メダカが卵を産む時期はいつ?知っておくべき5つのこと

”ボトルアクアリウム”の流行によって、
近頃はメダカを飼育する若い人が
増えているようですね。

丈夫で飼いやすいことのほか、
わりと容易に繁殖させられることも
人気の理由のひとつだといいます。

確かにメダカは繁殖力が旺盛な魚で、
オスとメスさえいれば
勝手に卵を産んでいることもしばしばです。

とはいえ、メダカにとっても
「卵を産んでもいいかな」
と思うタイミングはちゃんとあるもので、

繁殖を考えている方はこれを知っておくと
メダカにうまく卵を産ませられるでしょう。

そこで今回の記事は、
メダカの産卵時期を中心に
メダカの産卵についての
基本知識をまとめてみました。

これから飼育数を増やしたいという方は、
ぜひ参考にしてみてください!


メダカが卵を産む時期!知っておくべき5つの事とは?

t_28worksさん(@t_28works)がシェアした投稿

それではまず最初に、
メダカの産卵時期についての
基本知識から学んでいきましょう。

メダカの繁殖力は淡水魚の中でも随一で、
オスとメスを一緒に飼育していれば
勝手に産卵を始めることもよくあります。

では、メダカの数を増やしたい時には
オスとメスさえ揃えれば良いのかというと、
そうではありません。

今の時期が産卵に適さないと判断すれば、
いくら繁殖力旺盛なメダカでも
卵を産もうとは思わないのです。

また、産卵には年齢や
体の成熟度も関係しています。

では、メダカが卵を産みやすい時期とは
一体いつなのでしょうか。

⒈メダカが産卵できる年齢は?

飼育環境にもよりますが、
メダカは孵化~約3ヶ月で立派な成魚となり、
その頃には産卵も可能になります。

ただし、初めての産卵の際は、
産まれてくる卵の数は少なめのようです。

また、メダカの寿命は野生で約1~2年、
人間の飼育下では約3~4年ほどで、
その間2年くらいは卵を産んでくれます。

⒉メダカの産卵時期はいつからいつまで?

メダカは次のような条件が揃うと
繁殖活動を開始します。

  • 水温が18℃以上
  • 日照時間が12~13時間

地域によって多少の差はあると思いますが、
カレンダーでいうと
4月から9月上旬あたりまででしょうか。

メダカは1シーズンに産卵する回数が多く、
5月から6月頃の最盛期には
毎日のように産卵する個体もいるほどです。

それなりの数を飼育している場合は、
卵や稚魚のお世話で忙しくなりますよ!

⒊メダカの産卵に時間は関係ある?

メダカが産卵する時間は
だいたい決まっており、
早朝~遅くとも午前中には
卵を産み終えています。

この傾向は、多少の例外はあるものの
多くの個体に共通しているようです。

では、メダカたちはなぜ
朝早くに産卵をするのでしょうか。

それは、この時間帯が
産卵するのにもっとも安全だからです。

体の小さなメダカは、
自然界の中では捕食される側。

特に産卵中は逃げることもままならないので
狙われてしまうとどうしようもありません。

そこで天敵のカエルや鳥などを含めた
多くの生き物が眠っている早朝のうちに
産卵を済ませるようになったそうですよ。

⒋メダカの産卵に適した水温

先述のとおり、
メダカが繁殖活動を始めるのは
水温が18℃を超える頃。

それ以下の低水温下で
産卵することも稀にありますが、
卵の中の稚魚がうまく成長できずに
孵化できないケースが多いです。

卵が順調に成長するには
最低でも20℃以上あることが望ましく、

それを考えれば産卵に適しているのは
「20℃以上の水温が維持できる環境」
ということになりそうです。

また、あたたかな水温であるほど
孵化までの日数も短くなる傾向があります。

⇒メダカの卵が孵化しない3つの理由と対策方法をご紹介!

卵と水温の関係は
こちらの記事で解説していますので、
卵を育てる前にぜひ読んでみてください。


⒌メダカが産卵しない原因は?

メダカがなかなか産卵しない時は、
以下のことを確認してみましょう。

産卵しない時のチェックポイント

  • 成熟したオス・メスのペアがいるか
  • 栄養状態は良好か
  • 水温は適切か
  • メダカが安心して産卵できる環境か

当然のことながら、繁殖というのは
オスとメスがいなくては成立しないことです。

後ほど詳しくお話しますが、
オスとメスの相性も大きく関係しています。

また、オス・メスともに
孵化から間もない幼い個体である場合は、
まだ生殖行為が行えるほど
体が発達していないことが考えられます。

さらに、メスの栄養状態が良くないと
エネルギー不足で産卵できなかったり、
卵の数が少なくなることもあるようです。

栄養のある餌をたっぷり与えて、
産卵に必要な体力をつけてあげてくださいね。

メダカが卵を産みやすい環境とは?

