金魚の水槽の大きさは?魚たちにとって適度な容器のサイズを解説!

金魚を飼うにあたって、
水槽の大きさはいろいろあります。

金魚を飼うとき、
どの水槽がいいのか
いまいちわかりませんよね。

また、一度水槽を飼うと
なかなか買いなおすということも
難しいので水槽を飼うときは
とても悩むと思います。

水槽選びは金魚にとって
とても重要なもので間違えてしまうと
金魚が病気になって
しまうこともあります。

そこで今回は、金魚の水槽の
大きさはどれくらいがいいのか、
適度な水槽の大きさについて
見ていきたいと思います。


金魚の水槽の大きさはどれくらいが最適なの?

金魚の水槽の大きさは
どれくらいが最適なのでしょうか。

金魚の水槽の大きさに
最適なのは主に2種類あるので
それぞれ見ていきたいと思います。

1.30cm(数が少ない)

金魚の水槽の大きさで
最適な一つ目は、30cm水槽です。

30cm水槽は横の長さが
30cmのものを言います。

30cm水槽の場合、
そこまで大きくなく
部屋においても気になりません。

しかも飼う金魚の数が
少ない場合は
この大きさでも十分です。

目安としては2~3匹の場合は
このくらいの大きさの水槽でも
十分飼育することができます。

30cmの水槽は
いろいろあるので悩むと思いますが、
基本的に安いものでもそこまで

品質が落ちるわけではないので
財布事情に合わせて
決めても問題ありません。

また、おすすめの30cm水槽は
アクロの30cm水槽ハイタイプになります。

この水槽は他の30cm水槽よりも
上に高いタイプになっています。

そのため金魚が泳げるスペースも
うえに広くなり、金魚も満足して
泳ぐことができます。

2.45cm(数が多い)

金魚の水槽の大きさで
最適な二つ目は45cm水槽です。

45cm水槽は30cm水槽の
大きさの約1.5倍になっており、
金魚の数が4~5匹の場合には
この水槽の大きさをおすすめします。

45cm水槽になるとやや大きくなるので
どうしても部屋が小さい場合などは
おけないことも多くなってきます。

しかしその分金魚もある程度
多く入るので困ることもありません。

45cm水槽でおすすめは
GEXのグラステリアです。

この水槽は何といっても
安さの面で優れています。

また、そのガラスの透明感は
値段の安さに負けず
素晴らしいものです。

これくらいのサイズ感だと
金魚も安心して
泳ぐことができますね。

大きな金魚を飼うなら60cmがおすすめ?

金魚の中でも大きいものだと
60cm水槽のほうがいいのでしょうか。

金魚を最初手に入れたとき、
小さいままでではなく大きいものを
譲りうけることも
あるかと思います。

そんな時はその
金魚の数にもよりますが、
大きい水槽のほうがいいのは
間違いありません。

特に、15cmを超える金魚の場合は
1匹の場合でも45cm水槽以下の
水槽で飼うことはおすすめしません。

そのサイズで45cm水槽で
飼ってしまうとストレスを
ためてしまうので60cm水槽くらいの
大きさで飼うことをおすすめします。


金魚は成長すると意外と大きくなる?

金魚は成長すると
意外と大きくなるのでしょうか。

金魚は最大で
種類にもよりますが、
30cmになります。

一般的な和金の場合は
30cmもの大きさになることも
あるので覚えておくようにしましょう。

最大でそのサイズに
なることはありますが、
どの環境下でもその大きさになる
ということはありません。

しっかりと大きい水槽で
たくさんの餌をあげた場合のみ
その大きさになることもあります。

大きい金魚を60cm水槽で飼っている様子は
次の動画で見ることができるので
よかったら参考にしてみてください!

また、金魚の最大のサイズに関しては
次の記事で詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒金魚が成長した大きさは?最大でどのくらいのサイズになるか解説

金魚の水槽が窮屈だと酸欠になることも?

金魚の水槽が窮屈だと
酸欠になってしまうことも
あるのでしょうか。

酸素は水中に溶け込み、
その酸素を金魚が吸い込みます。

そのため水が多いほうが
酸素の絶対量が多くなり、
金魚への酸素が行き渡ります。

さらに、小さい水槽の中に、
たくさんの金魚がいると限られた
酸素を多くの金魚で
奪い合ってしまいます。

その結果酸欠になる個体も
出てきてしまいます。

そのためできるだけ余裕のある
飼い方をする方が金魚が
酸欠にならないように
することができます。

まとめ

今回は、金魚の水槽の
大きさについて見てきました。

金魚にとって水槽の
大きさはとても重要で、
窮屈だとどうしても酸欠や
病気の原因になってしまいます。

そのためしっかりと
適切な大きさの水槽で
飼ってあげるようにしましょう。

また、水槽の中に入れる
水の量もとても
大事になってきます。

水の量が少なすぎると
水が汚れたりしてしまいます。

水の量はどうしたら
いいのでしょうか。

そのことについては次の記事で
詳細を書いているので
よかったら参考にしてみてください!

⇒金魚の水槽の水はどのくらい入れる?適度な水量について徹底解説!

金魚のためにもしっかりと
適切な大きさの水槽を
選ぶように気を付けましょう。


飼い方飼育用品



佐藤竜をフォローする
お魚さんといっしょ