熱帯魚ベタの寿命はどのくらい?病気を予防する飼い方を紹介!

特殊な器官のおかげで酸素が少なくても、
小さな容器でも手軽に飼えるとして
今人気の熱帯魚なベタ。

大きな水槽を置くスペースはないけど、
熱帯魚の飼育に挑戦してみたい人にも
おすすめな種類でもありますが、
ベタの寿命は他の熱帯魚と比べると
短いとも言われています。

ですがせっかく飼うなら、
長くベタとの生活を
楽しみたいですよね。

そこで今回はベタの寿命や、
長生きさせるためのコツ
を、
わかりやすく紹介。

ベタを病気にさせないための方法も
あわせて解説していきます!


熱帯魚ベタの平均寿命は?


熱帯魚の中でも飼育しやすい部類のベタですが、
そもそも寿命はどのくらいなのでしょうか。

次の章で詳しく解説していきましょう。

ベタの寿命は熱帯魚の中では長い?短い?

一般的なベタの寿命は、
3年~5年といわれていますが、
ショップで購入した場合は、
実際にはこれよりも短くなります。

実は販売されているベタのほとんどは、
成魚の状態で売られています。

そのため購入してから、
平均2~3年で亡くなる個体も
多い
ようです。

実際にペットショップで購入する場合、
痩せたりヒレが縮れて癒着していないか、
チェックするほか、複数個体がいる場合は、
「フレアリング」と呼ばれる
威嚇行動をさせてみる
のもおすすめです。

フレアリングについては、
こちらの動画で確認できます。

フレアリングはヒレやエラを大きく広げて
相手を威嚇する行為ですが、
体調が悪いと、フレアリングをしなくなるので、
元気かどうか見きわめる1つの方法でもあります。

ただしフレアリングのやりすぎは、
ベタの体力を消耗してしまうほか、
お店にも迷惑になる
ので、注意が必要です。


熱帯魚ベタの寿命を延ばす!病気を予防する飼い方って?


ベタの寿命を延ばすして長生きしてもらうには、
病気に気をつけてベタの住みよい環境を
作ってあげる
ことが大切です。

次の章からはベタの寿命を延ばす、
具体的な方法を詳しく紹介していきます。

水質と水温の管理

まず大切なのが、ベタの住みやすい
水質と水温にしてあげる
ことです。

ベタの水温は25℃~28℃くらいが適温です。
気温が低いときは水槽用のヒーターなどで、
水温を維持するようにしましょう。

飼育水は一般的な熱帯魚用の
カルキ抜きで大丈夫です。

ベタは空気中の酸素を取り込める
ラビリンス器官を持っているので、
小さな容器でも飼えるといわれていますが、
この方法での飼育はおすすめできません。

容器が小さいということは水量が少なく、
水質が悪化しやすい原因にもなります。

ベタは丈夫な熱帯魚ですが、
病気になると重症化しやすく、
そのまま命を落としてしまうことも。

できれば水槽は30cm程度のもの、
水量は最低でも2L以上がおすすめです。

水替えは容器の大きさにもよりますが、
3日~1週間に一度、4分の1程度の量
変えてあげましょう。

餌やりの適切な頻度

ベタは水槽内を泳ぎ回ることはなく、
他の熱帯魚と比べると運動量は少なめです。

そのため餌をあげすぎると
消化器官の負担になり、
便秘など体調不良の原因にもなります。

長生きさせるためにも、
餌のパッケージに記載されている量より、
少なめに与える
のがコツです。

過ごしやすい水槽にする

ベタの中には大きなヒレを持つ種類もいます。
人工水草やアクセサリー類は
ヒレを傷つけてしまうことがあるので、
ベタのヒレを傷つけてしまう恐れがある
硬いものは入れないようにしましょう。

またベタが住むメコン川は、
落ち葉が川に落ちてタンニンが溶けだし、
紅茶のような色をしています。

このタンニンには殺菌作用があり、
ベタのエラやヒレを守ってくれる働きがあり、
水質もベタの住みやすい弱酸性にしてくれます。

より長生きしてもらうために、
マジックリーフと呼ばれる葉を使い、
飼育水を作るのもおすすめです。

もっとベタのことを知りたい方は、
こちらの記事でベタの種類や飼い方について
詳しく紹介しています。
⇒熱帯魚ベタの種類一覧!飼い方の注意点3つ!

まとめ


今回はベタの寿命や、
長生きさせるためのコツについて
紹介してきました。

ベタは平均寿命が2年~3年ですが、
水質や水温に気をつけて、
住みよい環境を維持してあげれば、
もっと長生きしてくれることもあります。

熱帯魚はどんな飼育をしたらいいのか、
こちらの記事でも紹介しているので、
参考にしてみてください。
⇒初心者でも簡単!熱帯魚の飼育方法を3つのSTEPで紹介!

ぜひ今回の記事を参考に、
かわいいベタを長生きさせてみてくださいね。


生態病気・対処法飼い方



藤岡 ゆきこをフォローする
お魚さんといっしょ