まきぽんさん(@makipon0225)がシェアした投稿

メダカにとって繁殖・産卵は
非常にデリケートな行為です。

産卵を望むのであれば、
産卵期とともにメダカたちの水槽を
「安心して産卵できる場所」
整えてあげる必要があります。

では、メダカはどんな環境だと
安心して卵を産んでくれるのでしょうか。

メダカが産卵しやすい環境

  • 水温が適切に保たれている
  • 水草などの「産卵床」がある
  • 静かで落ち着いている

水温については先ほどご説明しましたので、
ここではメダカの産卵スポットとなる
「産卵床」について詳しくお話していきます。

産卵を終えたばかりのメダカは
お腹に卵を抱えたまま泳いでいますが、
しばらくすると外敵から卵を守るために
水草の陰に卵をくっつけようとします。

産卵床とは、この習性を利用して
卵を採卵することを目的に
水槽の中に入れられるものです。

水槽の中に産卵床があると、
メダカは安心して卵を産んでくれます。

卵を隠して置ける場所があることで、
「ここなら安全だ」と感じるのでしょう。

水草以外のものが産卵床として
使われることも多く、
最近では飼育者さんたちの間で
こんなものが人気を集めています。

このタイプの産卵床は
「卵トリーナー」などという名前で
販売されていることもありますが、
自作したほうが断然安いです。

また、水草より管理がしやすく、
採卵時の手間も少ないので、
飼育初心者さんにもおすすめです。


メダカの産卵!オスとメスの比率はどれくらいがいいの?

uさん(@y_____.xx)がシェアした投稿

繁殖行為はオスとメスが揃って
はじめて行われるものですが、
すべてのオスとメスが
カップルになれるとは限りません。

メダカの社会ではメスが主導権を握っており、
メスに嫌われてしまったオスは
生殖行為をさせてもらえないのだそうです。

(恋愛市場において女性が有利なのは
人間もメダカも同じなんですね・・・!)

つまり、オスとメスのペアを
1組だけ飼育しているという場合には、
2匹の相性が悪いと繁殖行動は行われません

最近流行のボトルアクアリウムなど、
飼育数が少ない場合に起こりがちな問題です。

繁殖を狙いたいならば、
メダカの数を次のようにしてみましょう。

理想的なオス・メスの数

  • メスよりオスの割合を多くする
    (おすすめは”メス1:オス2”)
  • 全体の飼育数を多めにする
    (最低でも合計10匹くらい)

「数打てば当たる」ではないですが、
少数の中よりも大人数の中からのほうが
メスが好みのオスを見つけやすくなります。

要は「お見合い」ではなく「合コン」形式で
カップルを誕生させようという作戦です!

メダカのオスとメスの見分け方は?

shinoさん(@shino_poo)がシェアした投稿

さて、皆さんは
メダカのオスとメスを
きちんと見分けられるでしょうか?

実はメダカのオスメスを
見分けられる人は意外に少ないようで、

メダカを扱うお店の店員さんですらも
「この子は元気だからオスかな」
「小柄だからメスだろうな」などと
適当に判断していたりします。

特にホームセンターのペットコーナーなどは
専門的な知識をもった店員さんが
いないことが多いようですね。

そのため「買ってきたメダカが
オスばかりorメスばかりだった・・・」
なんてことも決して珍しくはないのです。

これでは当然繁殖は無理ですから、
なかなか卵を産まない時は
一度調べてみると良いでしょう。

メダカの性別を見分けるポイント

  • 口⇒オスは上を向いている
  • 背ビレ⇒オスには切れ込みがある
  • 尻ビレ⇒オスのほうが大きく長い
  • 尾びれ⇒オスはふちが平ら

こちらの動画がとてもわかりやすいです!


いちばんわかりやすいポイントは
「尻ビレ」ではないでしょうか。

オスの尻ビレは大きくて
平行四辺形のような形をしていますが、
メスの尻ビレはオスに比べて小さく
尾ビレに向かって細くなっています。

近くでじっくり見る必要はありますが、
メダカが横を向いている姿を見れば
すぐにわかりますよ。


まとめ

今回の記事では、
メダカに卵を産んでもらううえで
知っておきたい基本知識を
ご紹介してまいりました。

メダカの産卵期は、
気温が暖かくなる4~9月。

この時期にはたくさんの卵を産んで
飼育者さんを喜ばせてくれるはずです。

そのためには、
オスとメスがいることが大前提!

これが意外な盲点になっていることも
少なくありませんので、
改めて確認しておくと良いでしょう。

また、産卵時期が近付いたら
メダカが安心して卵を産めるように
産卵床の準備も忘れないでください。

数種類の産卵床を用意して
メダカとの相性を試してみるのも
なかなか興味深いですよ。

⇒メダカが卵を産まない!考えられる5つの原因と対処法

なかなか卵を産まない、という時には
こちらの記事で原因をチェックしましょう。

たくさんの卵が産まれるといいですね!


生態



遠藤 ゆきをフォローする
お魚さんといっしょ