メダカが卵を産まない!考えられる5つの原因と対処法

メダカは他の魚に比べて手間がかからず
繁殖も容易にできることから
お魚飼育の初心者さんにも人気です。

皆さんの中にも、
「卵を産ませてみたくて
オスとメスのペアを飼っている」
という方がいらっしゃることでしょう。

しかし、オスとメスを一緒にしているのに
まったく卵を産まないというケースも
少なからずあるようです。

これは一体、どうしてなのでしょうか?

特に産卵を楽しみにしている方は
「相性が悪いのかな?」
「うちの子は卵を産めないの?」などと
心配になってしまいますよね。

そこで今回の記事では、
産卵しない時に考えられる5つの原因と
困った時の対処法をご紹介いたします!


メダカが卵を産まない5つの原因とは?

のじょるさん(@nojyoool)がシェアした投稿

メダカは繁殖力がとても旺盛な魚で、
オスとメスを一緒の水槽に入れておくと
勝手に卵を産み始めることもしばしば。

「はじめは数匹だったのに
いつのまにか大家族になっていた・・・!」
なんて話も珍しくありません。

では、卵を産ませたいのならば
オスとメスさえいれば良いのかというと
そこまで単純ではないのも事実。

メダカが繁殖行為を行うには
いくつかの条件が揃っている必要があり、
産卵しないのは必須条件のうちの何かが
欠けていることが原因だと考えられます。

特に多い原因は、以下の5つです。

メダカが卵を産まない原因

  1. オス・メスのペアがいない
  2. 水温が適していない
  3. 栄養が足りていない
  4. 環境が良くない
  5. 成熟したメダカがいない

それでは、当てはまるところがないか
ひとつずつチェックしていきましょう。

⒈オス・メスのペアがいない

まず、水槽にいるメダカは
本当にオスとメスでしょうか?

当然のことながら、
繁殖行動とはオスとメスがいて
はじめて成り立つものです。

オスばかり、あるいはメスばかりの環境から
卵が産まれることはありえません。

「オスとメスに決まってるじゃない、
店員さんに確認して買ったんだから!」
という場合も、念のため確認してみましょう。

実は、メダカを扱うお店のスタッフでも
オスメスの見分けが正しくできない人が
意外と多くいて、

「この子は元気だからオスっぽいな」
などと適当に判断していることもあるのです。

特にホームセンターなど
専門的な知識を持った人がいないお店から
メダカを迎えた場合は要注意ですね。

自分で性別を見分けられるようになっておくと
今後メダカを購入する際にも役立ちますので、
この機会に覚えてしまいましょう!

メダカのオスメス判別方法

  • オスは口が上を向いている
  • オスは背ビレに切れ込みがある
  • オスはメスより尻ビレが長く大きい
  • オスは尾ビレのふちが平ら

いちばんわかりやすいポイントは
尻ビレの大きさです。

メダカが横を向いたところを見れば
初心者さんでも違いに気付けるはずですよ!

⒉水温が適していない

メダカたちにとって
産卵の決め手となるのは「水温」です。

通常、メダカが繁殖活動を始めるのは
水温が18~20℃になる頃。

地域によって多少のズレはありますが
だいたい4~5月あたりからです。

この頃になると、水温の上昇とともに
メダカの餌となるプランクトンが
水中にたくさん発生します。

メダカたちは、この餌が豊富になる時期を
見計らって産卵しているのです。

好きな時に好きなだけ食べられる環境なら
産卵で消耗した体力をすぐ回復できますし
生まれてきた赤ちゃんメダカも
食べるものに困らなくて済みますからね。

しかし、秋を迎えて水温が下がってくると
メダカは繁殖活動をやめてしまいます。

特に水温15℃を下回ると
メダカは冬眠状態
になり、
水底でじっとしていることが多くなります。

こうなると卵を産むどころではありません。

産卵~孵化までのことを考えるなら、
最低でも水温20℃あたりを
キープしておきたいところです。

⇒メダカが卵を産む時期はいつ?知っておくべき5つのこと

産卵期については、
こちらの記事でも詳しく解説しています。


⒊栄養が足りていない

どんな生き物でもそうですが、
「子どもを産む」という行為には
かなりのエネルギーを必要とします。

メダカも例外ではなく、
特にメスの栄養状態が良くないと
体力不足で卵を産まなくなることがあります。

人間の女性もお腹に赤ちゃんがいる時には
「しっかり食べて体力つけて!」なんて
あちこちから言われたりしますね。

産卵期のメダカも同じように、
メスには特にたっぷりと栄養を与えて
産卵に必要な体力をつけることが大切です。


出典:https://www.kyorin-net.co.jp/index.html

こちらのような産卵・繁殖用の餌は
栄養価が高く、産卵期におすすめです!

