と
「タブレット式」について
簡単に解説しておきましょう。

まず「溶解式」とは
 水中に設置した筒形の容器にCO2を満たし、
それを自然に溶け込ませる方法です。

ボンベ式のように
難しい器具を設置する必要はありませんが
添加のON/OFFの自動化はできません。

また、レイアウトにこだわる方からは
「見た目がちょっと・・・」という意見も。

ただ価格はボンベ式に比べてかなり安いので
とりあえずCO2添加を始めてみたい方には
おすすめの方法と言えるでしょう。


出典:https://www.shopping-charm.jp/

溶解式の代表的な種類としては
『テトラ』のCO2キットがありますが、
こちらは1,200円程度で購入が可能です。

⇒『charm(チャーム)』販売ページはこちら

また「タブレット式」も
その名のとおり市販のCO2タブレットを
水中に投入するだけの手軽な方法ですが、

当然のことながら自動化はできないため
添加量やタイミングの調整に
気を遣わなくてはならないほか、

他の方法に比べて
ランニングコストがやや高めです。

『セラ ジャパン』が販売する
タブレット式のセットは
3,500円程度で購入できますが、

まだCO2添加に慣れていないうちは
避けておいた方が無難かもしれません。

⇒『charm(チャーム)』販売ページはこちら

このように、
いずれの添加方法にも
メリットとデメリットがあります。

セットを購入する際には、
それぞれの特徴をよく理解したうえで
ご自分に合ったものを選んでくださいね。

アクアリウムのCO2の位置はどこが正解?

どの添加方法にも言えることですが、
CO2のガスは無くなったらその都度
新しいものに交換する必要があります。

そこで気になるのが
ランニングコストですが、

これはいかに効率良く
水中にCO2を溶け込ませられるか
変わってくるところです。

そこで大切なのが
CO2添加器具を設置する位置。

CO2の泡が水中を循環する
時間を長くしたほうが
効率は上がりますので、

泡がフィルターの水流に乗るようにしたり
ディフューザーを水槽の下部に設置するなど
レイアウトに合わせて工夫してみましょう。

⇒アクアリウムにCO2を!初心者でも添加できる量や方法を紹介
こちらの記事では
CO2添加の基礎知識について
解説していますので、
ぜひ併せてご覧ください。


アクアリウムのCO2の維持費は?

また、CO2添加のランニングコストは
添加方法によっても違いがあります。

今回の記事でご紹介した
「ボンベ式」「溶解式」「発酵式」
「タブレット式」の4つの方法の
ランニングコストをまとめてみました。

お使いの水槽のサイズや
添加時間の長さによっても変わりますが、
よろしければ参考にしてみてください。

添加方法ランニングコスト/月
ボンベ式74gのボンベを1本使用する場合
⇒300~500円
溶解式『テトラ CO2キット』使用の場合
(ボンベ1本で50回使用可)
⇒400円前後
発酵式醗酵ベースを自作した場合
⇒200~300円(材料費)
タブレット式『セラ CO2スタート』使用の場合
(45L水槽で3~4日に1錠使用)
⇒500円前後~

発酵式は醗酵ベースを自作すれば
200~300円前後で済みますが、
なくなるたびに作らなくてはならないため
どうしても手間がかかるのが難点。

長期的に継続してCO2添加を行うのなら、
やはりボンベ式が良いのかもしれません。

ちなみに、
ボンベは1本ずつ購入するよりも
まとめ買いのほうが少しお得ですよ。

まとめ

今回の記事では、
アクアリウムにCO2添加を行う際に
必要な器具のセットについて
解説してまいりました。

セット購入は
器具をひとつひとつ揃える手間もなく
お買い得な価格で入手できるので、
初めてCO2添加を行う方に最適です。

ただ、添加方法によって
メリット・デメリットや
かかる費用がそれぞれ異なるので、

セットを購入する際には
添加方法ごとの特徴を理解したうえで、
飼育スタイルや予算に合わせて
選ぶようにしましょう。

水槽周りのレイアウトも
ばっちりキメたいこだわり派さんは、
器具の見た目で選ぶのもアリです(笑)

特にボンベ式は
かっこいいデザインが多いですよ。

自分にぴったりのセットを見つけて
素敵な水草水槽が作れたら良いですね!

⇒アクアリウムのCO2のボンベ!おすすめランキング商品4選
なお、こちらの記事では
ボンベ式の添加装置には欠かせない
交換用ボンベのおすすめ商品について
ご紹介しています。


アクアリウム用品



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