⒋環境がよくない

私たち人間が家族計画を立てる時には、
家計や住環境など様々なことを考慮します。

少しでも気掛かりなところがあると、
「もうちょっと後にしようか・・・」なんて
結論になる場合もありますよね。

これはメダカも同じで、
安心して産卵ができる環境でないと
積極的に卵を産みたいとは思わないのです。

メダカが産卵したくない環境とは?

  • 水槽が狭すぎる
  • 卵を産み付ける場所がない

まず「水槽が狭すぎる」というのは
人間に置き換えるとわかりやすいでしょう。

6畳1間のワンルームでは、
夫婦と赤ちゃんが住むには狭すぎます。

また、メダカは卵を外敵から隠すために
水草の陰に産卵する習性があります。

そのため、卵を隠せる水草などがないと
産卵をためらってしまうのです。

この場合の対策方法については、
後ほど詳しくご紹介しますね。

⒌熟成しているメダカがいない

メダカの成長はとても早く、
孵化から3ヶ月後にはもう一人前の大人。

その頃には生殖行為も可能となります。

ただし、成長速度には個体差があるため、
必ずしも孵化から3ヶ月ほどで
すべての個体が成熟するとは言えません。

当然のことながら、
まだ成長途中の幼い個体には
生殖行為は不可能です。

メダカが繁殖できるようになるのは、
大きさでいえば約2cmくらいからだと
言われています。

「少し小さいかな・・・」と思われる場合は
栄養のある餌をしっかり与えて、
成長を促してあげましょう。


メダカの産卵する頻度はどれくらい?

のじょるさん(@nojyoool)がシェアした投稿

メダカの繁殖力の強さは
淡水魚の中でも随一で、
1シーズンに何度も産卵が行われます。

産卵するペースは、
普通に飼育していれば2~3日に1回程度。

栄養状態が良好で丈夫な個体だと
最盛期の5~6月には
毎日のように卵を産みます。

なお、1回の産卵で産まれる卵の数は
だいたい10~30個です。

したがって、
コンスタントに産卵が続けば
「1シーズンに産まれる卵の数は1000個以上
ということになります。

とはいえ、秋が近付くにつれて
産卵する回数はだんだん減ってくるので、
実際にはそこまで多くありません。

メダカが産卵するためのコツはある?

のじょるさん(@nojyoool)がシェアした投稿

では、メダカに卵を産んでもらうには
どうしたら良いのでしょうか。

水温や栄養状態を管理することの必要性は
もうおわかりいただけましたよね。

このほかに、産卵のコツとして
おさえておきたいのは次の3つです。

メダカに卵を産ませるコツ

  • 産卵床を作る
  • 飼育数を増やす
  • メスよりオスの数を多くする

メダカが卵を産み付ける場所
「産卵床」といいます。

先ほどお話したように、
これがないとメダカは安心して
卵を産むことができないようです。

水草などが何もないような
シンプルな水槽で飼育している場合は、
産卵期の間だけでも
メダカの産卵場所を作る
と良いでしょう。

野生のメダカは主に水草に産卵しますが
家庭で飼育する場合の産卵床には
水草以外の物が使われることも多いです。

特にこちらのタイプは扱いやすく、
メダカ飼育の初心者さんにもおすすめです!


出典:http://product-fish.gex-fp.co.jp/product/

また、メダカの産卵には
オスとメスの相性も大きく関係しています。

メダカ社会のカップリングは
メスに”選ぶ権利”があり、
メスに嫌われてしまったオスは
生殖行為をさせてもらえないといいます。

初めてメダカ飼育をする際、
オスメスの1ペアからはじめる方が
とても多いのですが、

もし2匹の相性が悪ければ
繁殖行動が行われることはありません。

相性の問題を解決するには、
一対一の「お見合い」ではなく
メダカ同士で「合コン」をさせるのが
もっとも良い方法でしょう。

同じ水槽に入れるメダカの数を多くすることで
好みの相手に出会える確率を
高くしてやるのです。

決定権がメスにあることを考えて、
オスを少し多めにしておくと良いですね。


まとめ

のじょるさん(@nojyoool)がシェアした投稿

今回は、メダカが卵を産まない時に
考えられる5つの原因と対処法について
ご紹介してまいりました。

メダカが産卵しない原因を知るためには
「メダカの気持ちになってみる」
ということが必要なように思いませんか?

どんな生き物にとっても、
「生殖行為をして子どもを産む」というのは
非常にデリケートなこと。

相手のことを好きになれなかったり、
環境に何かしら不安があったりすれば、
積極的に卵を産みたいとは
思えなくなるのではないでしょうか。

生物としての種類はまったく異なりますが、
私たち人間とメダカの考えることには
そう大きな違いはないのかもしれません。

本来、メダカは繁殖力が旺盛な魚。

安心して産卵できる状態を
作ってあげることができれば、
きっと卵を産みたくなるはずですよ!

⇒メダカの卵の育て方!初心者でも確実に孵化させる5つのコツ

卵が産まれる前に、
孵化させる方法や赤ちゃんメダカの育て方も
こちらの記事で学んでおきましょう!


生態病気・対処法



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